Marronfieldsproductionのブログ

音楽とか機材とか楽器とかどーでもいいこととか

【スポンサーリンク】

My Sequence of Life

今日は僕のシーケンサー歴について書いてみようと思います。

 

「コンピューターミュージック入門」なる書籍を立ち読みした高校2年のあの日僕は

打ち込みとは「音の高さと長さを指定して配置していくだけの作業」というのを真に受けて(笑)僕のシーケンス・ライフは幕をあけました。

※ここ最近知ったんですが著者でギタリストの渡辺博海さんは東海楽器のTalboというギターのヘヴィユーザーだそうで現在の僕のメインギターもそのTalboっていう運命を感じずにはいられませんでした。

 

さて話を本題に戻してシーケンサーの話をしましょう。

ミュージックシーケンサー (Music Sequencer) は、演奏データを再生することで自動演奏を行うことを目的とした装置、およびソフトウェアをいう。 

 

楽譜が読めなくても、楽器が弾けなくても、シーケンサーさえ扱えれば誰でも曲は作れます!何事もそうですが「やる気とセンスと投資」です!

 

YAMAHA EOS B700内蔵シーケンサー

f:id:Marronfieldsproduction:20160604214520j:plain

パソコンがまだ全然普及してない時代、当時のシンセサイザーはオールインワンっていうのが流行っていて音源+シーケンサー+鍵盤っていう機材が多かったです。一台買えば演奏も曲作りも出来るっていう。

8トラック+リズムパターンっていう構成のシーケンサーを内蔵していました。

大手の総合楽器メーカーのYAMAHAだけあって使い勝手はすごくよかったです。でもEOS自体のメモリが少ないのと記録メディアがないっていうこともあって曲出来たらテープに録音して消去って作業してました。(笑)

 

YAMAHA QY300

f:id:Marronfieldsproduction:20160609131020j:plain

16トラック+パターントラックの専門シーケンサー。音源の内蔵していてこれ一台で曲作りが出来ました。当時としては大型の画面とジョグダイアル、鍵盤を模したキーはとても快適に作業が出来ました。

これを音源モジュールやらサンプラーを繋いで鳴らしながら曲作ってました。

孤高のテクノアーティストのSquarepusherことトム・ジェキンソンもQYシリーズの愛用者だったそうです。初期の作品はこのQY300であの超絶打ち込みをやっていてんですね~。

記録メディアはフロッピーの2DD!よく容量が足らなくなりました。

一番使ったシーケンサーなので病んだ青春時代とともに(笑)思い出がいろいろありますねぇ。

 

YAMAHA QY100

f:id:Marronfieldsproduction:20160609131021j:plain

QY300に比べてサイズは小さくなりましたが機能は格段に向上しています。XG音源、ギター入力/ギターエフェクターも搭載していていわゆるギタリスト向けの機材っぽいですが打ち込み(シーケンス)部も全然クオリティが高いもので作業もしやすかったです。

電池駆動出来てよく単体で曲作ってましたね。

このQYはサイズと扱いやすさからロングセラーだったみたいです♪

 

YAMAHA RS7000

f:id:Marronfieldsproduction:20160609131022j:plain

当時すでにCubaseは持っていましたがライブ用に購入。

当時はクラブミュージックが流行っていて各メーカーさんもそれクリエイトするための機材を開発していました。

ヤマハのハードウェアシーケンサーは基本的に信頼しているのでがこの機材も打ち込みはとてもしやすかったです。基本クラブミュージック向けだけどオールジャンル使えるし。

16トラック+パターントラック、PCM音源+サンプリング音源で当時は最強のハードシーケンサーでした。

当時はまだUSBが普及していなくてSCSIでパソコンとデータのやりとりしていました(^^;

…そして記録メディアはスマートメディア。。。

Squarepusherの実弟、Ceephax Acid Crewことアンディ・ジェキンソンは現在もこの機材でイカしたイカれたテクノのライブしてますね^^

www.youtube.com

 

AKAI Professional MPC1000

f:id:Marronfieldsproduction:20160609135731j:plain

ヒップホップ系のトラックメーカーに絶大な人気を誇るMPCシリーズ。

こちらもライブ用に購入しました。

決して使いづらいわけじゃないんだけどMPCスタイルは僕にはどうにもこうにも合わなくてあんまり使わなかった(使えなかった)です(^^;

 

…そしてその後Cubaseを導入してMIDIの打ち込みとオーディオを統合したDAW環境を手に入れます。