読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Marronfieldsproductionのブログ

音楽とか機材とか楽器とかどーでもいいこととか

【スポンサーリンク】

フリーVSTプラグインシンセサイザー PG-8X 2.0

f:id:Marronfieldsproduction:20160614111044j:plain

Rolandのアナログシンセサイザーの名機JX8PモデリングしたVSTフリーウェアのPG-8Xがバージョンアップしたというので早速ダウンロードしてみました。

 

Martin Lüders' VST sit

(ダウンロードは自己責任でお願いします。)

最大同時発音数も12音に増えて動作の安定性も向上しているそうです。

 

まず見た目が専用コントローラーのPG-800そのまんまなのがうれしいです。

f:id:Marronfieldsproduction:20160614110909p:plain

f:id:Marronfieldsproduction:20160614110849j:plain

オリジナルのJX8Pは1985年発売ということでもう30年以上も前ですね。

この時代のアナログシンセは基本波形がDCO(デジタル・コントロールド・オシレーター)でフィルターやアンプはアナログというシンセサイザーが主流で、いわゆるデジアナ・シンセとかハイブリッド・シンセとかいわれてました。

アナログシンセともFMシンセとも違う独特の味わいがあって好きでしたね。

YAMAHA DX7シリーズがバカ売れしてた時期だったので他のメーカーは厳しい時代だった思いますが各メーカーそれぞれ個性を出して素晴らしいシンセサイザーを作っていました。

80年代のデジタル・シンセサイザーは当時スマートなデザインが流行っていたのでつまみなどのコントロール素子が全て省かれていました。

国内で初めてシンセサイザーを発売したメーカーだったRolandとしては別売りの専用のコントローラーを使用することでアナログ・シンセサイザーと同等の音作りを実現していたのです。

 

後にJX8P台分のシンセエンジンを積んだSUPER JX JX-10というのが出て僕はそのラック版のMKS-70とコントローラーのPG-800を持ってました。

 

f:id:Marronfieldsproduction:20160614110933j:plain

このあとのRolandシンセサイザーD-50からはフィルターなども含めてフルデジタルのシンセサイザーにシフトしていったのでこのJXが当時Roland最後のアナログシンセサイザーだったそうです。

 

そんな感じなので期待してプラグインを読ませて音出してみると「かなりリアルに作りこまれてるな」って印象を受けました^^

このシンセは二つのDCOを加工して音作りしてくんですがフィルターの質感とかクロスモジュレーションとかの再現度も高いなと思いました。

当時のRolondのお家芸のステレオコーラスも内蔵してます。

JXのピアノの音ってDXピアノとはまた違うこの機種ならではの高音がキラキラしてるんだけど明るくないみたいな独特の響きがあって好きだったんですがそれもいい感じに再現出来ます♪

個人的に好きなのはシンセパッド、ブラス、マリンバ系の音とかかなぁ。

VSTで2つ立ち上げればSUPER JXにもなりますしね(笑)

 

現代のシンセとはまた違った響きがあるので組み合わせて使ってみるのも面白いかもしれませんね。