読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Marronfieldsproductionのブログ

音楽とか機材とか楽器とかどーでもいいこととか

【スポンサーリンク】

SOFT BALLET - 愛と平和(Love & Peace)(1991)

Album Review

愛と平和(Love & Peace)は1991年にリリースされたSOFT BALLETのサードアルバム。

当時はリアルタイムで湾岸戦争が勃発していてその辺の社会情勢もダイレクトに反映されてアルバム全体に緊張感がある感じです。

サウンド的には当時のライブのサポートメンバー、現在もギタリスト/サウンドプロデューサーとして活躍する石塚“BERA”伯広氏と当時Grass Valleyを脱退して後にP-MODELに参加するドラマー上領亘氏を迎えてよりアグレッシヴなサウンドになった感じがしました。

後に森岡さんが元Grass Valleyのヴォーカルの出口雅之さんとジェントルマンテイクポラロイドっていうユニットを組んだりしてましたね。

「EARTH BORN」がインディーズ~メジャーデビューまでの集大成、「DOCUMENT」がメジャーに移籍してからのSOFT BALLETそしてこの愛と平和(Love & Peace)」アルファレーベル時代の集大成的な作品といったところでしょうか。

f:id:Marronfieldsproduction:20160620031302j:plain

全作詞 遠藤遼一(M10を除く) ()は作曲者 

M01. SAND LÖWE (BEAT MIX) (藤井麻輝)

重厚なオープニングナンバー。ディストーション処理された遠藤氏のヴォーカルにピアノやストリングも効果的に取り入れられていてよりドラマチックで緊張感のあるナンバーになっています。

M02. VIRTUAL WAR (藤井麻輝)

ギターのリフがメインのライブでも盛り上がったインダスリアルロック・チューン。アメリカのインダストリアル・ロックの雄、MINISTRYの某曲へのオマージュともパクリとも取れる感じですが実際はどうなんでしょう。テンポを下げたリミックスや英詞ヴァージョンもあります。

M03. EGO DANCE (EXTENDED VERSION) (森岡賢)

シングル曲でもあり、こちらもライブで定番だった森岡さんの硬質なダンスナンバー。後の再録音ベストはアシッドなシンセのミニマルなリフが入ってより現代的になってます。

M04. OBSESSION (藤井麻輝)

藤井氏にしてはめずらしくメロディアスでシャッフルなナンバー。遠藤氏の妖しくも美しい感じのヴォーカルが印象的な曲です。個人的に隠れた名曲かも。

M05. LAST FLOWER (森岡賢)

シンプルなピアノのコードとメロディアスなオーケストレーションをバックに歌いあげられるバラード。シンセのSEやノイズは後ろで鳴ってたりするところがこのバンドっぽいですね♪

M06. AMERICA (森岡賢)

トゥワンギー・ギター(サーフロック系でよく使われる深くリバーブを掛けた単音のギターリフ)が印象的なシンプルなSOFTBALLET流ロックンロール・ナンバー。歌詞は戦争を起こした当時のアメリカに対する皮肉?再録音ベストにも収録。

M07. FINAL (森岡賢)

歌詞に「Love & Peace」という言葉が使われているシングルカットもされた森岡氏お得意のアップテンポのダンス・チューン。オケヒットが効果的に使われてますね。ギターの絡みもカッコ良いです。

M08. OPTIMAL PERSONA (藤井麻輝)

遠藤氏の低音ヴォーカルが印象的なEBMナンバー。後期のライブでもノイジーなギターを加えたアレンジで変えて演奏されていました。

M09. TANGO IN EDEN (森岡賢)

DEPECHE MODEを思わせる哀愁のあるマイナーなエレポップ。アルバム後半でわりと地味な印象の曲ですが…聴いてるとクセになる不思議な曲です。カラオケでたまに歌います(笑)

M10. TEXTURE (作詞/作曲 藤井麻輝)

藤井氏作詞作曲の沖縄音階を使ったソフトバレエの中ではちょっと異色な曲。

音はソフトバレエなんだけどフレーズがオリエンタルな感じがあって不思議な感じです。

森岡氏の最後のライブとなってしまったminus(-)のライブP-MODEL平沢進さんを迎えてセルフカバーしてました。

M11. SAND LÖWE (藤井麻輝)

M01「SAND LÖWE」のリズムパートを抜いたバージョン。よりダークに響きます。

 

当時の未発表曲

BLOOD (藤井麻輝)

Pet Shop Boysのような爽やかなピコピコ・エレポップ。意外にも藤井氏作曲(笑)

NECRON (藤井麻輝)

ライブのSEとしても使われていたインストの小作品。

 

当時の集大成として1992年にライブアルバム「Reiz(raits) -Live at NHK Hall-」が発表されていますライブならではのアレンジが施されていて音源バージョンとはまた違った楽しみ方が出来る作品だと思います。

f:id:Marronfieldsproduction:20160621132601j:plain

M01. NOCTURNE (SE)

M02. BODY TO BODY 

M03. PRIVATE PRIDE

M04. PASSING MOUNTAIN

M04. SPINDLE

M05. FAITH IS A

M06. SOMETHING AROUND

M07. EGO DANCE

M08. NEEDLE (ENGLISH VERSION)

M09. NO PLEASURE

M10. VIRTUAL WAR

M11. CANTIGAS (SE)