読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Marronfieldsproductionのブログ

音楽とか機材とか楽器とかどーでもいいこととか

【スポンサーリンク】

DEXED

フリーVSTプラグイン

今回取り上げるDEXEDは80年代に空前の大ヒットを記録したFMシンセサイザーYAMAHA DX-7をソフトウェアで再現したプラグインシンセでフリーのプラグインシンセの中でもとりわけ人気/ポテンシャルともに高いソフトです。

f:id:Marronfieldsproduction:20160617055146p:plain

Dexed

(ダウンロード/インストールは自己責任でお願いします。)

YAMAHA DXシリーズはフルデジタル処理のシンセということと、当時のアナログシンセでは出せなかった硬質で金属的な音を得意としてました。

f:id:Marronfieldsproduction:20160620033447j:plain

ソフトのFMシンセといえばNative InstrumentsFM8なんかが有名ですがFM8はいい意味で現代のFMシンセという感じです。

DEXEDは6オペレーターなので実際のDX-7に近いです。本物のDXと互換性がありSys-EXでデータをやりとり出来るほか、実機のエディターソフトとしても使うことが可能だそうです!

FM音源は音がキツめになってしまうので実機にはないフィルターがあるのもいいですね^^

 

とはいえシンセにあまりなじみのない人は「FMシンセって何?」「アナログとどう違うの?」「画面につまみたくさんあってよくわからない」って思われる方も多いと思います。実際FM音源による音作りは難解なイメージがあります。僕もよくわかりません(笑)DEXEDにはプリセットも沢山入っているのでいろんな音色を試しましょう。お気に入りのサウンドを探すのは手間ですが、そこはフリーでソフト使えるんだから割り切りましょう(笑)

 

さらにSys-EXデータも読めるので過去のDXのライブラリも読むことが出来ます。

ここに膨大なパッチが公開されてます!

Korg X3, Yamaha DX7, and Steinway piano players and songwriters site

(ダウンロード/インストールは自己責任でお願いします。)

 

DXといえば硬質なベース、キラキラなパッド、(もはやひとつの楽器の音として定着している)DXエレピ、メタリックなパッドなどたくさんありますが単純に音だけ聴いててもいかにも80年代のデジタルシンセ!って感じですがエフェクター掛けると化けます^^

 

最近のフリーのVSTってホントによく出来てますね。先日紹介したPG-8XOBXDとこのDEXEDに加えて80年代PCMシンセのレジェンドKORG M1プラグイン使えばほぼ80年代の音楽作れるな~って感じですね。