読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Marronfieldsproductionのブログ

音楽とか機材とか楽器とかどーでもいいこととか

【スポンサーリンク】

SOFT BALLET - FORM(1995)

Album Review

FORMは1995年にリリースされたSOFT BALLETの6thアルバム。

最初の解散前の作品になります。

本作は1994年の藤井さんとBUCK-TICK今井寿さんとのインダストリアル・ユニットのSCHAFT森岡さんのソロなどの課外活動の後に制作されました。

そして本作リリース後のツアーの初日に解散宣言がされました。とてもショックだったのを覚えています。アルバム制作前に解散が決まってたのかな?

今までは基本分業のスタイルで制作していましたが今回は制作にあたってバンドとしては初の合宿したそうで共作が多いのが特徴です。森岡さんがメインの作曲をして全体のアレンジは藤井さんって感じですね。

彼らならではの緻密な電子音はもちろん健在ですがギターや生ドラムのサウンドなどこれまで以上にバンドっぽいサウンドがフィーチャーされているのが特徴です。

解散前の作品だからかも知れませんがラストアルバムとしては個人的にはもう少しボリューム(曲数)が欲しかったかな。当時の彼らならも彼らならもっといろいろ出来たと思うし。

アルバム完成して当時のインタビューで森岡さんは今後のバンドの展望を聞かれてローリング・ストーンズ的な継続を目指すか、キング・クリムゾン的な発展的解消をするか」みたいな事をおっしゃってました。結局解散したから発展的解消だったんですかね.。

サウンド的にこの時期の藤井さんはライブでもギターを弾くことが多くなりギターの音色やアレンジも凝ってます。

当時のインタビューで藤井氏は当時のYAMAHAのフラッグシッブのサンプラー・A7000にギターやドラムやシンセなどいろいろな素材を取り込んで加工や編集したみたいなことをインタビューでおっしゃってた気がします。

単純にバンドサウンドを取り入れだけじゃなくてサンプラー等でデジタル処理するあたりは彼ららしいやり方ですね。今では当たり前の手法も20年以上も前からやっていた彼らはやはり先をいっていたと思います。

 

あの時解散しないでそれぞれソロ活動しながらでもバンドは継続して欲しかったと思います。あの時代だと難しかったのかな。そういう意味でminus(-)はいいバランスで活動出来てたと思うし、これからが楽しみなユニットでした。

 

f:id:Marronfieldsproduction:20160628033641j:plain

M01. YOU (詞)遠藤遼一 (曲)森岡賢  (編)藤井麻輝

シングルカットされた本曲はSOFT BALLET流バンドサウンドといった感じです。生ドラムっぽいループや左右に振られたギターのサウンドやアレンジも凝ってます。

M02. PHOENIX (詞)遠藤遼一(曲編)森岡賢, 藤井麻輝

打ち込みダンスビートに強調されたシンセベースのライン。こちらの方が森岡さんらしいSOFT BALLETのシングル!」って感じの曲ですね。解散前のテレビでも演奏されてました。

M03. PERFECTION (詞)遠藤遼一 (曲)森岡賢 (編)森岡賢, 藤井麻輝

民族っぽいフレーズに生ドラムが絡む曲。遠藤氏のヴォーカルは前作のオペラ的っていうよりはロック的な感じになったかな。

M04. RIDE (詞)遠藤遼一, 藤井麻輝  (曲)森岡賢, 藤井麻輝, 遠藤遼一 (編)藤井麻輝, 森岡賢

ギターのカッティングとブレイクビーツっぽい生ドラム音がメインの曲。後ろで鳴ってるシンセやギターの音もよく聴くと面白いです。

M05. U (詞曲編)藤井麻輝 

藤井さんらしいインダストリアル曲。ファンサービスかな(笑)

M05. NO-ONE LIVES ON MARS (詞)遠藤遼一 (曲)藤井麻輝, 遠藤遼一 (編)藤井麻輝

ギターで布袋寅泰さんが参加。森岡さんはSOFT BALLET解散後は布袋さんのバンドのサポートキーボーディストとして参加したりしてました。もともと布袋さんはEBMなどの打ち込みの音楽も好きみたいなので交流はあったのかな。

M06. LAST SONG (詞曲)森岡賢 (編)森岡賢, 藤井麻輝

森岡さん作詞曲の美しいバラード。綺麗なシンセをバックに遠藤さんが歌いあげます。ミュート・トランペットや女性ヴォーカルもいい感じです。

今回メインコンポーザーの森岡さんは前年にソロアルバムを出しているのでその影響もある感じがしますね。

M07. JAIL OF FREEDOM (詞)遠藤遼一, 藤井麻輝 (曲編)藤井麻輝, 森岡賢

EBMの発展形ともいえそうな緊張感あるナンバー。遠藤氏のラップ風ヴォイス、潰れたシンセベースのリフがカッコ良いです。リズムマシンのドラム音とブレイクビーツっぽい生音の対比も良い感じです。

M08. ROMAN (詞)遠藤遼一, 藤井麻輝 (曲)森岡賢 (編)藤井麻輝, 森岡賢

アルバムのラストはこれまでにない感じの爽やかでストレートなロック風の曲で幕閉じます。

曲はシンプルですがギターの音や配置は凝ってますね。

吹っ切れたような解放感がありラストを意識して作ったのかな。

 

アルバム未収録曲

Eye (曲編)藤井麻輝 

シングル「You」に収録。生ドラムのビートにノイズやSEが絡むヘヴィで実験的なインスト曲。

 THE MAD CAPSULE MARKETS(当時)CRA¥(TAKESHI UEDA 現AA=)がベースで参加しています。

 

 

…とこんな感じで僕のSOFT BALLETのアルバムレヴューは終わりです。

その後の再結成はやっぱり嬉しかったけど僕にとっては違うバンドになってしまってました。「あの頃と同じようにはしたくない」っていうのもあるでしょうし、ご本人達だけの意志じゃないとも思いますけど。特に遠藤さんは温度差あり過ぎたかな。ENDSはライブも何回か行ったし、大好きなんですが再結成はそのままENDSをSOFT BALLETに持ち込まれた感じがして違和感が拭えませんでした。リスナーとはわがままなものですね。。。

やはり僕にとってのSOFT BALLETは89~95年のバンドだったんだと思います。

現代は音楽ビジネス/流通の形態があの頃とは全く違ってしまってSOFT BALLETが活躍して頃がメジャーレーベルがお金を使って本当に良い作品/面白い作品を作って提供してくれた最後の時代なのかなとか最近ふと思います。

 

SOFT BALLETでの活動を一番望んでいた森岡さんも自身も再結成を「消化不良」と後におっしゃっていましたしね。minus(-)で活動を始めるあたり、いつかまたいい形で再結成してくれるのかなとか思ったり。

 

再再結成叶わない現実になってしまいましたが…邦楽とか洋楽とかそんな垣根をとっぱらってカッコ良い音楽を作ってくれたバンドでした。これからも僕は最高のリスペクトを込めて大好きなSOFT BALLETを聴き続けるでしょう!