くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

DiscoDSP OBXD ~その3 LFO編~ 初心者でもわかる 操作方法 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

無料プラグインシンセサイザーの人気ランキングにも

 

 

常連のソフトウェアシンセサイザーOBXDの解説です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191118034159p:plain

 

 

↓ダウンロードはこちら(ダウンロード&インストールは自己責任でお願いします。)

 

 

https://obxd.wordpress.com/

 

 

DiscoDSP OBXD フィルターをLFOモジュレーションしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191129033358j:plain

 


まず【FILTER】〔CUTOFF〕の値を下げて

 

 

〔RESONANCE〕の値を上げます

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191129034053j:plain



LFO〔SINE〕のスイッチをオンにして


〔RATE〕(スピード)を適当な値にします。

 

 

スイッチの〔SQUARE〕

 

 

〔S&H(サンプルアンドホールド)〕(ランダム)に

 

 

することによって音の動きに変化をつけることができます。

 

 

LFO波形の同時選択も可能です。

 

 

DiscoDSP OBXD 【X-MOD】と【LFO】を組み合わせよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191202024547j:plain

 

 

オシレーターオシレーターを変調する

 

 

クロスモジュレーションとLFOを組み合わせます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191202024833j:plain

 

 

LFO〔S&H(サンプルアンドホールド)〕

 

 

オンにして〔RATE〕の値を上げます。

 

 

〔FREQUENCY〕〔OSC1〕をオンにして

 

 

〔DEPTH〕の値を上げます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191202025338j:plain

 

 

OSC1はクロスモジュレーションで

 

 

モジュレーションとして使うので〔MIX〕を0にします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191202025656j:plain

 

 

OSC2のFREQUENCY(ピッチ)の値を上げると

 

 

クロスモジュレーションのかかったランダムループができます。

 

 

オシレーターを変えるとサウンド

 

 

モジュレーションの仕方なども変わるので

 

 

いろいろ試してみてください。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191202030105j:plain

 

 

またオシレーター〔PULSE〕を選択している時は

 

 

LFOと組み合わせてPULSE WIDTH MODULATION

 

 

周期的な変化が得られます

 

 

DiscoDSP OBXD LFODAWとシンクさせよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191202030535j:plain



 DAWソフトのOBXDのトラックの

 

 

オートメーションのパラメーターから

 

 

LFO Sync〕を選択します。

 

 

※OBXDからできるかはわかりませんでした

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191202030906j:plain

 

 

オートメーションのパラメーターを

 

 

マックスにするとオンになる感じです。

 

 

ちょっとわかりにくいのですが、、、

 

 

LFO〔RATE〕で調整していくと良いと思います。

 

 


 

 

DiscoDSP OBXD ブログ連動動画

 

 

DiscoDSP OBXD その3 〜LFO編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191129041434j:plain



 

DiscoDSP OBXD ~その3 LFO編~ まとめ

 

 

 シンプルで良い音が出せるOBXDですが

 

 

モジュレーションを駆使することによって

 

 

複雑なサウンドも生み出すことも可能です。

 

 

オーバーハイム系のシンセはブラス、パッド、ベース

 

 

くらいなイメージしかありませんでしたが

 

 

シンプルながらにやり方次第で

 

 

さまざまなサウンドを生み出せそうですね。

 

 

ぜひいろいろ試してみてください♪

 

 

ではまた次回! 

 

 


 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com