くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

KORG monologue コルグ モノローグ 操作方法 その1 ~基本操作編~|初心者でもわかる 解説

 0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

KORGさんのモノフォニック・シンセサイザー

 

 

monologue

 

 

 

 

 

先日ライブで久しぶりに使ってみて

 

 

とても良い感触でした!

 

 

いままで何となくでしか使ってなかったので(^^;

 

 

今回動画を作ることにしました。

 

 

モノフォニック(単音)シンセサイザーなので

 

 

同時に1音しか鳴らせませんが

 

 

・アナログらしい太い音と強力なモジュレーション

・16ステップのシーケンサー

・モーションシーケンス

 

  

などなどKORGさんらしいいろいろな工夫がしてあり

 

 

とても楽しいシンセサイザーです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191220042538j:plain

 

 

 

www.korg.com

 

 

 


 

 

 

 

KORG monologue 鍵盤で音を鳴らしてみよう!

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200210024418j:plain

 

 

Init Proglamだとノコギリ波が鳴らせます。

 

 

OCTAVEのレバーでオクターブを選択できます。

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200210024612j:plain


 

 monologueで特徴的なのが鍵盤の配置です。

 

 

通常はC(ド)から始まるキーボードが多いですが

 

 

monologueは低いE(ミ)からはじまって

 

 

一番高い音域もE(ミ)です

 

 

これは4弦ベースギターの弦(1弦はE)を意識した配列なんだとか。

 

 

いままでなかった配列でユニークですよね。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200210025549j:plain

 

 

【DRIVE】のつまみで音に歪みをくわえることができます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200210025851j:plain

 

 

KORG monologueは画面にオシロスコープで波形が表示されるので

 

 

波形を視覚的に確認することができます。

 

 

KORG monologue VCO

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200210030128j:plain

 

 

KORG monologueではアナログシンセサイザーの基本波形

 

 

VCO(Voltage Controlled Osillator)1 / 2を使って

 

 

基本的な音作りをしていきます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200210030545j:plain

 

 

VCO 1 / 2の音量は【MIXER】で調整します。

 

 

KORG monologue FILTER(フィルター)

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200210033542j:plain

 


【FILTER】はローパスフィルターのみですが効きもよく、

 

 

〔RESONANCE〕の値を上げると発振もします。

 

 

KORG monologue EG(エンベロープジェネレーター)

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200210033910j:plain

 

 

EG(エンベロープジェネレーター)は

 

 

音色の時間の変化でコントロールできます。

 

 

KORG monologueのEGは

 

 

〔ATTACK〕音が立ち上がるまでの時間

〔DECAY〕ATTACKに達した後の時間

 

 

のみで

 

 

TARGET

〔PITCH 1〕〔PITCH 2〕〔CUTOFF〕

 

 

でどれかを選択して

 

 

〔INT〕で深さを調整します。

 

 

KORG monologue LFO(Low Frequency Osillator)

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200210034742j:plain

 

 

 【LFO(Low Frequency Osillator)

 

 

低い周波数のオシレーター

 

 

VCOを変調(モジュレーション)させて

 

 

音に周期的な変化を出す機能です。

 

 

通常はビブラートやトレモロ的な効果を出すときに使います。

 

 

【MODE】〔FIRST〕を選択して〔RATE1〕を

 

 

おもいっきり上げると

 

 

超高速の変調が可能で強力なモジュレーション効果が得られます。

 

 

なんでもmonologueのLFO

 

 

minilogueの10倍のスピードの変調ができるんだとか。

 

 

KORG monologue ステップシーケンサーを使おう!

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200210035629j:plain

 

 

KORG monologue

 

 

16ステップのシーケンサーを内蔵しているので

 

 

リアルタイム / ステップ入力でシーケンスループ

 

 

作成することが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200210035922j:plain

 

 

入力は

NOTE

SLIDE

MOTION

 

 

の3つからレバーで選択します。

 

 

ステップ入力はレバーを〔NOTE〕にして

 

 

〔REC〕ボタンを押して

 

 

ステップごとに任意のキー鍵盤を押して入力していきます。

 

 

スライドを入れたい場合はレバーを〔SLIDE〕にして

 

 

スライドさせたいステップを押します。

 

 

KORG monologue プログラムを保存しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200210042646j:plain

 

 

作成したプログラムを保存する場合は

 

 

〔WRITE〕ボタンを押してセーブモードに入ります。

 

 

そのまま上書きする場合はもう一度〔WRITE〕ボタンを押します。

 

 

違うプラグラムナンバーに保存する場合は

 

 

PROGLAM / VALUEのつまみを回して任意の

 

 

プログラムナンバーに保存します。

 

 


 

 

KORG monologue ~基本操作編~ ブログ連動動画

 

 

KORG Monologue コルグモノローグ 操作方法 その1 ~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200210023851j:plain

 

 

KORG monologue その1 ~基本操作編~ まとめ

 

 
KORG monologueはまずアナログらしいぶっとい音が出せるのと、
 
 
16ステップのシーケンサー 
 
 
KORGさんのおなじみのモーションシーケンスもあり、
 
 
シンプルながらいろいろ工夫がされていて
 
 
とても楽しいシンセサイザーです。
 
 
MIDI / USB / SYNCと接続 / 同期が可能なので
 
 
コンピューターや他のシンセサイザーMIDI機器との
 
 
連携もスムーズです。
 
 
オシロスコープで波形を視覚的に確認できるのも
 
 
素晴らしいですね。
 
 
この価格でよくこれだけの機能を実現したなー!
 
 
って思いました。
 
 
ベース / リード / SE / リズムパターンなど
 
 
かなりシンセサイズの範囲は広いです。 
 
 
最新機種ではありませんが
 
 
現在も現行機種ですし(2020年2月現在)
 
 
音もコスパも抜群にいいので
 
 
シンセサイザー初心者の方や
 
 
ハードウェア・シンセサイザーに興味のあるDTMerさんに
 
 
おすすめの一台です^^
 
 
ではまた次回! 
 
 
 
 
 
KORG monologue 動画再生リスト

 

 

KORG monologue 動画再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200210043457j:plain


   

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com