くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

KORG Legacy Collection M1 【ソフトシンセ レビュー】

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

KORG Legacy Collection元祖ROMプラー・シンセ

 

 

KORG M1について書きたいと思います。

 

 

実機は1988年発売。

 

 

PCM音源と独立2系統ステレオ・デジタル・エフェクター

 

 

8トラックの内蔵シーケンサーを搭載した61鍵シンセサイザー

 

 

当時世界中で大ヒットしました。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170205153833g:plain

 

 

このM1の魅力はなんといってもその音源の豊富さで

 

 

ピアノ、キーボード系から

 

 

ストリングス、ブラス、シンセ、民族楽器、ドラム、環境音

 

 

までカバー出来ます。

 

 

1980年~86年くらいまではYAMAHAさんの

 

 

FM音源のデジタル・シンセサイザー・DXシリーズが

 

 

一人勝ちでブイブイいわしてた感じでしたが

 

 

RolandさんのD-50

 

 

このKORGさんのM1

 

 

登場から変わっていったと思います。

 

 

KORG M1はアナログ・シンセサイザーFM音源のように

 

 

波形を合成して音作りをするものではなくて

 

 

サンプリングされた音 ( 波形 )を鳴らすという

 

 

今でいう、ROMプラー、

 

 

当時はワークステーションシンセサイザー

 

 

オールインワン・シンセサイザーなどと呼ばれていました。

 

 

曲作りに必要な鍵盤、シンセサイザーシーケンサー

 

 

融合したM1の大ヒット以降、

 

 

各メーカーもワークステーションシンセサイザーの開発取り組みました。

 

 

中でもKORGはM1以降、

 

 

01/W、TRINITY、TRITON、M3、KRONOS

 

 

などワークステーションシンセサイザーと定番になりました。

 

 

M1の登場以降、

 

 

当時のミュージシャンのプリプロ( レコーディング前の制作作業 )の

 

 

クオリティがすごく上がったそうです。

 

 

「東洋のテクノゴッド」の異名を持つ

 

 

テクノ・ミュージシャンのケン・イシイさんが

 

 

はじめて買ったシンセサイザーで夢中で使ったそうです。

 

 

ある日電源入れたら突然故障かなんかで

 

 

プリセットぶっとんで(^^;

 

 

全部自分で音をプログラムして

 

 

オリジナリティを確立した

 

 

っていうのは有名な逸話ですね。

 

 

実際M1が制作環境の中心だった

 

 

氏の初期の作品は

 

 

エクスペリメンタルでオリジナリティ溢れる独特な音でした。

 

 

まー、ケン・イシイさんは特殊な例として笑

 

 

KORG M1は当時のライブや音楽番組なんかでもよく見かけましたし、

 

 

実際90年代中盤くらいまでのJ-POPの楽曲制作では

 

 

かなりM1が使われてたと思います。

 

 

M1 メイン画面

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170205141636j:plain

 

 

M1 ソフトウェア・シンセサイザー 仕様


最大同時発音数   256音(コンピュータのCPUに依存)
パート数      8
PCM波形        1,000種類以上
音色数       3,300種類以上のプリセット音色、ユーザー・プリセット:400種類
エフェクト     34種類

 

 

M1シリーズおよびTシリーズのデータ・インポート可能(.syxファイル経由)
スタンドアローン動作、VST/AU/RTASプラグイン・インストゥルメント対応

 

 

ソフトウェアのM1はKORG LEGACY COLLECTIONに収録されています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170205154412j:plain

 

 

さらにソフトウェアのM1は当時別売りで発売されていた拡張ROMカード+M1の後継機のTシリーズのフロッピーの音色も全て収録しています。

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170205142814j:plain

 

 

おもなモード

f:id:Marronfieldsproduction:20170205145245j:plain

 

BROWSER    音色のブラウジング・セクション

COMBI      複数のプログラムを組み合わせたコンビ・モード ( 最大8プログラム )

MULTI     複数の音色をMIDI等で鳴らせるマルチ・モード( 最大ステレオ8出力可能)

PROG     2つのサウンド波形からなる単体プログラム

GLOBAL      各種設定

 

 

BROWSER

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170206174936j:plain

 

 

カテゴリー分けされてて検索しやすいです。

 

 

また右上の「PREVIEW」をクリックすると以下のパターンから自動試奏してくれます。

f:id:Marronfieldsproduction:20170206175137j:plain

 

 

EASY ( エディット )

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170206175626j:plain

 

 

ここでプログラムの基本的なシンセサイズが出来ます。

 

ソフト版では実機にはなかったレゾナンスが搭載されています。

 

LINK EDITで2つのサウンドを同時にシンセサイズ出来ます。

 

波形、フィルター、アンプ、エフェクターとエディット出来るので大体間に合いますね。

 

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170207041146j:plain

 

 

オシレーター選択画面

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170205150151j:plain

 

カテゴリー分けされてるのが良いですね。

 

 

VDF(フィルター)

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170207041236j:plain

 

 

VDA (アンプ)

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170207042039j:plain

 

 

CONTROL

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170207042110j:plain

 

 

INSERT FX

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170207042223j:plain

 

 

気に入っている点

 

・80年代末~90年代前半のシンセの音が出せる

・豊富なプリセット量であらゆるジャンルに対応できる

・実機の2行のディスプレイから視認性が飛躍的に向上している

・音色数が膨大だけどパソコンならではの快適なブラウジング機能

・動作が軽い

・あの「M1ピアノ」が使える

 

惜しい点

 


・特にないけどソフトとしても古いのでそろそろGUIを新しく、というか大きくしてほしい

 

 

個人的評価(★5点満点)

 

サウンド   ★★★★★

操作性    ★★★★

視認性    ★★★★

負荷の軽さ  ★★★★

拡張性    -----

お買い得度  ★★★★★

 

 

個人的な使用用途 / シンセサイズの傾向(5段階)

 

鍵盤系               ▲▲▲▲▲

シンセ系   ▲▲▲▲▲ 

ストリングス ▲▲▲

ブラス       ▲▲▲

 

 

おススメジャンル

 

ポップス

ロック

テクノ

フュージョン

ジャズ

BGM

サウンドトラック

ゲームミュージック

アンビエント

 

 

まとめ

 

 

本家KORGが開発しただけあって再現度は非常に高いです。

 

 

ソフトウェアでM1を使うなら

 

 

こういうのがいいなっていうのを全て実現した感じです。

 

 

豊富なプリセット+拡張音源で殆んどの楽器の音が出せます。

 

 

でも30年近く前のサンプリング音源なので

 

 

決してリアルな音ではありません。

 

 

M1というシンセサイザーの音です。

 

 

基本KORGさんらしい派手な感じの音なので

 

 

好みは分かれるかもしれません。

 

 

現代仕様にしてあるため、

 

 

膨大な音色もカテゴリー分けされてるのですぐに探せます。

 

 

使い方としてはエンベロープいじったり、

 

 

エフェクト切ったりするくらいで

 

 

あまりエディットはしないで

 

 

M1のシンセの音をそのまま使うって感覚ですね。

 

 

ハード機にはなかったレゾナンスも追加され、

 

 

音作りもする気になればかなり出来るソフトだと思いますが、

 

 

そういう音は今のシンセ使った方が早い気がします。

 

 

純粋にM1の音を使うっていう事が多いかな。

 

 

基本プログラムで使って、派手にしたい時とかは重ねたり。

 

 

個人的には1番多感な時期に聴いた

 

 

80年代末~90年代のポップス等で使われていた音が

 

 

そのまま鳴らせるので音聴いただけで涙腺ゆるみました笑

 

 

やっぱり「M1ピアノ」最高です。

 

 

ピアノ、エレピ、オルガンなどはよく使います。

 

 

キラキラしたベル系なんかもM1ならでは。

 

 

ブラスの音とかも重ねるとより厚みを出す事も出来るし、

 

 

使い方はいろいろあります。

 

 

当時は低メモリのサンプルばかりだから

 

 

結構同じような音も入ってますが(笑)

 

 

今はiOSアプリiM1があり、

 

 

タッチパネルを活かしたKORGお家芸カオシレーター・モードで

 

 

よりフィジカルな操作が出来そうですね。

 

プラグイン・シンセとしては

 

 

かなり古い部類になりますが64bit OSにも対応していますし、

 

 

Mac / Win、VST / AUと殆んどの環境で使えるので( プロツールス以外? )

 

 

前にこのブログでもふれたXpand!2とともに

 

 

ぜひおすすめしたいプラグイン・シンセです。

 

 

個人的にはKORG Legacy Collectionの中では

 

 

このM1が一番好きですね^^

 

 


 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com