くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH アシュン サウンドマシンズ ハイドラシンセ その2 ~OSC編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

Ashun Sound Machines (ASM)さんの

 

 

ウェーブモーフィングシンセサイザー

 

 

HYDRASYNTHの動画連動ブログです。

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH  その2 ~OSC編〜 ブログ連動動画

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH

アシュン サウンドマシンズ ハイドラシンセ

その2 ~OSC編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200421030755j:plain

 

 


 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ashun Sound Machines (ASM) HydraSynth Keyboard【送料無料】
価格:169900円(税込、送料無料) (2020/4/19時点)

楽天で購入

 

 

 

HYDRASYNTHは新開発の

 

 

ASM Polytouch® keybedという技術で

 

 

ポリフォニックアフタータッチに対応していたり、

 

 

リボンコントローラーの搭載など

 

 

演奏が楽しいシンセサイザーです♪

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200419110048p:plain



 国内ではELEKTRONさんが取り扱いしています。

 

 

www.elektrondistributiongroup.com

 

 

 


 

 

 今回はシンセサイザーの発音の基本となる

 

 

【OSC】オシレーターについて。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200421031808j:plain

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH 1からオシレーターを鳴らそう!
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20200421031830j:plain

 

 

HYDRASYNTHはDのバンクから

 

 

「EMPTY」のプログラムになり

 

 

1から音色と作成できます。

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH ウェーブテーブル波形を鳴らそう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200421032303j:plain



【MODULE SELECT】〔OSC 1〕ボタンを押すと

 

 

オシレーター1のエディット画面になります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200421032601j:plain

 

 

ウェーブテーブルとは

 

 

波形の1周期をループ再生するシンセシスです。 

 

 

HYDRASYNTHのウェーブテーブルオシレーター

 

 

サイン波、三角波、ノコギリ波、パルス波の

 

 

シンセサイザーの基本的な波形から

 

 

ノイジーや金属的な波形まで

 

 

219ものさまざまな波形が収録されています。

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH ウェーブモーフィングしてみよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200421033153j:plain



 HYDRASYNTHオシレーター1・2は

 

 

219のウェーブテーブル波形から

 

 

・単一波形を鳴らすSINGLEモード

 

 

・8つまでの波形をモーフィングできるWAVELISTモード

 

 

があります。

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200421033658j:plain

 

 

【OSC 1】〔Wavelist Edit〕

 

 

MASTER CONTROL 2のボタンを押して

 

 

波形の選択画面になります。

 

 

219の波形の中から最大8つまで選択できます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200421034227j:plain

 

 

【OSC 1 】〔WaveScan〕

 

 

MASTER CONTROL 5のつまみ

 

 

〔Wavelist〕で1~8に並べたウェーブテーブル波形を

 

 

連続的に可変して鳴らす事ができます。

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH ウェーブテーブルをモジュレーションしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200421034915j:plain



 先ほどの【OSC 1 】〔WaveScan〕を

 

 

LFOモジュレーションして動かします。

 

 

LFOやMOD MATRIXについてはまたあとでくわしくやる予定です。

 

 

【MOD MATRIX】ボタンを押します。

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200421035231j:plain

 

 

SRC 1 > LFO1

DES 1 > OSC1 / Wavescan

 

 

を選択して

 

 

DepthWavescanLFOがかかる深さを設定します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200421035559j:plain

 

 

LFOの波形にそってウェーブテーブル波形が

 

 

モーフィングされるようになりました。

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH リングモジュレーターとノイズジェネレーター

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200421041310j:plain



【RING-NOISE】ボタンを押すと

 

 

リングモジュレーターとノイズジェネレーターの

 

 

コントロール画面になります。 

 

 

リングモジュレーターは

 

 

OSC1/2/3、ノイズ

 

 

モジュレーターとして使用することができます。

 

 

ノイズジェネレーターは

 

 

ホワイトノイズ

ピンクノイズ

ブラウンノイズ

 

 

を使用できます。

 

 

 


 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH  その2 ~OSC編〜 ブログ連動動画

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH

アシュン サウンドマシンズ ハイドラシンセ

その2 ~OSC編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200421030755j:plain

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH   その2 ~OSC編〜 まとめ

 

 

 
HYDRASYNTHは219ものウェーブテーブル波形を
 
 
自在に扱ってオシレーターを劇的に変化させたり、
 
 
さまざまな音を鳴らすことが可能です。
 
 
今回はLFOを使いましたが
 
 
さらに
 
 
ベロシティ、エンベロープ、アフタータッチなどで
 
 
モジュレーションすることも可能です。
 
 
さらに【MUTATOR】という変調機能により
 
 
サウンドを激変させることが可能です。
 
 
ではまた次回! ^^
 
 

 

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ashun Sound Machines (ASM) HydraSynth Keyboard【送料無料】
価格:169900円(税込、送料無料) (2020/4/19時点)

楽天で購入

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH   ブログ連動動画再生リスト

 

 

ASM Ashun Sound Machines HydraSynth くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200420041943j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com