くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ARTURIA MicroFreak アートリア マイクロフリーク 操作方法 その6 ~MATRIX編~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

デジタルオシレーター+アナログフィルターを搭載した

 

 

エクスペリメンタル・ハイブリッド・シンセサイザー

 

 

ARTURIA MicroFreakの動画連動ブログです。

 

 

ARTURIA MicroFreak その6 ~MATRIX編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA MICROFREAK アートリア マイクロフリーク 操作方法 その6 ~MATRIX編~ | 初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200811042118j:plain

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Arturia(アートリア) MicroFreak
価格:29800円(税込、送料無料) (2020/8/4時点)

楽天で購入

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200805045236j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200805045256j:plain

 

 

arturia.jp

 


 

 

今回はシンセサイザーの変調の要、

 

 

マトリクスモジュレーション

 

 

についての解説です。

 

 

ARTURIA MicroFreak マトリクスモジュレーションとは?

 

 

マトリックス(matrix)という言葉はもともと

 

 

「何かを生み出すもの」

 

 

という意味ですが

 

 

現代は数学・経営・電子機器などの分野で

 

 

「数学の行列」

 

 

という意味を指します。

 

 

シンセサイザーにおいても後者のイメージですね。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200812042126j:plain

 

 

モジュラーシンセサイザー

 

 

モジュールからモジュールを

 

 

ケーブルでつないでパッチング(結線)していきますが、

 

 

マトリクスモジュレーションは

 

 

パッチングをシンセサイザー内部で

 

 

表のように並べてスマートにおこなえる機能です。

 

 

現代のシンセサイザーでも

 

 

ハードウェア / ソフトウェア問わず

 

 

かなり採用しているので

 

 

おぼえておくと音作りの幅がかなり広がります♪

 

 

ARTURIA MicroFreak マトリクスで変調してみよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200812043505j:plain

 

 

 ARTURIA MicroFreak では

 

 

左側の縦に並んでいるのが

 

 

何の機能を使って変調するのかの【SOURCE】

 

 

横に並んでいるのが

 

 

何のパラメーターを変調するのかの【Destination

 

 

になります。

 

 

【Matrix】のつまみをまわしてマトリクス上を移動できて

 

 

押すとそのパラメーターを選択します。

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200812044121j:plain

 

 

ARTURIA MicroFreak

 

 

【SOURCE】Destination

 

 

交差しているところがパッチングポイントになります。

 

 

動画では

 

 

【SOURCE】LFO

 

 

Destination】Pitch

 

 

になっているのでそこで【Matrix】つまみを押してまわすと

 

 

Ammount(モジュレーションの量)をコントロールできます。

 

 

ARTURIA MicroFreak オシレーター波形を変調しよう!

 

 

 わかりやすいモジュレーションの例として

 

 

・ピッチ → ビブラート

・フィルター → オートワウ

・ボリューム → トレモロ

 

 

というイメージですが

 

 

近年のシンセサイザー

 

 

オシレーター波形そのものを変調することによって

 

 

豊かな音色変化を得ることが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200812045155j:plain



 動画ではWavetableオシレーター

 

 

〔Timbre〕(読み出し位置)

 

 

LFOによって動かしています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200812045515j:plain

 

 

変調もとである【SOURCE】LFOの波形を変えると

 

 

当然変調のしかたも変わります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200812045835j:plain

 

 

 

 

 

ARTURIA MicroFreak Assignで割り当てよう!

 

 

ARTURIA MicroFreakは通常

 

 

【CycEnv】

【Env】

LFO

【Press】

【Key / Arp

 

 

5つの【SOURCE】を使って

 

 

【Pitch】

【Wave】

【Timbre】

【Cutoff】

 

 

4つの各パラメーターを変調できます。

 

 

…もちろんそれ以外のパラメーターも変調したくなるものです笑

 

 

そんな時は【Assign】機能を使って

 

 

3つまで変調のパラメーターを追加できます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200812050731j:plain

 

 

動画ではLFO〔Rate〕(スピード)

 

 

【Press】(キーボードを押しこむ強さ)

 

 

変調できるようにします。

 

 

通常【LFO】〔Rate〕はマトリクス上にはありませんが

 

 

【Assign】機能で追加できます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200812050939j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200812051441j:plain

 

 

設定方法はかんたんで

 

 

【Assign】ボタンを押しながら

 

 

設定したいパラメーターのつまみをまわせば

 

 

すぐに割り当てできます。

 

 

あとは通常のマトリクスと同様に

 

 

【Ammount】の値を上げてコントロールします。

 

 


 

 

ARTURIA MicroFreak その6 ~MATRIX編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA MICROFREAK アートリア マイクロフリーク 操作方法 その6 ~MATRIX編~ | 初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200811042118j:plain

 

 

ARTURIA MicroFreak その6 ~MATRIX編~ まとめ

 

 

 ARTURIA MicroFreakに限らず

 

 

くりっぱーはシンセサイザー全般的に

 

 

モジュレーションを制するものはシンセサイザーを制する

 

 

と思ってますので笑

 

 

そういう意味でもモジュレーションマトリクスは

 

 

音作りにおいてとても重要なセクションです。

 

 

…といっても

 

 

マトリクスモジュレーションは

 

 

SOURCEとDESTINATIONをつないで

 

 

値をコントロールするだけ

 

 

なので全然難しくはないです笑

 

 

多分無意識に使えてる方も多いと思います。

 

 

個人的にはセミモジュラーシンセサイザー

 

 

実際にパッチングしてから

 

 

ソフトウェア / ハードウェア限らず

 

 

視覚的にモジュレーションを捉えられるようになりました。

 

 

とにかくいろいろつないで変調して

 

 

サウンドの変化を楽しんでみてください♪

 
 
ではまた次回!
 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Arturia(アートリア) MicroFreak
価格:29800円(税込、送料無料) (2020/8/4時点)

楽天で購入

  

 

ARTURIA MicroFreak 再生リスト

 

 
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20200804035258j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com