くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ARTURIA MicroFreak アートリア マイクロフリーク 操作方法 その7 ~LFO編~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

デジタルオシレーター+アナログフィルターを搭載した

 

 

エクスペリメンタル・ハイブリッド・シンセサイザー

 

 

ARTURIA MicroFreakの動画連動ブログです。

 

 

ARTURIA MicroFreak その7 ~LFO編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA MICROFREAK アートリア マイクロフリーク 操作方法 その7 ~LFO編~ | 初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200817025704j:plain

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Arturia(アートリア) MicroFreak
価格:29800円(税込、送料無料) (2020/8/4時点)

楽天で購入

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200805045236j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200805045256j:plain

 

 

arturia.jp

 


 

 

今回はモジュレーションの定番

 

 

LFO(Low Frequency Oscillator)

 

 

についての解説です。

 

 

ARTURIA MicroFreak LFOとは?

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200817030029j:plain

 

 

 LFOとは

 

 

LFO(Low Frequency Oscillator)という

 

 

低い周波数のオシレーター信号を送って

 

 

各パラメーターを変調する機能です。

 

 

LFOの波形で揺らすっていうイメージですね。

 

 

シンセサイザーモジュレーションでは定番ですよね。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200817030353j:plain

 

 

LFOの設定は前回やった【Matrix】で設定します。 

 

 

ARTURIA MicroFreak フィルターをLFOで変調しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200817030659j:plain

 

 

【Matrix】のつまみを押して

 

 

 LFO〕〔Cutoff〕にカーソルを合わせます。

 

 

もう一度【Matrix】のつまみを押して

 

 

【Ammount】(変調の量)を上げていきます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200817031246j:plain

 

 

【ANALOG FILTER】

 

 

〔Cutoff〕を下げて〔Resonance〕の値を上げます。

 

 

LFOのサイン波でフィルターのカットオフが変調するようになります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200817031524j:plain

 

 

MicroFreakLFO】〔Rate〕(スピード(周期))

 

 

〔Freq〕〔Sync〕の2つのモードがあります。

 

 

つまみを押して切り替えます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200817032043j:plain

 

 

〔Sync〕をオンにすると内部 / 外部と同期することができます。

 

 

MicroFreakが外部機器がマスターで同期している場合は

 

 

マスターのテンポとシンクします。

 

 

ARTURIA MicroFreak 6つのLFO波形

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200817032441j:plain

 


MicroFreak

 

 

・サイン波(Sine)

三角波(Triangle)

・ノコギリ波(Saw)

矩形波(Square)

・サンプル&ホールド(Random)

・サンプル&ホールド(グライド)(Random-Glide)

 

 

6つのLFO波形を使用することができます。

 

 

〔Shape〕ボタンで切り替えて仕様します。

 

 

ARTURIA MicroFreak LFOオシレーターをランダム変調しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200817033029j:plain

 

 

LFO〔Shape〕はランダム波形を選択します。

 

 

【Matrix】のつまみを押して

 

 

 LFO〕〔Wave〕〔Timbre〕にカーソルを合わせて

 

 

それぞれ〔Ammount〕の値を上げます。

 

 

〔Shape〕はマトリクス上にないので

 

 

〔Assign〕ボタンで追加します。

(詳しいやり方は前回の動画にて)

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200817033656j:plain

 

 

オシレーターの種類を変えながら

 

 

音の変化を楽しんでください♪

 

 


 

 

ARTURIA MicroFreak その7 ~LFO編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA MICROFREAK アートリア マイクロフリーク 操作方法 その7 ~LFO編~ | 初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200817025704j:plain

 

 

ARTURIA MicroFreak その7 ~LFO編~ まとめ

 

 

 
 通常のシンセサイザーLFO
 
 
・ピッチを変調させるビブラート
 
 
・カットオフを変調させるオートワウ
 
 
・音量を変調させるトレモロ
 
 
あたりが定番ですが、
 
 
MicroFreakは動画でもやったように
 
 
【Matrix】でいろんなパラメーターに
 
 
割り当てて変調することができます。
 
 
〔Rate〕のシンク機能を使えば
 
 
シーケンス的な音にもなります。
 
 
変調好きのくりっぱー的には
 
 
LFOもうひとつあったら最高でした笑
 
 
ではまた次回!
 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Arturia(アートリア) MicroFreak
価格:29800円(税込、送料無料) (2020/8/4時点)

楽天で購入

  

 

ARTURIA MicroFreak 再生リスト

 

 
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20200804035258j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com