くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法 その6 ~FUNCTIONS編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

ArturiaさんのV-Collectionにも収録されている

 

 

プラグインCMI Vの動画連動ブログです。

 

 

Arturia CMI V その6 ~FUNCTIONS編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その6 ~FUNCTIONS編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210226030949j:plain

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 Arturia CMI Vは1979年にオーストラリア・シドニー

 

 

フェアライト社から発売された

 

 

Fairlight (フェアライト)CMI

 

 

という初期のデジタルサンプラー

 

 

プラグイン・ソフトウェア化したものです。

 

 


 

 

今回はARTURIA CMI Vモジュレーション機能

 

 

【FUNCTIONS】の基本的な操作について。

 

 

Arturia CMI V FUNCTIONSとは?

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210226042748j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210226042832j:plain


 

【FUNCTIONS】とは

 

 

A ~ Fの6つのスロットに波形を描き

 

 

前回やった【ASSIGN】で各パラメーターにわりあてして

 

 

サンプルやデジタル波形を

 

 

周期的に揺らしたりLFO

 

 

カーヴで時間的変化エンベロープ

 

 

を加える機能です。

 

 

Arturia CMI V FUNCTIONSをマッピングしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210226043322j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210226043406j:plain

 

 

前回も軽くふれましたが

 

 

まず【FUNCTIONS】で波形を描くかプリセットを選択して

 

 

【ASSIGN】

 

 

【FUNCTIONS】〔MAP〕【TUNE / FILTER】〔SEMI〕

 

 

マッピングします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210226044638j:plain

 

 

【FUNCTIONS】はブレイクポイントを増やせるので

 

 

複雑な波形を作成することも可能です。

 

 

【FUNCTIONS】〔ONE〕をオンにすると

 

 

周期が一度のみになりエンベロープ的な使い方が可能になります。

 

 

FUNCTIONS波形がループ状態になりいわゆるLFO的な効果を生みます。

 

 

【FUNCTIONS】〔RUN〕をオンにすると

 

 

トリガーする度にFUNCTIONS波形のスタートポイントが変わります。

 

 

【FUNCTIONS】〔SYNC〕をオンにすると

 

 

CMI Vで設定したテンポ  / ホストアプリケーションのテンポに同期します。

 

 

Arturia CMI V FUNCTIONS波形をエディットしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210226044847j:plain

 

 

【FUNCTIONS】〔Point〕はブレイクポイントの選択をします。

 

 

【FUNCTIONS】〔Time〕はブレイクポイントの横の位置を設定します。

 

 

【FUNCTIONS】〔Level〕はブレイクポイントの縦の位置を設定します。

 

 

【FUNCTIONS】〔Rand T〕は〔Time〕(横)がランダムになります。

 

 

【FUNCTIONS】〔Rand L〕は〔Level〕(縦)がランダムになります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210226045414j:plain

 

 

▲ ▼でクリックしてドラッグすると線を曲げることが可能です。

 

 

Arturia CMI V FUNCTIONS波形でモジュろう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210226051210j:plain


  

スペクトラルシンセの【EVOLUTION】のパラメーターを

 

 

【FUNCTIONS】モジュレーションします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210226051615j:plain

 

 

【SAMPLING】モードにして

 

 

【EVOLUTION】のサンプルのループのパラメーターを

 

 

モジュレーションします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210226051919j:plain

 

 

サンプルを変えると【ASSIGN】【FUNCTIONS】

 

 

設定がリセットされるので注意してくださいね。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210226052248j:plain

 

 

【Convert To Synthesis】機能で

 

 

【TIME SYNTH】に変換したら

 

 

さらに面白くなる可能性があるかも?です笑

 

 

Arturia CMI V Cntrlモードを使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210226052544j:plain

 

 

【FUNCTIONS】は2つのモードがあって

 

 

通常は【Time】モードでもうひとつはCntrlモードです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210226053148j:plain

 

 

Cntrlモードは【ASSIGN】

 

 

【CONTROLS】【SWITCHES】【MIDIを使って

 

 

【FUNCTION】を動かす機能です。

 

 


 

 

Arturia CMI V その6 ~FUNCTIONS編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その6 ~FUNCTIONS編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210226030949j:plain

 

 

Arturia CMI V その6 ~FUNCTIONS編~ まとめ

 

 

Arturia CMI VFUNCTIONSは こんな感じで
 
 
自由に波形を作成できるので
 
 
前回やった【ASSIGN】機能と組み合わせて
 
 
複雑な変調が可能になります。
 
 
スペクトラルシンセで動きのある
 
 
シンセサウンドもできますし、
 
 
サンプリングやタイムシンセの
 
 
スタート位置やループポイントを変調すると
 
 
思いがけないサウンドになって楽しいです♪
 
 
ぜひいろいろ試してみてください♪
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 

 

 

Arturia CMI V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

 Arturia CMI V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219063041j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

Youtube KURIPPER MACHINE MUSIQ

 

 

KURIPPER MACHINE MUSIQ】再生リスト

 

 

ハードウェア / アプリ等の一発録音のマシンライブ演奏を公開しています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224043540j:plain