くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ELEKTRON Model:Cycles エレクトロン モデル サイクル 操作方法 その1 〜基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

ELEKTRONさんのドラムからメロディまでこなす

 

 

FM音源のグルーヴボックス

 

 

Model:Cycles

 

 

のくりっぱーチャンネル連動ブログです♪

 

 

ELEKTRON Model:Cycles その1 〜基礎操作編~ ブログ連動動画

 

 

Elektron Model:Cycles エレクトロン モデル サイクル 操作方法

その1 〜基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322035650j:plain

 

 


 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210113074910j:plain



 

f:id:Marronfieldsproduction:20210113075118j:plain

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

elektron Model:Cycles【あす楽対応】
価格:44900円(税込、送料無料) (2021/1/13時点)

楽天で購入

 

 

 

Elektron Model:Cycleswww.elektrondistributiongroup.com

 

 

 

ELEKTRONさんの機材といえば

 

 

いまやマシンライブのミュージシャンの定番で

 

 

お値段もそれなりにするんですが

 

 

このModel:Cycles

 

 

同シリーズのModel:Samplesとともに

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

elektron Model:Samples【あす楽対応】【土・日・祝 発送対応】【p5】
価格:44900円(税込、送料無料) (2021/3/22時点)

楽天で購入

 

 

機能をシンプルにして価格も下げた

 

 

ELEKTRONマシン入門機

 

 

といったところでしょうかね。

 

 

Model:Samplesがサンプルを扱うのに対して

 

 

Model:CyclesはFMシンセサイザーなので

 

 

音の変化が豊かです。

 

 

パラメーターも厳選されているので

 

 

本格的なFMシンセサイザーの音作りはできませんが

 

 

FM音源の音作りで陥り易い(?)

 

 

サウンドの破綻もしにくいので

 

 

初心者の方でも使いやすいかなと思います。

 

 

ちなみにこのModel:Cycles

 

 

ツイッターで仲良くさせていただいてる

 

 

SHINGAさん(@djshinga719)に譲っていただきました^^

 

 

SHINGAさんもYoutube

 

 

グルーヴマシンやシンセサイザー機材関連の

 

 

動画を投稿されているのでぜひご覧になってください♪

 

 

https://www.youtube.com/user/SHIN71995

 

 


 

 

今回はELEKTRON Model:Cycles

 

 

基本的な操作についての解説です。

 

 

ELEKTRON Model:Cycles 概要を知ろう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322040934j:plain

 

 

ELEKTRON Model:Cyclesの基本操作は

 

 

各トラック【T1 ~ 6】の6つのパートに

 

 

16個のTRIGボタンで16ステップ × 4(最大64ステップ)

 

 

にシーケンスを打ち込んでいく感じです。

 

 

ELEKTRON Model:Cycles 6つのMACHINES

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322041823j:plain

 

 

ELEKTRON Model:Cycles

 

 

・KICK

・SNARE

・METAL

PERC

・TONE

・CHORD

 

 

【MACHINES】という6つのFM音源

 

 

【T1 ~ 6】の6つのパートにそれぞれ

 

 

わりあてして音作りします。

 

 

6つの【MACHINES】はどのトラックにもわりあて可能です。

 

 

たとえば全部のトラックを

 

 

〔KICK〕〔CHORD〕にすることも可能です。

 

 

COLOR、SHAPE、SWEEP、CONTOURのつまみは

 

 

それぞれの【MACHINES】によって効果が変わります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322042120j:plain

 

 

【MACHINES】

 

 

【T1 ~ T6】のパッド

 

 

【1~16】のTRIGボタンで音を出すことができます。

 

 

ELEKTRON  Model:Cycles 超重要!FUNCボタン!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322042729j:plain

 

 

他のELEKTRONマシンはわかりませんが

 

 

ELEKTRON Model:Cycles

 

 

【FUNC】のボタンを押しながら

 

 

他のボタンを押してパラメーターをエディットする

 

 

ということが多いので

 

 

とにかく【FUNC】ボタンは超重要です!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322043849j:plain

 

 

【FUNC】を押しながら〔T1 ~ T6〕のパッドを押すと

 

 

トラックをミュートします。

 

 

ELEKTRON Model:Cycles MACHINESをエディットしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322044153j:plain

 

 

ELEKTRON Model:Cycles

 

 

基本的に12個のつまみを使って音作りしていきます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322044516j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322044614j:plain

 

 

各つまみをまわすと画面のグラフィックも変化するので

 

 

イメージしやすくわかりやすいです♪

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322044917j:plain



エフェクトは各トラック

 

 

〔REVERB / DELAY SEND〕で加えることができます。

 

 

【FUNC】を押しながらつまみまわすと

 

 

DELAY TIME → FEEDBACK

・REVERB TIME → TONE

 

 

の値をコントロールできます。

 

 

ELEKTRON Model:Cycles LFOで変調しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322045408j:plain

 

 

低い周波数のオシレーターで波形を揺らす

 

 

シンセサイザーの変調の定番LFO

 

 

LFO SET UP】ボタンでエディットします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322045819j:plain

 

 

左側の【LEVEL / DATA】のつまみを回して選択、

 

 

【LEVEL / DATA】はプッシュ式なの押すと決定します。

 

 

さらに【LEVEL / DATA】を回して

 

 

パラメーターの値をコントロールします。

 

 

ELEKTRON Model:Cycles パターンを変更しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322050513j:plain

 

 

ELEKTRON Model:Cycles

 

 

A ~ Fの6つの各BANKに

1~16のパターンが入っています。

 

 

【PATTERN】ボタンを押して

 

 

各BANKと1~16のボタンを押すとパターンを変更できます。

 

 

ELEKTRON Model:Cycles シーケンスの概要を理解しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322051050j:plain

 

 

ELEKTRON Model:Cyclesは

 

 

1~16のステップ × 4ページで最大64ステップ

 

 

のシーケンス作成可能です。 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322051428j:plain

 

 

ステップの設定は【FUNC】+【PAGE】を押して

 

 

『Scale Setup』でおこないます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322051824j:plain

 

 

『Scale Setup』〔LEN〕でステップの数を変更できます。

 

 

トラックごとにステップの数を変えれば

 

 

ポリリズム的な演奏も可能です。

 

 

ELEKTRON Model:Cycles チャンス機能でランダム演奏しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322052433j:plain



『Track Chance』は100%から値を減らしていくと

 

 

ステップを再生する確立がランダムに減っていきます。

 

 

0%でステップを再生しなくなります。

 

 

これによって〔CHANCE〕つまみだけでかんたんに

 

 

ランダムなパターンやグルーヴが作成可能になります。

 

 


 

 

ELEKTRON Model:Cycles その1 〜基礎操作編~ ブログ連動動画

 

 

Elektron Model:Cycles エレクトロン モデル サイクル 操作方法

その1 〜基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322035650j:plain

 

 

ELEKTRON Model:Cycles その1 〜基礎操作編~ まとめ

 

 

Elektron Model:Cycles

 

 

6パートのFMグルーヴボックスということで

 

 

以前くりっぱーちゃんねるでも取り上げた

 

 

KORGさんのvolca drumにも近い感じがしますね。

 

 

お値段の差もありますが

 

 

操作性、シーケンサー部はこちらの方が充実してます。

 

 

FM音源の部分は画面の絵の表示がわかりやすく

 

 

感覚的に使えるんですが

 

 

シーケンスやシステムがまだイマイチ掴めてないです(^^;

 

 

いろいろいじっていくうちに

 

 

何となくできそうな予感がしてきました。

 

 

画面と対話するっていうよりは

 

 

体でおぼえるイメージですかね笑

 

 

楽器でも他のシンセサイザーでも

 

 

使えば使うほど馴染んでくるものですが

 

 

このELEKTRON Model:Cyclesはそれがより強い印象を受けました。

 

 

Model:Samplesとともにエントリー向けのモデルであり、

 

 

機能を削ってよりマシンライブに特化した

 

 

マシンという印象を受けました。

 

 

制作に使うというよりは操作おぼえて

 

 

とにかくリアルタイムに演奏を楽しむっていう感じですかね。

 

 

余談ですがELEKTRONさんといえば

 

 

1998年に発売されたELEKTRONさんの最初の製品

 

 

SID STATIONというシンセサイザーを持ってました!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210113080938j:plain

 

 

コモドール64という昔のホームコンピューターに搭載されていた

 

 

MOS6581サウンドチップをシンセサイザーにしたという

 

 

当時超個性で異彩を放っていたシンセサイザーでした!

 

 

そんなELEKTRONさんもいまや洗練された電子楽器を

 

 

数多くリリースするメーカーさんになってますね^^

 
 
ではまた次回!
 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

elektron Model:Cycles【あす楽対応】
価格:44900円(税込、送料無料) (2021/1/13時点)

楽天で購入

 

 

ELEKTRON Model:Cycles くりっぱーチャンネル 再生リスト

 

 

ELEKTRON Model:Cycles くりっぱーチャンネル 再生リスト
 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322035900j:plain

 

 


 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com