くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ARTURIA SQ80 V 操作方法 アートリア その2 ~OSCILLATOR編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

Arturiaさんのプラグイン

 

 

SQ80 Vの動画連動ブログです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210924123854p:plain

 

 

www.youtube.com

 

 

www.arturia.com

 

 


 

 

今回はARTURIA SQ80 V

 

 

発音の基本となる【OSCILLATOR】

 

 

基本的な操作の解説です。

 

 

ARTURIA SQ80 V 3つのデジタルオシレーター

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210918080759j:plain

 

 

ARTURIA SQ80 V

 

 

3つの【OSCILLATOR】をもとにサウンドを作成します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210918081235j:plain

 

 

そのままだと出力が大きいので

 

 

【DCA 4】の〔LEVEL〕で調整します。

 

 

ARTURIA SQ80 V  オシレーターをエディットしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210918081114j:plain

 

 

オシレーター

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210918082209j:plain

 

 

〔Copy to DCO〕

DCOのセッティングを別のDCOにコピーする機能です。

 


Octave

オシレーターの基本オクターブを4オクターブ上から2オクターブ下までの範囲で設
定します。

 


〔Semi (MODパラメーター)〕

オシレーターの基本チューニングを上下12半音の範囲で設定します。モジュレーションインプットが2つあり変調が可能です。

 

 

〔Fine〕

オシレーターの基本チューニングを+-100セントの範囲で設定します。

 

 

〔Visualiser〕

オシレーターの選択した波形を表示します。三角ボタンをクリックすることで選択したバンク内の波形を1つずつ切り替えることができます。

 

 

「OSCILLATOR 2」のみオシレーター1と2でハードシンクがかかる

〔Sync〕〔AM(振幅変調) 〕の設定が可能です。

 


〔DCA Level (MODパラメーター)〕

各DCOの個別の出力レベルをコントロールします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210918081616j:plain

 

 

オシレーターを重ねてピッチを少しずらしたり、

 

 

オクターブ変えたり、

 

 

いわゆるアナログシンセサイザー的な音作りも可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210918081832j:plain

 

 

【OSCILLATOR 2】

 

 

オシレーターシンクとAmp Modに対応しているので

 

 

それぞれ変調したサウンドにすることも可能です。

 

 

ARTURIA SQ80 V 各ウェーヴフォームを鳴らそう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210918082448j:plain

 

 

前回の「基礎操作編」でもやりましたが

 

 

ARTURIA SQ 80 Vのデジタルオシレーター

 

 

〔SQ80 Waveforms〕

オリジナルのSQ 80のデジタルオシレーター

 

 

アナログ、デジタルシンセ波形、楽器音、ドラムなど

 

 

さまざまな波形があります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210918082727j:plain

 

 

VFX Waveforms〕

SQ 80の後継機VFXのトランスウェーヴオシレーター

 

 

基本〔SQ80 Waveforms〕と同じ名前の波形が入っていますが

 

 

後半はVFXのXがついた波形が入ってます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210918083321j:plain

 

 

トランスウェーヴは波形の読み出し位置(Position)を動かせるのでウェーヴテーブルのようなサウンドを鳴らす事も可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210918083122j:plain

 

 

〔ESQ1 / SQ 80 Hidden Waves

SQ 80の前身機のESQ 1 / SQ 80の隠されていた(?)波形

わりとノイジーな感じの波形が多い気がします。

 

 


 

 

ARTURIA SQ80 V その2 ~OSCILLATOR編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA SQ 80 V アートリアエンソニック 操作方法

その1 ~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210915185845j:plain


 

ARTURIA SQ80 V  その2 ~OSCILLATOR編~ まとめ

 

 

ARTURIA SQ80 V

 

 

デジタルオシレーター

 

 

良い意味でクセがあって

 

 

存在感のある音だと思います。

 

 

VFX Waveforms〕のトランスウェーヴで

 

 

ウェーヴテーブルのようなサウンドも出せますし、

 

 

〔ESQ1 / SQ 80 Hidden Waves

 

 

想定外の音が出ますし笑

 

 

想像以上にいろいろなサウンドが出せるなーと思いました。

 

 

個人的にはデジタル波形に存在感があって

 

 

硬質かつノイジーサウンドが多いなという印象です。

 

 

くりっぱーの大好きな

 

 

インダストリアルバンドのSkinny Puppy

 

 

ESQシンセを80年代に使用してましたが

 

 

なんか納得しました笑

 

 

くりっぱーもその昔、

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210917043513j:plain

 

 

ESQシンセのモジュール版のESQ-Mを持ってましたが

 

 

こんなノイジーオシレーターばっかりだったかなぁ?

 

 

って思って調べたら

 

 

ESQオシレーターは「32 waveforms」とのことなので

 

 

〔ESQ1 / SQ 80 Hidden Waves

 

 

ARTURIAさんのオリジナルの機能ということになりますね。

 
 
これから使うのが楽しみです♪
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 

www.arturia.com

 

 

ARTURIA SQ80 V  くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

 Arturia SQ80 V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210915190202j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com