くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

Roland Boutique JD-08 解説 ローランド 操作方法 その2 ~シンセシス編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

Rolandさんの名機をコンパクトにモデリングした

 

 

BoutiqueシリーズのJD-08 の解説動画連動ブログです。

  

 

Roland Boutique JD-08  その2 ~シンセシス編~ ブログ連動画

 

 

Roland JD-08  解説 ローランド 操作方法

その2 ~シンセシス編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211213181131j:plain



 

 


 

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211112051715j:plain



www.roland.com

 

 


 

 

 今回はRoland Boutique JD-08

 

 

の基本的な操作について

 

 

Roland Boutique JD-08 シンセサイズを理解しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211213030451j:plain

 

 

JD-08

 

 

〔TONE A ~ D〕をレイヤーとして

 

 

1つのPATCHとして扱います。

 

 

単純にいうと4オシレーターって感じですね。

 

 

〔TONE A ~ D〕それぞれ個別の

 

 

フィルター、エンベロープモジュレーションの設定が可能です。

 

 

Roland Boutique JD-08   WGセクション

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211213030244j:plain

 

 

【WG】セクションでは

 

 

JD-08の発音の基本となるWAVEFORMの選択と

 

 

ピッチの設定などをします。

 

 

〔PITCH COARSE〕

半音単位の+ー48のピッチをコントロールします。

0で止まるようになってます。

 

 

〔PITCH FINE〕

セント単位のピッチをコントロールします。

 

 

〔PITCH RANDOM〕

ノートオンのたびにピッチがランダムになるピッチ幅をコントロールします。

 

 

〔KEY FOLLOW〕

ノートによるピッチの変化幅を設定します。

通常は「100」

ノートによるピッチの変化をなくす場合は「0」にします

 

 

〔WAVEFORM〕

108の波形の中から発音する波形を選択します。

 

 

LFO 1 / 2〕

LFO 1 / 2を使ってピッチを変調する量をコントロールします。

マイナスの値にするとLFOの波形が逆に動作します。

 

 

Roland Boutique JD-08  フィルターをコントロールしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211213030649j:plain

 

 

【TVF】(Time Variant Filter)

 

 

アナログシンセサイザーでいう

 

 

VCF・いわゆるフィルターのセクションで

 

 

JD-08サウンドの明るさをコントロールします。

 

 

〔MODE〕

LPF / BPF / HPFからフィルターのタイプを選択します。

 

 

〔CUTOFF FREQ〕

選択したフィルターのカットオフをコントロールします。

 

 

〔RESO〕

周波数のピークを持ち上げてサウンドにクセをつけます。

 

 

〔ENV〕

TVF ENVによって時間的な変化をする大きさをコントロールします。

 

 

〔KEY FOLLOW〕

ノートの位置によるフィルターの変化をコントロールします。

+の値にするとC4より高いノートほど周波数が明るくなります。

逆に-の値にするとC4より高いノートほど周波数が低くなります。

 

 

LFO SELECT〕

フィルターを変調するLFOを選択します。

 

 

LFO

LFO SELECT〕で選択したLFOでフィルターを変調する量をコントロールします。

 

 

Roland Boutique JD-08  音量をコントロールしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211213030834j:plain

 

 

【TVA】(Time Variant Amplifier)

 

 

アナログシンセサイザーでいう

 

 

VCA・いわゆるアンプのセクションで

 

 

JD-08の音量をコントロールします。

 

 

〔LEVEL〕

選択しているレイヤー(TONE)の音量をコントロールします。

 

 

〔BIAS DIRECTION〕

押さえるノートの位置に合わせてレイヤーの音量を補正します。

 

 

UPPER:〔BIAS POINT〕で設定したキーより高いノートになるほど〔BIAS LEVEL〕の設定にしたがって音量変化が大きくなります。

 

 

LOWER:〔BIAS POINT〕で設定したキーより低いノートになるほど〔BIAS LEVEL〕の設定にしたがって音量変化が大きくなります。

 

 

UPPER & LOWER:〔BIAS POINT〕で設定したキーから高音域側、低音域側になるほど音量変化が大きくなります。

 

 

〔BIAS POINT〕

音量を変化させる基準のキーを設定します。

64がC4(ド)になります。

 

 

〔BIAS LEVEL〕

〔BIAS DIRECTION〕の音量変化の量をコントロールします。

 

 

LFO SELECT〕

音量を変調するLFOを選択します。

 

 

LFO

LFO SELECT〕で選択したLFOで音量を変調する量をコントロールします。

 

 

Roland Boutique JD-08  LFOで変調しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211213031016j:plain

 

 

LFOLow Frequency Oscillatorといって

 

 

低い周波数のオシレーターで各パラメーターを

 

 

変調して揺らしたりうねりをくわえたりします。

 

 

LFO SELECT〕

操作するLFO 1 / 2を選択します。

 

 

〔RATE〕

LFO波形の周期(スピード)をコントロールします。

 

 

〔DELAY〕

ノートオンしてからLFOがかかるまでの時間の遅れをコントロールします。

 

 

〔FADE〕

LFOのかかりかたの時間的変化をコントロールします。

「+」の値にするとじょじょに波形振幅が大きくなります。

「-」の値にするとじょじょに波形振幅が小さくなります。

 

 

〔WAVEFORM〕

三角波 / ノコギリ波 / 矩形波 / サンプル&ホールド / ランダム

からLFO波形を選択します。

 

 

〔OFFSET〕

LFOの波形を上下に動かします。

 

 

〔KEY TRIG〕

ノートオンしてからLFOがはじまるのか、関係なく動作するのか選択します。

 

 

Roland Boutique JD-08  エンベロープで時間的変化を作ろう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211213031240j:plain

 

 

【PITCH / TVF / TVA ENV】ではピッチ、フィルター、アンプをそれぞれENV(エンベロープ)でカーヴを作成して時間的な変化をあたえます。

 

 

〔TIME KEY FOLLOW〕

発音するノートの位置によって変化させるエンベロープの時間をコントロールします。

 

 

〔L0 ~ L2〕

ピッチエンベロープのレベルをコントロールします。

 

 

〔L1 ~ L2〕

TVFエンベロープのレベルをコントロールします。

 

 

〔T1 ~ T4〕

エンベロープの時間をコントロールします。

 

 

〔ENV SELECT〕

エンベロープでコントロールするパラメーター(ピッチ、フィルター、音量)を選択します。

 

 
Roland Boutique JD-08  レイヤーを重ねよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211213072930j:plain

 

 

2つのレイヤーで同じ波形を選択してオクターブを変えたり、

 

 

複数のレイヤーを重ねてファインピッチをずらして厚みをつけたり

 

 

アナログシンセサイザーの応用のような音作りも可能です。

 

 


 

 

Roland Boutique JD-08  その2 ~シンセシス編~ ブログ連動画

 

 

Roland JD-08  解説 ローランド 操作方法

その2 ~シンセシス編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211213181131j:plain

 

 

Roland Boutique JD-08  その2 ~シンセサイズ編~ まとめ

 

 

JD-08のおおまかなシンセサイズとしては

 

 

・ウェーヴフォーム波形の選択

 ↓

・フィルターで明るさのコントロール

 ↓

・アンプで音量コントロール

 ↓

LFO(周期的) / ENV(カーヴ)で時間的変化

 

 

これを4つのTONEでおこなうだけなので

 

 

シンセサイザーとしてはかなりシンプルですね。

 

 

JD-08はオシレーター波形自体のモジュレーションなどはできませんが

 

 

アナログシンセ、デジタル波形、楽器音など

 

 

さまざまな108種類の波形を選択可能です。

 

 

4つの波形の選び方 / 組み合わせとか変化の仕方で

 

 

サウンド作りのセンスが問われそうです。

 

 

ではまた次回!

 

 


 

 

 

 

Roland Boutique JD-08  くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

Roland Boutique JD-08   くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211210041431j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com