くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ARTURIA Prophet 5 V アートリア プロフェット 操作方法 その3 ~Advanced編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

  

 

Arturiaさんのプラグインソフトウェアの

 

 

Prophet 5 Vの動画連動ブログです。

 

 

Arturia PROPHET V その3 ~Advanced編~ ブログ連動動画
 

 

ARTURIA Prophet 5 V アートリア プロフェット 操作方法 

その3 ~Advanced編~|初心者でもわかる 解説

 

 

 

 


 

 



 

 

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

 

ARTURIA Prophet 5 Vは単品購入の他、V COLLECTION 9にバンドルされています。

 

 

www.arturia.com

 

 

  

 

 


 

 

今回は【Prophet 5 V】拡張機能

 

 

【Advanced】モードについての基本的な解説です。

 

 

ARTURIA Prophet 5 V Advancedモードとは?

 

 

 

 

Advancedモードは実機の再現に加えて「こんなこといいなできたらいいな」的な機能を追加したARTURIAさんのエミュレーションではおなじみですね。

 

 

Prophet 5 Vでは

 

 

【MODULATION】

自由にわりあて可能なLFOと複雑なカーヴを生み出すファンクションジェネレーターを使用可能です。

 

 

【KEYBOARD】

強弱、押し込み、モジュレーションホイール、音域によってパラメーターを変化させることが可能です。

 

 

【EFFECTS】

 16種類3系統のエフェクターの使用が直列 / 並列で使用可能です。

 

 

Arturia Prophet 5 V 現代的なモジュレーション機能を使おう!
 
 
 

 
前回やったようにProphet 5自体にもLFOはありますし、
 
 
【OSCILLATOR 2】〔LO FREQ〕をオンにすればオシレーター2を「第二のLFOとして使うことが可能でした。
 
 
Prophet 5のLFO三角波 / ノコギリ波 / 矩形波の3つだったのに対して
 
 
【Advanced】LFO 2】
 
 
三角波 / サイン波 / ノコギリ波 / 逆ノコギリ波 / 矩形波
 
 
サンプル&ホールド(ランダム)/  サンプル&ホールド(スムースランダム)
 
 
の7種類の波形の中から選択して使用可能です。
 
 

 
【FUNCTION】は最近のARTURIAさんの定番になりつつある機能で
 
 
LFOエンベロープをミックスしたような機能でポイントで自由にカーヴを描いて複雑なモジュレーションが可能になります。
 
 
 

 
LFO 2 / FUNCTION】〔RATE〕
LFO 2 / FUNCTION波形の周期(スピード)をコントロールします。テンポシンクも可能です。
 
 
LFO 2 / FUNCTION】〔AMPLITUDE〕
LFO 2 / FUNCTION波形の出力をコントロールします。
 
 

 
LFO 2 / FUNCTION】〔ENV〕
LFO 2 / FUNCTIONの波形が一度だけのカーヴ(周期)で動作します。
 
 
LFO 2 / FUNCTION】〔LFO
LFO 2 / FUNCTIONの波形がループで動作します。
 
 
LFO 2 / FUNCTION】〔RETRIG〕
LFO 2 / FUNCTIONの波形がノートオンの度に最初から動作します。
 
 

LFO 2 / FUNCTION】〔UNIPOLAR〕

LFO 2 / FUNCTIONの波形が+-どちらで動作するのか選択します。

 

 

LFO 2 / FUNCTION】〔POLYPHONIC〕

〔RETRIG〕選択時にボイスごとにLFO 2 / FUNCTIONの波形が動作します。

 

 

 

 

LFO 2 / FUNCTION】〔DESTINATION

変調するパラメーターを選択します。

 

 

 

 

LFO 2 / FUNCTION】〔MODULATION AMOUNT〕

DESTINATION〕で選択したパラメーターの変調する量をコントロールします。

 

 

アルペジエーターのRATE(演奏の音符)やポリモジュレーションの量など複雑に変調できて楽しいです^^

 

 

Arturia Prophet 5 V ファンクション機能を使おう!
 

 

 

 

【FUNCTION】機能はマウス操作でポイントを増やして直線 / 曲線さまざまなカーヴを描いて変調することが可能です。

 

 

 

 

RATE〕でシンクで「1」にするとカーヴの周期が1小節という感じです。

 

 

 

 

〔Noise Level〕をわりあててパーカッシヴのループを鳴らすことも可能です。

 

 

Arturia Prophet 5 V キーボード演奏でパラメーターを変化させよう!
 

 

 

 

〔VELOCITY〕

ノートオン時の強弱によってパラメーターを変化させます。

 

 

〔AFTER TOUCH〕

ノートオン後の押し込みの強さによってパラメーターを変化させます。

 

 

〔MODULATION WHEEL〕

モジュレーションホイールによってパラメーターを変化させます。

 

 

〔KEYBOARD TRACKING〕

演奏の音域によってによってパラメーターを変化させます。

 

 

Arturia Prophet 5 V エフェクトを使おう!
 

 

 

【EFFECTS】では

 


【FX TYPE】Time Based(空間系:4種類)

〔Delay〕〔Tape Echo〕〔PS Delay〕〔Reverb〕

 

 

【FX TYPE】Distortion(歪み系:2種類)

Distortion〕〔Bit Crusher〕

 

 

【FX TYPE】Compressor(コンプ系:2種類)

〔Compressor〕〔Multi Band〕

 

 

【FX TYPE】Modulation(揺らぎ系:6種類)

〔Chourus〕〔Chours JUN6〕〔Streo Pan〕

〔Phaser〕〔Flanger〕〔BE-20 Flanger〕

 

 

【FX TYPE】Filter(音質系:2種類)

〔Multi Filter〕〔Param EQ〕

 

 

 の16種類3系統のエフェクターの使用が直列 / 並列で使用可能です。

 

 

今回のV-COLLECTIONで追加されたKORG MS-20 Vと同じですね。

 

 

 

 

空間系から汚し系まで揃ってますが

 

 

くりっぱーがいちばん気に入ったのは〔Multi Filter〕です。

 

 

本来Prophet 5はローパスフィルターのみなのですが、ハイパス、バンドパス、コムフィルターと多彩なフィルタリングが可能になります。

 

 

さらにマルチバンドコンプで持ち上げれば現代的なサウンドとしても十分通用すると思います、

 

 

Arturia Prophet 5 V コントローラーを使おう!
 

 

 

 

これだけのサウンド作りが可能になると

 

 

…やはりつまみやスライダーでフィジカルに操作したいところ笑

 

 

右上のセッティングMIDILeanをクリックして

 

 

コントローラーの任意の操作子を動かすだけ完了です。

 

 


 

 

Arturia PROPHET V その3 ~Advanced編~ ブログ連動動画
 

 

ARTURIA Prophet 5 V アートリア プロフェット 操作方法 

その3 ~Advanced編~|初心者でもわかる 解説

 

 

 

 

Arturia PROPHET V  その3 ~Advanced編~ まとめ
 
 
もともとアナログシンセサイザーとして完成されていたProphet 5ですが
 
 
今回Prophet 5 Vとして単品としてリビルドされてシンセサイザーとしての純度がさらに高まった感じですね。
 
 
Prophet 5の再現としてクラシックなシンセサイザーサウンド作りはもちろん、ARTURIAさんならではのAdvanced機能を駆使すれば現代的なサウンドメイクも可能です。
 
 

 
…そしてやはり40年以上前にこの完成されたシンセサイザーを開発したデイヴ・スミス氏はまさにシンセサイザー預言者だったと思います。
 
 
シンセパッドとかポリモジュレーションを駆使したサウンドとか作って使っていきたいですね^^
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 
 

 

 

Arturia Prophet 5 V くりっぱーチャンネル 再生リスト
 

 

ARTURIA Prophet 5 V くりっぱーチャンネル 再生リスト

 

 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com