くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ARTURIA Prophet VS V アートリア プロフェット 操作方法 その2 ~Vector編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

  

 

Arturiaさんのプラグインソフトウェアの

 

 

Prophet VS Vの動画連動ブログです。

 

 

Arturia Prophet VS V その2 ~Vector編~ ブログ連動動画
 

 

ARTURIA Prophet VS V アートリア プロフェット 操作方法 

その2 ~Vector編~|初心者でもわかる 解説

 

 

 

 


 

 

 

 

は単品購入の他V-COLLECTION 9にもバンドルされています。

 

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com



 

Arturia PROPHET VS VV COLLECTION 9にバンドルされています。

 

 

www.arturia.com

 

 

 


 

  

 

 


 

 

今回はARTURIA Prophet VS V

 

 

ベクターシンセシスの基礎操作的なについて。

 

 

ARTURIA Prophet ベクターシンセシスとは?
 

 

 

 

「ベクトルシンセシスとはABCD4つのスロットのデジタルオシレーターを読み込んでジョイスティックで動かすことによって各オシレーターのミックス比をコントロールするというシンセシスです。

 

 

ジョイスティックの方向(ベクトル)をコントロールすることによってウェーヴテーブル音源とはまた違った音の変化を得ることが可能です。

 

 

 

 

ARTURIA Prophet VS VではオリジナルのProphet VSの波形に加えてさまざまなオシレーターを読み込むことも可能です。

 

 

 

 

さらにユーザーサンプルも波形として読み込むことも可能です。

 

 

…があくまでオシレーター波形として短い波形の周期のみっぽいのでいわゆるループものとかフレーズまるごととかは無理みたいですね。

 

 

 

 

デジタルオシレーター〔FREQ〕〔FINE〕でピッチのコントロールが可能です。

 

 

各デジタルオシレーターの度数やオクターブを変えてベクトルミックスするとイイ感じのサウンドになりますね^^

 

 

ARTURIA Prophet  ベクトルをエンベロープでコントロールしよう!
 

 

 

 

ベクトルのミックスはジョイスティックの直接コントロールの他に【ENVELOPE GROUP】〔MIX〕で時間的に変化させることが可能です。

 

 

 

 

ARTURIAさんのおなじみの拡張機能【Advanced】モードでより細かい設定が可能です。

 

 

〔START〕〔OSC 1 ~ 4〕のそれぞれポイントで

 

 

〔TIME〕(長さ)

〔X軸〕(横の位置)

〔Y軸〕(縦の位置)

 

 

の設定をします。

 

 

 

 

各ポイントはループ〔START〕〔END〕で可能です。

 

 

通常ループと前後ループの繰り返しが可能です。

 

 

 

 

〔RATE MULTI.〕でミキサーエンベロープ全体の長さを設定します。

 

 

Hertz、各シンクで設定可能です。

 

 

 

 

〔RATE MULTI. / SYNC〕が「1」だと一小節分の周期といった感じですね。

 

 

〔RATE MULTI.〕〔SYNC〕の時はループ再生が通常ループのみみたいですね。

 

 


 

 

Arturia Prophet VS V その2 ~Vector編~ ブログ連動動画
 

 

ARTURIA Prophet VS V アートリア プロフェット 操作方法 

その2 ~Vector編~|初心者でもわかる 解説

 

 

 

 

ARTURIA Prophet VS V  その2 ~Vector編~ まとめ
 
 
ベクトルシンセシスのキモはまずABCD4つのオシレーター
 
 
「何のデジタル波形を選択するか」
 
 
が重要だと思います。
 
 
ウェーヴテーブルシンセシスが波形の集合体(ウェーブテーブル)の読み出し位置をコントロールしてさまざまなサウンドを鳴らすのに対して、ベクトルシンセシスは波形そのものをミックスしてサウンドを鳴らすという感じですね。
 
 
ジョイスティックで直接コントロールして変化させるのも楽しいですが、今回やったエンベロープによる時間的変化によってさらに複雑で奥行きのあるサウンドになりますね。
 
 
さらにAdvancedモードの【MODULATION】機能でさまざまな変調をかけることも可能です。
 
 
ABCDオシレーターの度数やオクターブを変えるテクニックは現行ハードで持ってるKORG wavestateでも試してみたいなって思いました^^
 
 
 
 
次回はARTURIA Prophet VS V拡張機能【Advanced】モードについてやっていきます。
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 
 

 

 

 

ARTURIA Prophet VS V くりっぱーチャンネル 再生リスト

 

 

ARTURIA Prophet VS V くりっぱーチャンネル 再生リスト

 

 

 

  

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com