くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

KORG Collection Prophecy コルグ コレクション プロフェシー その1 ~基礎操作編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説【0からはじめるギタリストのためのシンセサイザー】 

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

音楽誌「Player」さんとの連動企画

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210202043126j:plain

 

   

player.jp


 

今回の【0からはじめるギタリストのためのシンセサイザー】 

 

 

ではKORG Collection Prophecy

 

 

を取り上げさせていただきました。

 

 

KORG Collection Prophecy その1 ~基礎操作編〜 ブログ連動動画

 

 

KORG Collection Prophecy コルグ コレクション プロフェシー

その1 ~基礎操作編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説

【0からはじめるギタリストのためのシンセサイザー】 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211004030916j:plain

 

 


 

 

KORG Collection Prophecy

 

 

単体での購入の他、

 

 

KORG Collection 3にも収録されています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210805042645p:plain

 

 

www.korg.com

 

 

 


 

 

 今回はKORG Collection Prophecy

 

 

基本的な操作について。

 

 

KORG Collection Prophecy(プロフェシー)とは?

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210910074931j:plain

 
 
Prophecyプロフェシー
 
 
KORGさんが1995年に発売した
 
 
 
 
当時はPCM(サンプリング)音源が全盛でしたが
 
 
限界が見え始めてたころ
 
 
Clavia DMINord Leadを発表したり、
 
 
シンセサイザーシーンは一気にモデリングに進みました。
 
 
モデリング音源はサンプルを鳴らすとかではなくて
 
 
DSPの演算によってサウンドを生成する音源です。
 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210730042717p:plain

 

 

KORG Collection Prophecy

 

 

MOSS(Multi-Oscillator Synthesis System)音源を再現して

 

 

5タイプ合計で7種類のオシレーター・モデルを搭載しています。

 

 

MOSS音源はシンセサイザーオシレーターだけでなく
 
 
金管木管楽器や弦楽器などの物理的な楽器を再現する
 
 
フィジカルモデリングを搭載しているのも大きな特徴です。
 
 
オリジナルのProphecyは
 
 
「ソロ・シンセサイザー」なので
 
 
モノフォニックの発音のみですが
 
 
出音の良さで
 
 
Rick Wakeman、 Joe Zawinul
 
 
 
 
キーボーディスト系からテクノ系まで
 
 
幅広いミュージシャンに根強い人気がありました。
 
 
KORG Collection Prophecyでは
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20211004031526j:plain

 
 
【VOICE PROGRAM SETTING】
 
 
ポリフォニックの発音に設定することが可能です。
 

 

KORG Collection Prophecy  モデリングオシレーターを使おう!

 

 

KORG Collection Prophecy

 

 

シンセオシレーターから物理モデリング

 

 

7種類のオシレーターを使用可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211004031738j:plain

 

 

【Standard OSC】

パルス幅をコントロールしてサウンドを変化させる「PWM」を拡張してパルス波のみではなくノコギリ波や矩形波の幅をコントロール可能な「ウェーヴフォームモジュレーション」が可能です。

 

 

【Comb Filter OSC】

コムフィルターへの入力をフィードバックして音色変化させるオシレーターです。

 

 

【VPM OSC】

キャリアーとモジュレーターの変調のいわゆるFM音源です。

 

 

【Modulation OSC】(OSC 2のみ)

OSC1、フィードバック、ノイズに対してRING / CROSS / SYNCからひとつを選んで変調します。

 

 

Physical Modeling

f:id:Marronfieldsproduction:20211004032819j:plain

 

 

【Brass Model】

トランペット、トロンボーンなどの金管楽器をシミュレートしたオシレーターです。

マウスピースへ吹き込む強さをコントロール可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211004032840j:plain

 

 

【Reed Model】

サックス、フルートなどの木管楽器をシミュレートしたオシレーターです。

マウスピースへ吹き込む強さをコントロール可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211004032859j:plain

 

 

【Pluck OSC】

ギター、ベースなどの撥弦(はつげん)楽器をシミュレートしたオシレーターです。

弦を弾くアタック波形や弦を弾く位置などのコントロールが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211004072037j:plain

 

 

【M】【L】をクリックすると

 

 

モジュレーションのわりあてが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211004071928j:plain

 

 

【WAVE SHAPE】

波形を変形させて元の波形にはないレゾナンスや歪んだサウンドにすることが可能です。

 

 

さらに

 

 

【SUB】でサブオシレーター

 

 

【NOISE】でノイズを追加することが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211004072602j:plain

 

 

2系統の【MIXER】で各信号をミキシングします。

 

 

KORG Collection Prophecy シンセサイズしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211004072800j:plain

 

 

【FILTER】

 

 

THRU / LPF / HPF / BPF / BRF

 

 

2系統同時に扱えるので幅広いフィルタリングが可能です。 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211004073054j:plain

 

 

【EG】(エンベロープジェネレーター)

カーヴを作成して各パラメーターに時間的変化をあたえます。

 

 

LFO】(Low Frequency Oscillator)

低い周波数のオシレーターで各パラメーターに周期的な変化をあたえます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211004073729j:plain

 

 

【EG】【LFOはそれぞれ4つ

 

 

さらに〔PITCH〕(音程)〔AMP〕(音量)

 

 

専用の【EG】【LFOがあります。

 

 

KORG Collection Prophecy エフェクトを使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211004073433j:plain

 

 

【FX】(エフェクト)

 

 

【DIST】【WAH】【EQ】【DELAY】【CHO / FLG】【REVERB】

 

 

の6系統使用可能です。

 

 

KORG Collection Prophecy アルペジエーターを使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211004074110j:plain

 

 

現代のシンセサイザーでは定番の

 

 

押さえたノートをさまざまな順番で鳴らして

 

 

分散和音も可能なアルペジエーターの機能ですが

 

 

KORG Collection Prophecyでは〔Pat〕を選択すると

 

 

音階、ゲート、ベロシティなどをコントロールして

 

 

ステップシーケンサーのような自動演奏も可能です。

 

 

KORG Collection Prophecy プリセットを使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211005033236j:plain

 

 

かなり複雑な音作りが可能なProphecyですが

 

 

サウンドのテンプレートも用意されているので

 

 

そこからはじめてみるのもいいかも知れませんね。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211005033530j:plain

 

 

プリセットのサウンド

 

 

〔BANKS〕〔CATEGORIES〕

 

 

素早く目的のサウンドを探すことが可能です。

 

 

オリジナルのProphecyのファクトリーサウンドに加え、

 

 

当時別売りの拡張カードだった

 

 

アナログシンセを再現や新アコースティック音源を収録した

 

 

PHC-11 / PHC-12のサウンドも選択して使用可能です。

 

 


 

 

KORG Collection Prophecy その1 ~基礎操作編〜 ブログ連動動画

 

 

KORG Collection Prophecy コルグ コレクション プロフェシー

その1 ~基礎操作編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説

【0からはじめるギタリストのためのシンセサイザー】 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211004030916j:plain

 

 

KORG Collection Prophecy  その1 ~基礎操作編〜 まとめ

 

 

MOSS音源はずっとソフトウェア化を望んでいたので

 

 

いよいよ来たかっ!!!!!

 

 

って感じですね^^

 

 

せっかくポリフォニックできるのだから

 

 

ポリフォニックのプリセットも欲しかったですね。

 

 

個人的には文字の表示が細かい気もしますが(^^;

 

 

ほとんどのパラメーターをすぐに確認できるので

 

 

慣れれば音作りしやすいと思います。

 

 

ProphecyのMOSS音源は

 

 

アナログシンセサイザーとも

 

 

PCMシンセサイザーとも

 

 

また違う独特の質感のあるサウンドです。

 

 

Prophecy自体もともとは

 

 

(ソロ)リードシンセサイザーですが、

 

 

ソフトウェア版はポリフォニックも可能なので

 

 

ロック、ジャズ、エレクトロニック系まで

 

 

さまざま楽曲に対応できると思います。

 

 

1995年といえば

 

 

くりっぱーがシンセサイザーを買ってまもない頃でした。

 

 

KORG Prophecyは友達が持ってて

 

 

よく遊ばせてもらったけど

 

 

当時くりっぱーが持ってたPCMシンセサイザー

 

 

YAMAHA EOS B700KORG 05R/Wとは

 

 

「全然違う新しい音がするなー!」

 

 

って印象でした笑

 

 

当時のシンセサイザーはだいたい

 

 

61鍵盤でボタンが並んでるって感じでしたが

 

 
KORG Prophecyは37鍵盤につまみが並んでて
 
 
そういう見た目とかもインパクトありましたね。
 
 
フィジカルモデリング音源といえば
 
 
「ヴァーチャル・アコースティック・シンセサイザーとして
(当時はヴァーチャルというのが流行ってたかも笑)
 
 
1993年にYAMAHAさんがVL-1という
 
 
シンセサイザーをいち早く発売していました。
 
 
 
 
VL-1も「ソロ・シンセサイザー」的な位置づけでしたが
 
 
価格も¥470,000だったので「ザ・プロの楽器」という感じでした。
 
 
そういう意味ではProphecyは当時¥128,000だったので
 
 
プロ以外のアマチュア
 
 
モデリングシンセサイザーの普及に貢献したと思います。
(友達が買えるくらいだし笑)
 
 
また当時はテクノロジーの進歩と共に
 
 
シンセサイザーサンプラーが新しいのが出てきて
 
 
エレクトロニックミュージックも
 
 
どんどん発展して様々なジャンルや表現が生まれました。
 
 
その時代にKORGさんが投じた
 
 
Prophecyというシンセサイザー
 
 
あの頃のシンセサイザー
 
 
音楽のワクワク感を思い出させてくれるシンセサイザーです。
 
 
その後MOSS音源はパワーアップして
 
 
ポリフォニック化して
 
 
 
Z1というシンセサイザーが発売されました。
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20210730044710j:plain


 
モノフォニックだったProphecyに対して
 
 
Z1は12ボイス(最大18ボイス)にパワーアップして
 
 
ピアノやオルガンのモデリングも追加されました。
 
 
若かりしくりっぱーはこのZ1を持ってましたが
 
 
音楽もシンセも今以上に
 
 
まだまだ全然未熟だったので
 
 
モデリングとかあんまり理解できずに
 
 
適当に使ってましたね(^^;
 
 
でも音は好きでライブでもよく使ってました。
 
 
Z1以降、MOSS音源自体は技術は拡張ボードになり
 
 
 
 
TRINITY / TRITON / KARMA
 
 
に搭載可能でした。
 
 
TRITON / KARMA使ってたときも
 
 
MOSS音源ボード買って挿してました。
(…たいして使えなかったのにどんだけMOSS好きなんだよっ!笑)
 
 
ProphecyのMOSS音源とはまた仕様が違いますが、
 
 
そんなことを振り返りながら
 
 
KORG Collection Prophecyを使っていこうと思います笑
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 

player.jp

 

 

www.korg.com

 

 

KORG Collection Prophecy  くりっぱーチャンネル 再生リスト

 

 

KORG Collection Prophecy くりっぱーチャンネル 再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211005041909j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com