くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法 その5 ~ASSIGN編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

ArturiaさんのV-Collectionにも収録されている

 

 

プラグインCMI Vの動画連動ブログです。

 

 

Arturia CMI V その5 ~ASSIGN編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その5 ~ASSIGN編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210225061017j:plain

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 Arturia CMI Vは1979年にオーストラリア・シドニー

 

 

フェアライト社から発売された

 

 

Fairlight (フェアライト)CMI

 

 

という初期のデジタルサンプラー

 

 

プラグイン・ソフトウェア化したものです。

 

 


 

 

今回は各パラメーターにマッピングして

 

 

コントロールする機能【ASSIGN】

 

 

基本的な操作についての解説です。

 

 

Arturia CMI V ASSIGNでマッピングしよう!

 

 

【ASSIGN】

 

 

CMIのモジュレーションマトリクス的な

 

 

マッピング / わりあてをするセクションです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210225051339j:plain

 

 

【ASSIGN】〔CONTROLS〕

 

 

〔MAP〕をクリックして黄色く表示させてから

 

 

コントロールしたいパラメーターの%値を上げます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210225051424j:plain

 

 

【ASSIGN】〔CONTROLS 1〕

 

 

【EVOLUTION】〔CENTER〕マッピングされてる状態です。

 

 

キーボードの左側のスライダーを動かすと

 

 

【EVOLUTION】〔CENTER〕の値が変化します。

 

 

Arturia CMI V MIDIキーボードにわりあてしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210225052322j:plain

 

 

ARTURIAさんのV-COLLECTION共通ですが

 

 

右上のMIDIのマークをクリックして

 

 

コンピューターと接続されている

 

 

MIDIコントローラーを動かすだけで

 

 

かんたんにMIDIコントローラーへのマッピングが可能です。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Novation Launchkey 49 MK3
価格:26620円(税込、送料別) (2021/2/25時点)

楽天で購入

 

 

ちなみにくりっぱーはNOVATIONさんのLaunch Key49

 

 

というMIDIキーボードを使用しています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210225053137j:plain

 

 

やっぱりリアルタイムかつフィジカルにパラメーターをいじるのは楽しいですね♪

 

 

Arturia CMI V サンプルのパラメーターをコントロールしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210225053628j:plain

 

 

【SAMPLING】モードにして

 

 

同じように〔CONTROLS〕MIDIコントローラーに

 

 

変化させたいパラメーターをマッピングします。

 

 

使い古された笑オケヒットのサンプルも

 

 

前衛的な?サウンドになるかも笑

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210225054150j:plain

 

 

サンプルを変えれば、もちろんサウンドも変わりますので

 

 

プリセットやドラッグによるユーザーサンプルなど

 

 

いろいろなサンプルを試してみてください♪

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210225054650j:plain

 

 

【Convert To Synthesis】で加算ハーモニクス波形にしても

 

 

面白い感じになります。

 

 

Arturia CMI V FUNCTIONSでモジュろう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210225054943j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210225055023j:plain

 

 

FUNCTIONSはA ~ Fの6つの波形やカーヴを使って

 

 

サンプルやデジタル波形の時間的コントロールをしたり揺らしたりします。

 

 

CMI Vにおけるモジュレーション的な機能ですね。

 

 

詳しくは次回の動画で取り上げますね。

 

 

Arturia CMI V スイッチ、各種MIDIコントロールをしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210225055554j:plain

 

 

〔CONTROLS〕と同様に

 

 

【ASSIGN】〔SWITCHES〕

 

 

メイン画面のキーボードの左の6つのスイッチは連動しています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210225055821j:plain

 

 

【ASSIGN】〔MIDI

 

 

・VELO:ベロシティ

・AT:アフタータッチ

・KBD:キーボード

・MW:モジュレーションホイール

・EXP:エクスプレッション

・SUS:サスティン

 

 

MIDIコントロールにそれぞれマッピングします。

 

 


 

 

Arturia CMI V その5 ~ASSIGN編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その5 ~ASSIGN編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219042601j:plain

 

 

Arturia CMI V その5 ~ASSIGN編~ まとめ

 

 

 DAW / DTM環境で制作されてる人は
 
 
MIDIコントローラーを持ってる方も多いと思うので
 
 
今回の【ASSIGN】機能で
 
 
いろいろMIDIコントローラーにマッピングして
 
 
リアルタイムにいじくるとめっちゃ楽しいのでおすすめです。
 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Novation Launchkey 49 MK3
価格:26620円(税込、送料別) (2021/2/25時点)

楽天で購入

 

 

NOVATIONさんのLaunch Key49

 

 

25鍵盤からありますし、使い勝手よくておすすめですよ^^

 

 
ではまた次回! 
 
 

 

 

 

 

Arturia CMI V その5 ~ASSIGN編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その5 ~ASSIGN編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210225061017j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

Youtube KURIPPER MACHINE MUSIQ

 

 

KURIPPER MACHINE MUSIQ】再生リスト

 

 

ハードウェア / アプリ等の一発録音のマシンライブ演奏を公開しています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224043540j:plain

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法 その4 ~SPECTRAL SYNTH編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

ArturiaさんのV-Collectionにも収録されている

 

 

プラグインCMI Vの動画連動ブログです。

 

 

Arturia CMI V その4 ~SPECTRAL SYNTH編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その4 ~SPECTRAL SYNTH編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224025703j:plain

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 Arturia CMI Vは1979年にオーストラリア・シドニー

 

 

フェアライト社から発売された

 

 

Fairlight (フェアライト)CMI

 

 

という初期のデジタルサンプラー

 

 

プラグイン・ソフトウェア化したものです。

 

 


 

 

今回はARTURIA CMI V

 

 

加算ハーモニクスの合成機能【SPECTRAL SYNTH】

 

 

の基本的な操作についての解説です。

 

 

Arturia CMI V SPECTRAL SYNTHとは

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224030938j:plain

 

 

SPECTRAL SYNTHとは

 

 

32の倍音の形状をコントロールする

 

 

加算ハーモニクスの合成機能です。

 

 

前回の【TIME SYNTH】は32の倍音ひとつずつに

 

 

エンベロープを描いていく感じでしたが

 

 

SPECTRAL SYNTHは4つのパラメーターのみでコントロールします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224032019j:plain

 

 

いままでの【SAMPLING】【TIME SYNTH】

 

 

【EVOLUTION】のパラメーターは共通でしたが

 

 

SPECTRAL SYNTHのみEDITモードがなく、独自の

 

 

パラメーターでコントロールします。

 

 

 

Arturia CMI V 倍音をコントロールしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224032137j:plain

 

 

〔CENTER〕

真ん中から値が大きくなっていき倍音の最大値を設定します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224034039j:plain

 


〔SPREAD〕

〔CEMTER〕付近の倍音のレベルを設定します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224034945j:plain

 


〔BIAS〕

〔CENTER〕で上がったレベルを値によって←→方向によせます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224035126j:plain

 


〔FUND BOOST〕

基本音色(ファンダメンタル)のレベルを設定します。

 

 

WAVETABLE VOICE〕

Harmonics

・12bit Sine

・4bit Sine

・8bit Sine

・SAW

・Sine

・Square

 

 

Wavetables

・Metalizer

・PWM

・Square Cutoff

・Ultrasaw

 

 

の中から基本波形を選択します。

 

 

実際音を出して聴きくらべてみてください♪

 

 


 

 

Arturia CMI V その4 ~SPECTRAL SYNTH編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その4 ~SPECTRAL SYNTH編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224025607j:plain

 

 

Arturia CMI V その4 ~SPECTRAL SYNTH編~ まとめ

 

 

SPECTRAL SYNTH】機能は
 
 
波形を選んで4つのパラメーターで
 
 
倍音をコントロールするだけなので
 
 
【TIME SYNTH】 よりはシンプルですし、
 
 
音程で波形のスピードが変わるわけではないので
 
 
こちらの方がよりデジタルシンセサイザーっぽいですね。
 
 
他のモードと同様に
 
 
【EVOLUTION】以降の音作りの流れは
 
 
いわゆるシンセサイザーの音作り、
 
 
ピッチやフィルターやエンベロープです。
 
 
【SAMPLING】【TIME SYNTH】で基本的な音を作って
 
 
【SPECTRAL SYNTH】を重ねたりすると
 
 
厚みのあるサウンドになりそうですね♪
 
 
正直ARTURIA CMI Vを使うまでは
 
 
FAIRLIGHT CMIにこういう機能があるなんて
 
 
具体的には理解してませんでした。
 
 
実機に触れる機会なんでありませんし(^^;
 
 
自分が影響を受けたアーティストやプロデューサーが
 
 
「こんな感じで音作りしてたのかー!」
 
 
とか考えると胸アツですね☆
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 

 

 

Arturia CMI V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

 Arturia CMI V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219063041j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

Youtube KURIPPER MACHINE MUSIQ

 

 

KURIPPER MACHINE MUSIQ】再生リスト

 

 

ハードウェア / アプリ等の一発録音のマシンライブ演奏を公開しています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224043540j:plain

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法 その3 ~TIME SYNTH編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

ArturiaさんのV-Collectionにも収録されている

 

 

プラグインCMI Vの動画連動ブログです。

 

 

Arturia CMI V その3 ~TIME SYNTH編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その3 ~TIME SYNTH編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223072935j:plain

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 Arturia CMI Vは1979年にオーストラリア・シドニー

 

 

フェアライト社から発売された

 

 

Fairlight (フェアライト)CMI

 

 

という初期のデジタルサンプラー

 

 

プラグイン・ソフトウェア化したものです。

 

 


 

 

今回はARTURIA CMI V

 

 

基本的な操作の解説です。

 

 

Arturia CMI V TIME SYNTHとは?

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223104333j:plain

 

 

TIME SYNTHとは

 

 

最大32の倍音エンベロープを描いて

 

 

加算合成でデジタル波形を作成する機能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223104521j:plain

 

 

【TIME SYNTH】モード時に【EDIT】を選択すると

 

 

TIME SYNTHのエディットモードに入ります。

 

 

1~32の各スロットを選択して

 

 

ポイントを作成して倍音エンベロープを描きます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223104750j:plain

 

 

【EVOLUTION】のループの設定で音が出ない場合もありますので

 

 

音が出ない場合はループの設定を見直すと良いかもしれません。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223105049j:plain

 

 

1~32の各スロットの倍音エンベロープ

 

 

増やすと複雑な波形になっていきます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223105532j:plain

 

 

「ひとつずつ倍音エンベロープ書いていくのめんどいっ!」

 

 

というぼくのような面倒くさがりな人間のために笑

 

 

【WAVE ENVELOPE】〔COPY〕〔PASTE〕機能もあります!

 

 

やり方はかんたんで

 

 

コピーしたいもとの倍音スロットで

 

 

【WAVE ENVELOPE】〔COPY〕をクリックして

 

 

コピーしたい倍音スロットで

 

 

【WAVE ENVELOPE】〔PASTE〕をクリックします。

 

 

Arturia CMI V 倍音の設定をしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223110205j:plain

 

 

【SEGMENTS】でサンプルに使うセグメントを設定します。

 

 

マニュアルには1~7999まで設定可能と書いてありますが

 

 

1~10500まで?設定可能です。

 

 

【SEGMENTS】の数値を変更すると倍音エンベロープもリセットされるので注意してください。

 

 

【NOMALIZE】でセグメントのレベルを上げます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223111433j:plain

 

 

WAVETABLE VOICE】

Harmonics

・12bit Sine

・4bit Sine

・8bit Sine

・SAW

・Sine

・Square

 

 

Wavetables

・Metalizer

・PWM

・Square Cutoff

・Ultrasaw

 

 

倍音表現に使用する波形を選択します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223111820j:plain

 

 

【TIME SYNTH】で作成した波形は

 

 

【Convert To Sample】でサンプル波形で書き出し可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223110913j:plain

 

 

作成した波形は【SAMPLING】と同様に

 

 

【2D / 3D】表示することが可能です。

 

 

Arturia CMI V 作成した波形をコントロールしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223111128j:plain

 

 

 

 【TIME SYNTH】

 

 

【SAMPLING】と同じく【EVOLUTION】でコントロールします。

 

 

ループの設定などのパラメーターは【SAMPLING】と同じです。

 

 

Arturia CMI V サンプル波形をTIME SYNTH波形に変換しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223112109j:plain

 

 

さらにARTURIA  CMI Vの面白い機能で

 

 

サンプル波形を解析して

 

 

【TIME SYNTH】の加算ハーモニクス波形に変換する

 

 

【Convert To Synthesis】機能があります。

 

 

【Filter】分析プロセスから高次倍音を除去するために使用します。(0~7)

 

 

デフォルト設定の2を使用するのがおすすめだそうです。

 

 

【Channel】信号L、RまたはL + Rのチャンネルを選択します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223113443j:plain

 

 

〔ANALYSE!〕ボタンを押すと

 

 

サンプルが【TIME SYNTH】の加算ハーモニクス波形に変換されます。

 

 


 

 

Arturia CMI V その3 ~TIME SYNTH編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その3 ~TIME SYNTH編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223072935j:plain

 

 

Arturia CMI V その3 ~TIME SYNTH編~ まとめ

 

 

Fairlight (フェアライト)CMIというと
 
 
ザ!元祖サンプラー!!!!!!
 
 
というイメージが強いですが
 
 
ARTURIA CMI Vをじっくり使ってみて
 
 
こんな面白い波形合成機能もあったんだなーと
 
 
改めて思いました♪
 
 
ARTURIA CMI VならDAW / DTMの環境で
 
 
プラグインとして手軽に使えますし良いですよね ^^
 
 
サンプルを入れて Fairlight CMIの質感を楽しむのも良いですし、
 
 
【Convert To Synthesis】機能で
 
 
サンプルを解析して加算ハーモニクス波形にしてしまうのも
 
 
面白い機能だなと思いました^^
 
 
いろいろ遊べそうな感じですね。
 
 
ぜひいろいろやってみてください♪
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 

 

 

Arturia CMI V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

 Arturia CMI V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219063041j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法 その2 ~SAMPLING編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

ArturiaさんのV-Collectionにも収録されている

 

 

プラグインCMI Vの動画連動ブログです。

 

 

Arturia CMI V その2 ~SAMPLING編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その2 ~SAMPLING編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222033910j:plain

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 Arturia CMI Vは1979年にオーストラリア・シドニー

 

 

フェアライト社から発売された

 

 

Fairlight (フェアライト)CMI

 

 

という初期のデジタルサンプラー

 

 

プラグイン・ソフトウェア化したものです。

 

 


 

 

今回はARTURIA CMI V

 

 

メインの機能【SAMPLING】

 

 

基本的な操作についての解説です。

 

 

Arturia CMI V サンプリングをエディットしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222034024j:plain

 

 

Arturia CMI Vは1つのプログラムにつき

 

 

10のスロットにサンプル / デジタル波形を入れて

 

 

音を鳴らすことが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222034521j:plain

 

 

ARTURIA CMI Vは2D / 3Dでサンプルの表示が可能です。

 

 

サンプルをエディットするには

 

 

【CONTROL】のとなりの【EDIT】のセクションに入ります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222034751j:plain

 

 

【EDIT】〔Reverse〕

サンプルを逆再生します。

 

 

【EDIT】〔Invert〕

サンプルの位相を逆にします。

 

 

【EDIT】〔Gain〕

サンプルの音量レベルをコントロールします。

 

 

【EDIT】〔BitDepth〕

サンプルのビットデプスをコントロールします。

低い数値にするほど粗いサウンドになります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222035319j:plain

 

 

 

【SAMPLING OPTIONS】〔SamplingRate〕

サンプルの音質を設定します。

 

 

〔AutoSet〕を押すと自動でCMI Vが音質を設定します。

 

 

【SAMPLING OPTIONS】〔Filter Low〕

サンプルのハイパスフィルターをコントロールします。

 

 

【SAMPLING OPTIONS】〔Filter High〕

サンプルのローパスフィルターをコントロールします。

 

 

↑なんか逆な気もするんですが、、、そんな感じです(^^;

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222035904j:plain

 

 

【CONVERT TO SYNTHESIS】については

 

 

次回の『TIME SYNTH』でやります。

 

 

Arturia CMI V サンプルをコントロールしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222040130j:plain

 

 

【CONTROL】のセクションに戻って

 

 

サンプルをコントロールします。 

 

 

【EVOLUTION】以外は3つのMODEで共通です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222040418j:plain

 

 

【EVOLUTION】〔SMPL START〕

ノートオンした時のサンプルのスタート位置を設定します。

 

 

【EVOLUTION】〔SMPL LENGTH〕

サンプルの再生の長さを設定します。

 

 

【EVOLUTION】〔LOOP ON〕

サンプルのループ(繰り返し)再生をオンにします。

 

 

【EVOLUTION】〔B / F LOOP〕

サンプルの前後ループ再生をオンにします。

 

 

【EVOLUTION】〔LOOP START〕

サンプルのループのスタート位置を設定します。

 

 

【EVOLUTION】〔LOOP LENGTH〕

サンプルのループ再生の長さを設定します。

 

 

楽器の持続音なんかを再現するには

 

 

このループポイントと長さの設定が重要になります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222041118j:plain

 

 

【TUNE / FILTER】〔OCT / SEMI / FINE〕

オクターブ、セミトーン、ファインで各ピッチをコントロールします。

 

 

【TUNE / FILTER】〔FILTER〕

サウンドの明るさをコントロールします。

 

 

【TUNE / FILTER】〔VOICE LEVEL〕

サウンドの音量をコントロールします。

 

 

【TUNE / FILTER】〔AUX SEND〕

エフェクトのセンドの量をコントロールします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222043023j:plain

 

 

【ENVELOPE】〔ATTACK〕

音の立ち上がるまでの時間をコントロールします。

 

 

【ENVELOPE】〔DAMP 1 /2〕

DAMPINGのモードを選択します。

 

 

【ENVELOPE】〔DAMPING 1 /2〕

DAMPING 1: キーリリースから無音までの信号の最終ディケイタイムを決定します。

 


DAMPING 2:キーリリースから無音への信号の代替ディケイタイムを決定します。

 

 

【ENVELOPE】〔TRIG〕

DAMPINGを無視してサンプルを鳴らします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222043814j:plain

 

 

【VIBRATO】〔VIB DEPTH〕

サンプルのピッチを揺らす量をコントロールします。

 

 

【VIBRATO】〔VIB DEPTH〕

サンプルを揺らすスピードをコントロールします。

 

 

【VIBRATO】〔VIB DELAY〕

値を上げるとビブラートのかかり始めが遅くなります。

 

 

【VIBRATO】〔VIB ATTACK〕

〔VIB DELAY〕の後にLFOがフェードインするまでの時間を設定します。

 

 

【VIBRATO】〔VIB > FILTER〕

ビブラートをフィルターにかける量をコントロールします。

 

 

【VIBRATO】〔VIB > LEVEL〕

ビブラートをAux Returnレベルに適用します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222044522j:plain

 

 

【PORTA / BEND】〔PORTAMENTO〕

ポルタメントを有効にします。これにより、最後に再生されたノートと新しいノートとの間で直線的なピッチグライドが可能になります。

 

 

【PORTA / BEND】〔GLISSANDO〕

グリッサンドを有効にします。ここでは、ポルタメントは半音に量子化されています。

 

 

【PORTA / BEND】〔SPEED〕

ポルタメントグリッサンドのスピードを設定します。

 

 

【PORTA / BEND】〔CONST TIME〕
有効にすると、次のピッチに到達する時間が一定になります。もしくは、ピッチ/時間は一定になります。それぞれのグライドが同じレートでピッチ変更行うか、各グライドが最終的なピッチに達するのに同じ時間かかるかを決定します。

 

 

【PORTA / BEND】〔BENDWIDTH〕

ピッチベンドの範囲を設定します。

 

 

Arturia CMI V 内蔵サンプルを読み込もう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222045247j:plain

 

 

サンプルを切り替えるには【BROWSE】の画面にいきます。

 

 

任意のスロットで各サンプルをダブルクリックすると

 

 

サンプルが読み込まれます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222045543j:plain

 

 

スロットを切り替えて最大10のサンプルを読み込むことが可能です。

 

 

Arturia CMI V オーディオファイルをサンプルとして読み込もう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222045754j:plain

 

 

オーディオファイルユーザーサンプルとして追加するには

 

 

オーディオファイルを1~10のスロットにドラッグします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222050058j:plain

 

 

追加したユーザーサンプルは

 

 

【TUNE / MAP】でルートキーや各種を設定します。

 

 

Arturia CMI V 読み込んだサンプルをエディットしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222050817j:plain

 

 

 

ルートキーからオクターブのキーで

 

 

テンポが半分 / 倍になります。

 

 

サンプルの音程も変わります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222051228j:plain

 

 

フレーズサンプルをオクターブ上下で鳴らすと

 

 

そのサンプラーの質感になるので

 

 

ハードのサンプラー使ってた昔からよくやってました。

 

 

逆に倍にしたい場合は

 

 

あえてピッチを1オクターブ下げてテンポ半分にした

 

 

サンプル素材を用意したりとかやってましたねー!(懐)

 

 


 

 

Arturia CMI V その2 ~SAMPLING編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その2 ~SAMPLING編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210222033910j:plain

 

 

Arturia CMI V その2 ~SAMPLING編~ まとめ

 

 

FAIRLIGHT CMIも当初は

 

 

「夢のデジタルワークステーション

 

 

でしたが、さすがに40年以上も前なので

 

 

FAIRLIGHT CMI自体が大昔のマシンなので

 

 

タイムストレッチやサンプル自体のピッチシフトなど

 

 

現代的な気の利いた機能はありません笑

 

 

現代では「ソフトウェアサンプラー」というと
 
 
ライブラリを読むためのもの的な感じが強いですが
 
 
サンプラーはもっと自由で面白い「楽器」です。
 
 
ARTURIA CMI Vはそういうマニアックなところも
 
 
ソフトウェアで再現していると思います☆
 
 
いろいろ読み込んでいじってみると
 
 
思いがけないカッコいいサウンドになるかも知れませんね^^
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 

 

 

Arturia CMI V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

 Arturia CMI V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219063041j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

Arturia CMI V アートリア 操作方法 その1 ~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

ArturiaさんのV-Collectionにも収録されている

 

 

プラグインCMI Vの動画連動ブログです。

 

 

Arturia CMI V その1 ~基礎操作編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その1 ~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219042601j:plain

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 Arturia CMI Vは1979年にオーストラリア・シドニー

 

 

フェアライト社から発売された

 

 

Fairlight (フェアライト)CMI

 

 

という初期のデジタルサンプラー

 

 

ソフトウェア化したものです。

 

 

CMIとは

 

 

「Computer Musical Instrument」

 

 

の略で当時コンピューターで音楽をすることが

 

 

いかに革新的だったことが伺えます。

 

 

当時の値段で¥12,000,000もしましたが

 

 

・デジタルサンプラー

・FM合成シンセサイザー

シーケンサー

 

 

を統合した

 

 

同時代に出てきたシンクラヴィアとともに

 

 

まさに現在のDAWの元祖的なマシンでした。

 

 

著名ユーザーも多いですが、Peter GabrielKate Bush

 

 

など新しい音にこだわるミュージシャン / プロデューサーは

 

 

いちはやく導入してそれまでのアナログ楽器では成し得ない

 

 

新しい表現を作り上げていました。

 

 

なかでもミュージシャン / 音楽プロデューサーの

 

 

Trevor Horn

 

 

YESの最大のヒットソング、Owner of a Lonely Heart

 

 

www.youtube.com

 

 

The Art of Noiseで聴くことができる、

 

 

オケヒ(オーケストラル・ヒット)ドラムサウンドクワイ

 

 

などCMIを駆使した音作りで一躍時の人となりました。

 

 

くりっぱーの中ではCMI=トレヴァー・ホーンの形式が出来てます。

 

 

日本でも著名なユーザーは多いですが

 

 

最初に購入したのは

 

 

アニメうる星やつらの音楽や

 

 

当時の最先端電子音楽ユニットTPOで使用した

 

 

安西史孝さんだそうで

 

 

当時「楽器」として輸入するのに大変苦労されたそうです(^^;

 

 

坂本龍一さん「音楽図鑑」「未来派野郎」

 

 

久石譲さん風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ

 

 

PSY・S松浦雅也さん

 

 

などが導入して使っていました。

 

 

久石さんは風の谷のナウシカの音楽を担当する際に

 

 

「清水の舞台から飛び降りる覚悟」

 

 

でCMIを導入したそうです。(1200万もするし!)

 

 

現在ではCMIの開発者のピーター・ヴォーゲル氏による

 

 

オリジナルのFairlight CMIiOS上で再現した

 

 

「Peter Vogel CMI」

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219045021j:plain

 

 

もありますが再現度高過ぎて使いにくいです(^^;

 (それも含めて楽しむソフトだとは思いますが笑)

 

 

CMIはいろんな意味で80年代を象徴する楽器だと思います。

 

 

もちろん触ったこともありませんがw

 

 

くりっぱー個人の思い入れも深いです。

 

 

Arturia CMI Vは当時のサウンドをそのままに

 

 

プラグインで手軽に使えるように設計されています。

 

 


 

 

今回はARTURIA CMI V

 

 

基本的な操作の解説です。

 

 

Arturia CMI V CMI Vを立ち上げよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219045406j:plain

 

 

Arturia CMI Vプラグイン / スタンドアロン

 

 

立ち上げることができます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219045810j:plain

 

 

他のV-Collectionと同様に画面サイズの変更(最大200%)と

 

 

プリセットブラウザー機能があります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219050525j:plain

 

 

画面上のスライダーなどでもエディットできますが、

 

 

…ぶっちゃけやりにくいです笑

 

 

そこで右上の【SCR】か画面をクリックすると

 

 

CMI Vの画面が拡大されて細かいエディットが可能になります。

 

 

V-Collectionではおなじみですね。

 

 

Arturia CMI V 4つのエディットを把握しよう!

 

 

Arturia CMI Vはおもに4つのセクションでエディットします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219050814j:plain

 

 

【SOUND】

サンプルやデジタル波形のエディット、エンベロープモジュレーションなどいわゆるサンプラー / シンセサイザーの操作をします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219051614j:plain

 

 

【SEQUENCER】

ホストアプリケーションと同期も可能なステップシーケンサーです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219051820j:plain

 

 

 【MIXER】

サウンドをミキシングします。エフェクトもかけることが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219052013j:plain

 

 

【TUNE / MAP】

各スロットのサウンドのキーの配置等をします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219052234j:plain

 

 

Arturia CMI Vは1プログラムにつき

 

 

10個のスロットに

 

 

サンプルやデジタル波形のわりあてて使用します。

 

 

Arturia CMI V SOUNDの概要を理解しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219052722j:plain

 

 

【SOUND】のセクションでも

 

 

【CONTROL】モードの決定、サウンド自体のコントロールをします。

【EDIT】サンプル波形をエディットします。

【ASSIGN】各種コントロールモジュレーションのわりあてをします。

【FUNCTIONS】いわゆるモジュレーションの波形をエディットします。

【BROWSE】サンプル波形を読み込みます。

 

 

Arturia CMI V 3つのMODE

 

 

3つのMODEシンセサイザーでいうオシレーター)から

 

 

鳴らしたいサウンドをを選択します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219053305j:plain

 

 

【SAMPLING】

読み込んだサンプルを編集します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219053404j:plain

 

 

【TIME SYNTH】

倍音の基本的な進化の概要がオーディオ波形として表示されます。

 倍音EDITページのANALYSE機能を描画または使用することで作成できます。

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219053745j:plain

 

 

【SPECTRAL SYNTH】

最大32の倍音を使って加算合成するシンセシスです。

〔Evolution〕のセクションでコントロールします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219053835j:plain

 

 

波形の表示も2D / 3Dの切り替えも可能です。

 

 

Arturia CMI V ステップシーケンサーを使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219055357j:plain

 

 

Fairlight CMIには「Page R」というシーケンス機能がありましたが

 

 

Arturia CMI Vは最大10の各サウンドを32ステップでシーケンスできます。

 

 

各パート和音の入力はできませんし、

 

 

現在のDAWのようなピアノロールもありません。

 

 

1ステップごとに音階を指定して打ち込んでいくという

 

 

苦行を強いられます笑

 

 

とはいえサウンドごとのステップを変えられる

 

 

〔Polyrhythm〕などユニークな機能もあります。

 

 

Arturia CMI V ミキサーを使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219060516j:plain

 

 

【MIXER】で10のスロットのサウンドをミキシングします。

 

 

またマルチエフェクターで音作りすることも可能です。

 

 


 

 

Arturia CMI V その1 ~基礎操作編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その1 ~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219042601j:plain

 

 

Arturia CMI V その1 ~基礎操作編~ まとめ

 

 

いまとなっては大昔の骨董品みたいな

 

 

サウンドしか出ないCMIですが笑

 

 

当時はアナログ楽器では成し得ないデジタルサウンド

 

 

衝撃を受けてみんなワクワクしていたことでしょう。

 

 

同時代のマシンにはシンクラヴィアがありますが

 

 

やっぱりインパクト的にはCMIが強いですね。

 

 

80年代のヒット曲にはいつもCMIのサウンドがありました♪

 

 

いまの若い方はコンピューターやDAW

 

 

身近にあると思うので

 

 

どう感じるかはわかりませんが

 

 

ぼくはやっぱり

 

 

「コンピューターで音楽を作る」

 

 

っていうこと自体にワクワクしちゃうんですよね^^

 

 

これまでCMIのサウンドはサンプリング音源等で

 

 

サウンド自体は利用することはできました。

 

 

はじめてサンプラー買った当時、

 

 

アートオブノイズのメンバーのJJジュクザリック氏が出した

 

 

アートオブノイズのサンプリング音源CDよく使ったな(懐)

 

 

CMIの波形の合成やシーケンサーまで再現したのは

 

 

プラグインではArturia CMI Vくらいだと思います。

 

 

現代はシンセウェーヴなどあの時代の音を取り入れたサウンドもありますが

 

 

くりっぱーにとってこの時代のデジタル楽器は

 

 

やっぱりワクワクするというか「未来の音」がするんですよね笑

 

 

30年くらい前、あの時代に想像してた未来は

 

 

実際今の未来よりずっと未来的だったと思います。

 

 
次回からそんな古くて新しいCMI
 
 
サウンドの各機能を使っていこうと思います♪ 
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 

 

 

Arturia CMI V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

 Arturia CMI V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219063041j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

KORG minilogue xd コルグ ミニローグ 操作方法 その10 〜CVでモジュろう!編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

デジタル波形も使える4音ポリフォニックの

 

 

アナログ・シンセサイザー

 

 

KORG minilogue xd

 

 

のくりっぱーチャンネル連動ブログです♪

 

 

KORG minilogue xd その10 〜CVでモジュろう!編~ ブログ連動動画

 

 

KORG minilogue xd コルグ ミニローグ 操作方法

その10 〜CVでモジュろう!編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210213125546j:plain

 

 


 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210105022418p:plain

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KORG minilogue xd module POLYPHONIC ANALOGUE SYNTHESIZER Module シンセサイザー
価格:46900円(税込、送料無料) (2021/1/6時点)

楽天で購入

 

 

www.korg.com

 

 

 

KORG minilogue xd

 

 

小型かつ本格的な

 

 

ポリフォニック・アナログシンセサイザー

 

 

として2016年に発売された

 

 

KORG minilogue』の後継モデルとして

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210112041847j:plain

 

 

発売されたアナログ / デジタルの

 

 

ハイブリッド・シンセサイザーです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210105022418p:plain

 

 


 

 

今回は【CV INPUT】機能で

 

 

BEHRINGER NEUTRONを使って

 

 

KORG minilogue xdをCV変調してみました。

 

 

KORG minilogue xd CVでつなごう!

  

 

CV(Controlled Voltage)は電圧の信号を送ることによって

 

 

パラメーターを変化させる機能です

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210213130540j:plain

 

 

KORG minilogue xdは背面パネルに

 

 

【CV IN 1 / 2】【SYNC IN / OUT】の端子があり、

 

 

CV入力が可能です。

 

 

今回はBEHRINGERさんのNEUTRONを使って

 

 

minilogue xdをCV変調します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212051115j:plain

 

 

 BEHRINGER NEUTRONといえば

 

 

はじめてくりっぱーチャンネルで取り上げたシンセサイザーであり

 

 

くりっぱーのいまのシンセサイズの原点になっている

 

 

内部 / 外部でCVパッチングが可能な

 

 

セミ・モジュラーシンセサイザーです。

 

 

KORG minilogue xd CVの設定をしよう!

  

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210213130840j:plain

 

 

CV入力の設定は

 

 

【EDIT MODE】【PROGRAM EDIT】ボタン5で行います。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210213131231j:plain

 

 

【CV IN Mode】では

 

 

2つのCV信号で変調する〔Modulation〕

 

 

【CV IN 1】がピッチ【CV IN 2】がゲートの

 

 

〔CV / Gate〕の2つのモードがあります。

 

 

今回は2つのCV信号で変調する〔Modulation〕を取り上げています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210213132623j:plain

 

 

さらにボタン5を押すと

 

 

〔CV IN Assigh〕で入力されたCV信号で

 

 

minilogue xdの何のパラメーターを変調するか設定します。

 

 

割り当てはジョイスティックと同様に以下のパラメーターで可能です。

 

GATE TIME
PORTAMENTO
VOICE MODE DEPTH
VCO1 PITCH
VCO1 SHAPE
VCO2 PITCH
VCO2 SHAPE
CROSS MOD
MULTI SHAPE
VCO1 LEVEL
VCO2 LEVEL
MULTI LEVEL
CUTOFF
RESONANCE
A.EG ATTACK
A.EG DECAY
A.EG SUSTAIN
A.EG RELEASE
EG ATTACK
EG DECAY
EG INT
LFO RATE
LFO INT
MOD TIME
MOD DEPTH
REVERB TIME
REVERB DEPTH
DELAY TIME
DELAY DEPTH

 

 

KORG minilogue xd NEUTRONのサイン波でminilogue xdを変調しよう!

  

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210213132958j:plain

 

 

NEUTRON【OSC 1】サイン波で

 

 

minilogue xd【VCO 1】のピッチを変調します。

 

 

NEUTRON【OSC 1】のピッチを動かすと

 

 

minilogue xd【VCO 1】オシレーター

 

 

変調されているのがわかります。

 

 

NEUTRONオシレーターを切り替えれば

 

 

minilogue xdの変調の仕方も変わります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210213133339j:plain

 

 

さらにNEUTRONセミモジュラーシンセサイザーなので

 

 

内部パッチングにより変調が可能です。

 

 

動画ではNEUTRON【S & H】(ランダム波形)

 

 

オシレーター【SHAPE】を変調した波形で

 

 

minilogue xd【VCO1 Pitch】を変調しています。

 

 

KORG minilogue xd ランダム波形でカットオフを変調しよう!

  

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210213133855j:plain

 

 

minilogue xdLFOには

 

 

サンプル&ホールド(ランダム波形)はありませんが

 

 

NEUTRON【S & H】をCV入力することによって

 

 

ランダム変調が可能になります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210213134238j:plain

 

 

NEUTRON【NOISE】【OSC】

 

 

minilogue xd〔CUTOFF〕を変調しても

 

 

面白いサウンドができます。

 

 

KORG minilogue xd MULTIオシレーターをモジュろう!

  

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210213134550j:plain

 

 

minilogue xd【MULTI】オシレーター

 

 

〔SHAPE〕もCVでモジュレーション可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210213135210j:plain

 

 

 

 

最後はくりっぱーの大好きな

 

 

NEUTRON内部の【S & H】(ランダム変調)

 

 

LFO RATE】LFO SHAPE】を変調して

 

 

NEUTRONLFOからmilogue xdを変調して締めくくりました笑

 

 


 

 

KORG minilogue xd その10 〜CVでモジュろう!編~ ブログ連動動画

 

 

KORG minilogue xd コルグ ミニローグ 操作方法

その10 〜CVでモジュろう!編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210213125546j:plain

 

 

KORG minilogue xd その10 〜CVでモジュろう!編~ まとめ
 
 
 
KORG minilogue xd自体
 
 
とても完成度の高いシンセサイザーですが
 
 
変調に関しては少し物足りない部分がありました。
(くりっぱーがへんなモジュレーションしたいだけっていうのもありますが ^^;)
 
 
そこで今回の【CV INPUT】機能で
 
 
Behringer Neutronのような
 
 
(セミ)モジュラーシンセサイザーと組み合わせれば
 
 
KORG minilogue xd単体では不可能だった
 
 
サイン波やサンプル&ホールドの変調も可能になり、
 
 
モジュレーション幅が広がります。
 
 
4音ポリフォニックのアナログ+デジタルの
 
 
KORG minilogue xd
 
 
セミモジュラーの
 
 
Behringer Neutron
 
 
…控えめに言ってこの価格帯のシンセサイザー
 
 
最高峰のシンセサイザーだと思うので笑
 
 
激おススメです!
 
 
今回の変調もほんの一部ですので
 
 
CV出力のあるシンセサイザー
 
 
モジュラーシンセサイザーをお持ちの方はぜひ試してみてください♪
 
 
ではまた次回!
 
 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KORG minilogue xd module POLYPHONIC ANALOGUE SYNTHESIZER Module シンセサイザー
価格:46900円(税込、送料無料) (2021/1/6時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BEHRINGER(ベリンガー) NEUTRON
価格:38280円(税込、送料無料) (2021/2/12時点)

楽天で購入

 

 

KORG minilogue xd くりっぱーチャンネル 再生リスト

 

 

KORG minilogue xd くりっぱーチャンネル 再生リスト
 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210112024621j:plain

 

 


 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

Vital Audio Vital バイタル 操作方法 その10 ~ADVANCED編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

フリーで使えるソフトシンセで

 

 

最強のウェーブテーブルシンセサイザー(2021年1月現在)

 

 

の呼び声も高い話題のプラグインシンセサイザー

 

 

 Vital Audio Vital

 

 

のくりっぱーチャンネル連動ブログです♪

 

 

Vital Audio Vital その10 ~ADVANCED編~ ブログ連動動画

 

 

Vital Audio Vital バイタル 操作方法

その10 ~ADVANCED編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212034154j:plain

 

 


 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210118043333p:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210118042009j:plain

 

 

vital.audio

 

 

 

スペクトラムワーピングウェーブテーブルシンセ

 

 

Vital Audio Vital

 

 

・Basicだと無料

・Subscribe 月額$5

・Plus $ 25

・Pro  $ 80

 

 

有料プランででプリセットやウェーブテーブルの数、

 

 

テキスト機能の制限

 

 

が変わるみたいですね。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210118041939j:plain

 

 

Vital Audio Vital

 

 

オシレーターからの波形の動きを

 

 

視覚的に捉えることができるっていうのが大きいです。

 

 

↑くりっぱーがソフトシンセに求めるのはまずコレです。

 

 

音良し、操作性良し、見た目良し

 

 

カラフルで音作りの流れも掴み易いので

 

  

無料から始められますし、

 

 

初心者の方にもオススメできる

 

 

プラグインシンセサイザーです^^

 

 


 

 

今回はユニゾンの機能を拡張する

 

 

【ADVANCED】についての解説です。

 

 

Vital Audio Vital ADVANCED機能を使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212034712j:plain

 

 

ADVANCEDモードは

 

 

ニゾン機能を拡張するモードです。

 

 

【OSC】のユニゾンのボイスを2以上にするとオンになります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212035414j:plain

 

 

通常のUnison機能は

 

 

ボイスを重ねてわずかにピッチをずらして厚みを出す

 

 

デチューン効果というのが定番ですが

 

 

VitalADVANCEDモードは

 

 

ADVANCED=進歩 / 高度

 

 

の意味の通り、デチューン以外にも

 

 

さまざまな重ね方が可能になります。

 

 

Vital Audio Vital STACKで音を重ねよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212040410j:plain

 

 

【ADVANCED】〔STACK〕では

 

 

ボイスの重ね方を選択できます。

 

 

デフォルトだとUnisonになっていますが

 

 

Octave、Power Chord、Mejor / Minor、Harmonicなど

 

 

さまざまなものが選択できます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212040919j:plain

 

 

〔DETUNE RANGE〕でピッチをずらす

 

 

変化の幅をコントロールします。(+-48)

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212041117j:plain

 

 

〔DETUNE RANGE〕は2ボイスでやると

 

 

Usisonの値を上げると

 

 

2つのボイスの差が〔DETUNE RANGE〕で設定した

 

 

最大48音の差が出るという感じで

 

 

効果がわかりやすいです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212041809j:plain

 

 

他のVitalの機能と同様に

 

 

〔DETUNE RANGE〕も各種モジュレーションで

 

 

変調することが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212042154j:plain

 

 

〔UNISON BLEND〕は原音とユニゾン

 

 

ミックス比をコントロールします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212042349j:plain

 

 

〔STEREO UNISON〕はユニゾン

 

 

ステレオの広がりをコントロールします。

 

 

Vital Audio Vital 3つのスプレッド機能を使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212042621j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212043117j:plain

 

 

〔TABLE SPREAD〕ウェーブテーブルの読み出し位置(Frame)

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212043345j:plain

 

 

〔SPECT SPREAD〕スペクトラルモーフの値

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212043559j:plain

 

 

〔DIST SPREAD〕オシレーター変調の値

 

 

をそれぞれボイスごとにバラけさせることが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212043825j:plain

 

 

〔SPREAD〕

 

 

LFO】【RANDOM】などの変調で

 

 

揺らして時間的変化をつけるだけでも

 

 

良い感じのサウンドになります♪

 

 


 

 

Vital Audio Vital その10 ~ADVANCED編~ ブログ連動動画

 

 

Vital Audio Vital バイタル 操作方法

その10 ~ADVANCED編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210212034154j:plain

 

 

Vital Audio Vital その10 ~ADVANCED編~ まとめ

 

 
 ユニゾンというと
 
 
重ねてずらす
 
 
くらいのイメージでしたが
 
 
VitalADVANCEDはそれをさらに拡張した
 
 
素晴らしい機能です。
 
 
オシレーター1つでも複雑で豊かなサウンドがかんたんに作れます。
 
 
Vital自体これまでの機能で
 
 
十分過ぎるほどの音作りができますが
 
 
「こうきたかーっ!」
 
 
って感じですね笑
 
 
くりっぱー的にはこういったユニゾン機能は
 
 
はじめてだったのでめっちゃ新鮮でした!
 
 
最近のウェーブテーブルシンセサイザーでは定番なのかしら。
 
 
ひとつ欲を言えばADVANCDEモードは
 
 
VOICEモードと行き来するのがロスになってしまうので
 
 
別ウィンドウに表示とかできたらよかったかなーと思います。
 
 
とはいえ、素晴らし過ぎる機能なので
 
 
かなり多用すると思います^^
 
 
ではまた次回!
 

 

vital.audio

 

 

Vital Audio Vital くりっぱーチャンネル 再生リスト

 

 
Vital Audio Vital くりっぱーチャンネル 再生リスト
 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210125054014j:plain

 

 


 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com