くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ARTURIA Prophet VS V アートリア プロフェット 操作方法 その1~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

  

 

Arturiaさんのプラグインソフトウェアの

 

 

Prophet VS Vの動画連動ブログです。

 

 

Arturia Prophet VS V その1~基礎操作編~ ブログ連動動画
 

 

ARTURIA Prophet VS V アートリア プロフェット 操作方法 

その1~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

 

 

 

 


 

 

 

 

は単品購入の他V-COLLECTION 9にもバンドルされています。

 

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com



 

Arturia PROPHET VS VV COLLECTION 9にバンドルされています。

 

 

www.arturia.com

 

 

 


 

  

 

 


 

 

今回はARTURIA Prophet VS V

 

 

基礎操作的なについて。

 

 

ARTURIA Prophet VS Vとは?
 

 



 

 
Arturia Prophet VS VSequential Circuits社から1986年に発売された
 
 
世界初の2次元ベクトルシンセサイザー「Prophet VS」をエミュレートしたソフトウェアシンセサイザーです。
 
 
ABCD4つのデジタル波形をジョイスティックでミックスしてサウンドを鳴らすベクトルシンセシスを採用していてProphetの名前ではありますがアナログのProphet 5があたたかみのあるサウンドに対してVSは硬質でクールなサウンド全然キャラクターが違うシンセサイザーです。

 

 

このベクトルシンセシスの技術はあとにProphet 5 / VSの開発者のデイヴ・スミスさんがスーパーバイザーとなってKORGさんのWAVESTATIONYAMAHAさんのSY-22 / 33にも受け継がれています。

 

 

以前は「PROPHET V」としてProphet 5とProphet VSがドッキングしたシンセサイザーでした。

 

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710043423j:plain


  

「PROPHET V」は以前くりっぱーチャンネルでも取り上げました。

 

同じProphetでも5とVSはサウンドのキャラクターが全然違うのでドッキングして使えてなかなか面白いソフトでした♪

 

 

 

 

今回のV-Collection 9ではProphet 5Prophet  VSそれぞれ独立して作り直して「Prophet 5 V」「Prophet  VS V」と別々のソフトウェアになりました。

 

 

ARTURIA Prophet VS V  ボイスの設定しよう!
 
 

 
ARTURIA Prophet VS Vはモノフォニック(単音)から最大16ポリフォニック(和音)の設定が可能です。
 

 

 

 

ARTURIAさん独自の【VOICE DISPERSION】ではボイスごとにカットオフ、レゾナンス、パン、アンプをあえて不安定にすることでアナログ感を出すことが可能です。

 

 

オリジナルのProphet VSもオシレーター以降のフィルター、アンプはアナログでした。

 

 

 

 

【PAN TRIMMERS】ではボイスごとの左右パンの設定が可能です。

 

 

【PAN TRIMMERS】を使うには【VOICE CONTROL】〔SPREAD〕の値を上げます。

 

 

ARTURIA Prophet VS V  4つのオシレーターを設定しよう!
 
 

 
 
サウンドの心臓部オシレーターセクションではABCD4つのスロットのデジタル波形を選択します。
 
 
今回デジタル波形がめっちゃ増えてさらにユーザーサンプルも読み込み可能です。
 

 

デジタル波形だとウェーヴテーブルシンセサイザーは波形の読み出し位置のコントロールができましたがProphet VS Vでは4つの波形をジョイスティックまたはベクターエンベロープで動きをつける感じです。

 

 

 

 

【SHOW ALL】をクリックするとオシレーターABCDの〔FREQ〕〔FINE〕(ピッチ)が表示されます。

 

 

そのままミックスしても楽しいですし、オクターブや度数を変えるのもまた楽しいです♪

 

 

ARPEGGIATOR〔HOLD〕をオンにするとアルペジエーターを使ってないときでもノートオンの効果が持続します。

 

 

 

 

「PROPHET V」のときはProphet VSのデジタル波形を再現した感じでしたが今回のProphet V VSではそれにくわえてさまざまな波形を選択することが可能です。

 

 

 

 

デジタルオシレーターはそのままだと硬質で高音がキツかったりするので【FILTER】〔CUTOFF〕で高域を削ったりすることも可能です。

 

 

〔RESO〕で周波数のピークを持ち上げます

 

 

〔ENV AMT〕エンベロープがかかる深さをコントロールします。

 

 

ARTURIA Prophet VS V エンベロープをコントロールしよう!
 
 



【ENVLOPE GROUP】では3つのエンベロープによる時間的変化をコントロールします。
 
 
〔MIX〕
ABCDベクトルのミックス比の時間的変化をコントロールします。
ループも可能です。
 
 
〔FILTER〕
サウンドの明るさの時間的変化をコントロールします。
 
 
〔AMP〕
サウンドの音量の時間的変化をコントロールします。
 
 

 
【ENVLOPE GROUP】Advancedモードでより詳細にエディットが可能です。
 

 

ARTURIA Prophet VS V 各機能を使おう!
 
 

 
 
LFO GROUP】では2系統のLFO波形で変調が可能です。
 
 
LFO波形は
 
 
三角波 / 矩形波 / ノコギリ波 / 逆ノコギリ波 / ランダム波 / サイン波
 
 
の6種類の中から選択可能です。
 
 

 
 
変調のわりあてはAdvancedモード【MODULATIONS】モジュレーションマトリクスで設定します。
 
 

 
ARPEGGIATORは押さえたノートをさまざまな順番で鳴らす(アルペジオ奏法)ことが可能です。
 
 

 
 
〔OPTION〕
 
 
Repeat(回数)
Octave Range(1~4のオクターブ幅)
Gate(音の長さ)
 
 
の設定が可能です。
 

 

 

 

【VOICE CONTROL】では発音の設定をします。

 

 

〔UNISON〕をオンにして〔DETUNE〕の値を上げるととボイスを重ねてピッチをずらすので音が厚くなります。発音はモノフォニック(単音)のみになります。

 

 

〔GLIDE〕は音程の変化を遅らせて演奏にうねりをくわえます。

〔LEGATO〕をオンにするとノートが重なったときのみにグライドが機能します。

 

 

〔SPREAD〕でステレオ感、〔TUNE〕で全体のピッチをコントロールします。

 

 

 

 

【CHORUS】ではAdvancedモード【EFFECTS】とは別にコーラス効果をくわえることが可能です。

 

 


 

 

Arturia Prophet VS V その1~基礎操作編~ ブログ連動動画
 

 

ARTURIA Prophet VS V アートリア プロフェット 操作方法 

その1~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

 

 

 

 

ARTURIA Prophet VS V  その1~基礎操作編~ まとめ
 
 
80年代以降シンセサイザーのデジタル化が進み、FM音源、ウェーヴテーブル音源などいろいろなオシレーターが出てきました。
 
 
ベクトル音源はウェーヴテーブル音源のようにオシレーターの読み出し位置などはコントロールできませんが4つのオシレーターをミックスして一つのサウンドを作るというイメージですね。
 
 
単純に同じ波形を重ねてオクターブ、デチューンで鳴らすことも可能です。
 
 
FM音源が無限の可能性がある分、音創りが複雑だったのに対してウェーヴテーブル音源は波形の読み出し位置、ベクトル音源は4つの波形のミックスという
 
 
オシレーター以降の流れはアナログシンセサイザーと同じなので(実機はオシレーター以降のフィルター、アンプはアナログで「ハイブリッドシンセサイザー」と呼ばれていました)音作りはわかりやすいと思います。
 
 
とはいえオシレーターがデジタルなので
 
 
Prophet VSは同じプロフェットの名のProphet 5とは
 
 
全然違うキャラクターのシンセサイザーです。
 
 
ベクトルシンセサイザーといえば
 
 
KAWAI K1を完全再現したフリー音源のK1v
 
 
ハードウェアではくりっぱーお気に入りのKORG wavestate
 
 
がありますねー。
wavestateはベクトルシンセサイザーというよりウェーヴシーケンシング2.0などいろいろ変態機能満載ですが笑もちろんベクトルシンセサイザーとしも機能します。
 
 
次回はARTURIA Prophet VS V のベクトルシンセシスを掘り下げてみようと思います。
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 
 

 

 

 

ARTURIA Prophet VS V くりっぱーチャンネル 再生リスト

 

 

ARTURIA Prophet VS V くりっぱーチャンネル 再生リスト

 

 




  

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com