読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Marronfieldsproductionのブログ

音楽とか機材とか楽器とかどーでもいいこととか

【スポンサーリンク】

SOFT BALLET - EARTH BORN(1989)

アルファ・レコードから1989年にリリースされたSOFT BALLETのデビューアルバム。

メジャーデビュー前から活動していただけあってファーストアルバムですでにテクノポップ/ニューウェーヴな森岡インダスリアル/EBMの藤井というスタイルが出来上がってますがアルファ時代は藤井さんの曲も音はハードですが歌を重視したポップな曲調で作曲してます。

当時はEBM(Electric Body Music)を掲げていただけあってサウンドの主導はベースラインが握っています。

ライブ時にまた異なるアレンジされたのもカッコ良かったですね♪

当時の藤井さんは「ライブの仕込みをしてる時がオレのライブ」っていう発言をしてたみたいですね(笑)

f:id:Marronfieldsproduction:20160616132150j:plain

全作詞 遠藤遼一 ()は作曲者

M01. BODY TO BODY (森岡賢)

「体から体へ」のサビが印象的なバンドのデビューシングルにして代表曲でもありますね。

硬質なサウンドにメタルパーカッションで「これぞSOFT BALLET!!!!!!!!!!!!」って感じの曲です。

ライブでもアレンジを変えて演奏されたり、解散時のベストでも再録音され、再結成時もライブで演奏されてました。

M02. HOLOGRAM ROSE (藤井麻輝)

藤井さん作曲の硬質なナンバー。藤井さんも初期からインダストリアル/EBMの要素が強いですが初期は結構歌重視のメロディアスな曲を作ってますね。緊張感があってリズムも凝ってて好きです。

M03. WITH YOU (森岡賢)

ロックっぽいアッパーチューン。ライブでも結構プレイしてたみたいでノリが良いです。

「INCUBATE」時のライブバージョンがメチャクチャカッコ良くて好きです^^

M04. BORDER DAYS (森岡賢) 

森岡さん作曲のジャズっぽいナンバー。ピアノのコードとブラスとカッティングギターの音が気持ち良いです。単なる電子音バンドじゃないというか、こういった曲もサラッと出来てしまうのもSOFT BALLETの素敵なところ。

M05. KO・KA・GE・NI (森岡賢)

「BODY TO BODY」のカップリングとしても収録されたナンバー。ミディアムなテンポのミステリアスな感じの曲ですね。

M06. L-MESS (藤井麻輝)

民族的なサンプリングとメタルパーカッションが印象的なEBMナンバー。インディーズ時代からこの曲はあったみたいだし、当時の定番曲だったのかな。初期は藤井さんも民族的なメロディーや音階を多用してましたね。

M07. SPINDLE (藤井麻輝)

アコースティックギターとミョンミョン鳴ってるシンセがクセになるメロディアスなナンバー。ライブでもアレンジが変更されてよりエレクトロニックになってカッコ良かったです。

M08. PASSING MOUNTAIN (森岡賢)

初期の森岡ポップの代表曲。なんか「学校の校歌みたいだね」って仲間内で話してました(笑)ライブでもよく演奏されてたみたいですし。最初の解散前のベストアルバムにも再録音されました。

ライブでコピーした個人的にも思い入れのある曲です♪

M09. EARTH BORN (森岡賢)

アルバムのタイトル曲でもあるこの曲はドラマチックで緊張感があり、サビの歌詞も「天は君の上にある いつからかいつまでか 海は僕の足にある どこまでかどこからか」とスケールの大きい重厚なナンバーです。

こちらも再録音ベストアルバムに収録されてます。遠藤さんのヴォーカルがパワーアップしてさらに壮大な感じになりました。

M10. BLACK ICE (藤井麻輝)

打撃音と左右に振られたノイズで始めるラスト曲はノイジーなアップテンポの藤井曲で幕を閉じます。