くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ELEKTRON Model:Cycles エレクトロン モデル サイクル 操作方法 その3 ~シーケンサー基礎編②~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

ELEKTRONさんのドラムからメロディまでこなす

 

 

FM音源のグルーヴボックス

 

 

Model:Cycles

 

 

のくりっぱーチャンネル連動ブログです♪

 

 

ELEKTRON Model:Cycles その3 ~シーケンサー基礎編②~ ブログ連動動画

 

 

ELEKTRON Model:Cycles エレクトロン モデル サイクル 操作方法

その3 ~シーケンサー基礎編②~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210326045721j:plain

 

 


 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210113074910j:plain



 

f:id:Marronfieldsproduction:20210113075118j:plain

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

elektron Model:Cycles【あす楽対応】
価格:44900円(税込、送料無料) (2021/1/13時点)

楽天で購入

 

 

Elektron Model:Cycleswww.elektrondistributiongroup.com

 

 


 

 

前回に引き続きElektron Model:Cycles

 

 

シーケンサーの基本的な操作についての解説です。

 

 

ELEKTRON Model:Cycles パラメーターをステップに記録しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210326050126j:plain

 

 

前回はおもにステップの音階の打ち込みをやりました。

 

 

ELEKTRON Model:Cyclesは各パラメーターの値を

 

 

ステップごとに記録することが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210326050428j:plain

 

 

【○REC】を点灯させて『GRID RECORDING』モードで

 

 

記録したいステップのボタンを押しながら

 

 

パラメーターを動かします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210326050857j:plain

 

 

ステップごとにLFOのかかり具合を変える

 

 

といったことも可能です。

 

 

ELEKTRON Model:Cycles テンポ変更をしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210326053437j:plain

 

 

ELEKTRON Model:Cyclesのテンポ変更は

 

 

【TAP / BPMボタンを押して【LEVEL / DATA】を回すか

 

 

【FUNC】+【TAP / BPMボタンを数回押しの

 

 

タップテンポ機能の2つの方法があります。

 

 

ELEKTRON Model:Cycles モーションシーケンスを記録しよう!

 

 

ELEKTRON Model:Cyclesでは

 

 

KORGさんのvolcaシリーズやシンセサイザーでおなじみの

 

 

パラメーターの「動き」を記録する

 

 

モーションシーケンス機能を使うことができます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210326051402j:plain

 

 

前回もやった音階をリアルタイムに演奏を記録する

 

 

『LIVE RECORDING』モードで

 

 

【○REC】を押しながら【▷PLAY】を押して

 

 

記録させたいパラメーターを動かします。

 

 

ELEKTRON Model:Cycles ステップごとに音源を切り替えよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210326051749j:plain

 

 

第一回のときにELEKTRON Model:Cycles

 

 

『MACHINES』という6つの音源を

 

 

各トラックにわりあてして演奏するという説明をしましたが

 

 

ELEKTRON Model:Cycles

 

 

各トラックのステップごとに

 

 

『MACHINES』を切り替えて演奏することも可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210326052214j:plain

 

 

【○REC】を点灯させて『GRID RECORDING』モードで

 

 

【MACHINES】を押します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210326052632j:plain



変更したい各ステップのボタンを押しながら

 

 

【LEVEL / DATA】のつまみを回して

 

 

【MACHINES】を選択します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210326052947j:plain

 

 

ひとつのトラックで複数の【MACHINES】を演奏することによって

 

 

より複雑な演奏が可能になります。

 

 

ひとつのトラックでKICK、SNARE、METALを切り替えて

 

 

ドラムパートを作成、といったことも可能ですね。

 

 


 

 

ELEKTRON Model:Cycles その3 ~シーケンサー基礎編②~ ブログ連動動画

 

 

ELEKTRON Model:Cycles エレクトロン モデル サイクル 操作方法

その3 ~シーケンサー基礎編②~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210326045721j:plain

 

 

ELEKTRON  Model:Cycles その3 ~シーケンサー基礎編②~ まとめ

 

 

ELEKTRON  Model:Cycles

 

 

シーケンサーの一連の操作をやってみて

 

 

やはりランダム性を意図的に作り出せる

 

 

マシンライブに特化したマシンだなー

 

 

という印象が強いですね。

 

 

代わりに狙った音階やフレーズを打ち込むのは

 

 

やっぱりひと手間 / ふた手間かかるので(^^;

 

 

そこは向き / 不向きがあるのかも知れません。

(上位機種ではそこはカバーしているのかしら) 

 

 

 MIDIファイル読めればすこしは楽できたかも知れませんが笑
 
 
現時点では対応してないみたいです。
 
 
シーケンサーとしてはなかなか面白いので
 
 
MIDIキーボードを使ったりして
 
 
がんばって音階 / フレーズ作成を取得するか
 
 
ランダム性を活かしたリズムに特化したFM音源として使うか
 
 
の2択になる気がします笑
 
 
ではまた次回!
 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

elektron Model:Cycles【あす楽対応】
価格:44900円(税込、送料無料) (2021/1/13時点)

楽天で購入

 

 

ELEKTRON  Model:Cycles くりっぱーチャンネル 再生リスト

 

 

ELEKTRON  Model:Cycles くりっぱーチャンネル 再生リスト
 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210322035900j:plain

 

 


 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com