くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

Roland AIRA MC-101 ローランド アイラ 操作方法 その7 〜ARPEGGIATOR編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

4トラックグルーヴボックスの

 

 

Roland AIRA MC-101

 

 

のくりっぱーチャンネル連動ブログです♪

 

 

Roland AIRA MC-101 その7 〜ARPEGGIATOR編~  ブログ連動動画

 

 

Roland AIRA MC-101 ローランド アイラ 操作方法

その7 〜ARPEGGIATOR編~|初心者でもわかる 解説

 

 

 

 


 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20220328025538j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20220328025600j:plain

 

 

 

 

www.roland.com

 

 

youtu.be

 

 

Roland AIRA MC-101のすべての機能を使うためにも常に最新バージョンにしておきましょう。

 

 


 

 

今回はRoland AIRA MC-101

 

 

アルペジエーターの機能の解説です。

 

 

アルペジエーターはVer.1.6からの追加機能です。

 

 

Roland AIRA MC-101 アルペジエーターとは?

 

 

 

 

アルペジエーターとは

 

 

コードなど押さえたノートをさまざまな順番で鳴らす機能

 

 

アルペジオ奏法で現代のシンセサイザーでは定番の機能ですね。

 

 

 

 

MC-101ではPAD【NOTE】ボタンを長押し

 

 

もしくは【EXIT】+PAD【NOTE】でON / OFFが可能です。

 

 

Roland AIRA MC-101 アルペジエーターを使おう!

 

 

 

 

【SHIFT】+PAD【NOTE】ボタンを押して

 

 

〔NOTE SETTING〕で各パラメーターをエディットします。

 

 

 

 

ARP EDIT:】〔MOTIF〕

アルペジオの演奏の順番を選択します。

 

UP:押したキーの低いほうから順番に鳴ります。

 


DOWN:押したキーの高いほうから順番に鳴ります。

 


UP&DOWN:押したキーの低いほうから高いほうへ、さらに折り返して低いほうへ順番に鳴ります。

 


RANDOM:押したキーの音がランダム(無作為)に鳴ります。

 


NOTE ORDER:キーを押した順番に鳴ります。キー押す順番を工夫すればメロディー・ラインを作ることができます。128 音まで保存することができます。

 


GLISSANDO:押したキーの最低音と最高音の間を半音ずつ上昇、下降を繰り返しながら鳴ります。最低音と最高音の2 音を押します。

 


CHORD:押したキーの音がすべて同時に鳴ります。

 

 

AUTO1:キーを鳴らすタイミングを、押したキーの低いほうから優先して自動的に割り当てます。

 


AUTO2:キーを鳴らすタイミングを、押したキーの高いほうから優先して自動的に割り当てます。

 


PHRASE:1 つのキーを押すだけで、そのキーのピッチを基準にフレーズが鳴ります。複数のキーを押した場合は、最後に押されたキーが有効になります。

 

 

 

 

〔VARIATION〕

アルペジオの演奏の音符を選択します。

アルペジオの、1 ステップあたりの音符の長さを選びます。X2 の場合、2 音を同時に演奏します。

 

 

 

 

OCTAVE

アルペジオ演奏をする音域をオクターブ単位で設定します。弾いた和音の音だけで演奏したいときは「0」にします。弾いた和音とその1 オクターブ上の音で演奏するときは「+1」に、弾いた和音とその1 オクターブ下の音で演奏するときは「-1」に設定します。

 

 

 

 

〔HOLD〕

ON にすると、鍵盤から手を離してもアルペジオ演奏を持続することができます。

 

 

 

 

ARPEGGIATORはコードモードでもそのまま適用されて

 

 

コードのノートに沿ったアルペジオ奏法をします。

 

 

Roland AIRA MC-101 アルペジエーターシーケンサーに記録しよう!

 

 

 

 

を【】押してアルペジエーターを演奏すると

 

 

アルペジエーターの演奏のノートをステップ記録することが可能です。

 

 

Roland AIRA MC-101 ドラムをアルペジエーターで鳴らそう!

 

 

 

 

MC-101はドラムトラックはノートによる音階の概念はないですがドラムトラックでもアルペジエーターを使うことが可能です。

 

 

トーントラックと同様に演奏をシーケンサーに記録することも可能です。

 

 


 

 

Roland AIRA MC-101 その7 〜ARPEGGIATOR編~  ブログ連動動画

 

 

Roland AIRA MC-101 ローランド アイラ 操作方法

その7 〜ARPEGGIATOR編~|初心者でもわかる 解説

 

 

 

 

Roland AIRA MC-101 その7 〜ARPEGGIATOR編~ まとめ

 

 

現代のシンセサイザーでは定番のARPEGGIATOR機能ですが

 

 

あとからとはいえ追加されたのはうれしいですね。

 

 

というかアルペジエーター以外にもMC-101はバージョンアップによる機能追加が素晴らしいです。

 

 

アルペジエーター自体は定番的な感じですが

 

 

シーケンサーに記録できるのでそのままシーケンスを重ねてみたりしても面白そうだと思いました^^

 

 

ではまた次回!
 

 


 

 

 

 

Roland AIRA MC-101 くりっぱーチャンネル 再生リスト

 

 

Roland AIRA MC-101 くりっぱーチャンネル 再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20220406215044j:plain

 

 


 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com