くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

Arturia PROPHET V アートリア プロフェット 操作方法その1 ~Prophet 5基礎編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

  

 

Arturiaさんのプラグインソフトウェアの

 

 

Prophet(プロフェット)5 / VSを統合した

 

 

PROPHET Vの動画連動ブログです。

 

 

Arturia PROPHET V その1 ~Prophet 5基礎編~ ブログ連動動画
 

 

 ARTURIA PROPHET V アートリア プロフェット操作方法

その1 ~Prophet 5基礎編~|初心者でもわかる 解説 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710030548j:plain

 

 


 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200709044909j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710045504j:plain

 

 

PROPHET Vは歴史的名機の

 

 

アナログシンセサイザー・Prophet(プロフェット)5

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200706051108j:plain

 

 

 

デジタルシンセサイザー・Prophet VS

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200706051204j:plain

 

 

 

をエミュレートしたソフトです。

 

 

Arturia PROPHET VV COLLECTIONにバンドルされています。

 

 

arturia.jp

 

 


 

 

 

再現モデルになったProphet 5

 

 

Sequential Circuits(シーケンシャル・サーキット)社

 

 

1978年に発表したポリフォニック・シンセサイザーです。

 

 

モノフォニック・シンセサイザーの王様が

 

 

moog mini moogなら

 

 

ポリフォニック・シンセサイザーの王様は

 

 

まさにProphet 5でした。

 

 

当時は5音鳴らせるというのと

 

 

音色のメモリーができるというのが

 

 

特徴でした。

 

 

いまじゃなんてことないことですが(^^;

 

 

当時は革新的だったそうです。

 

 

ふつうのポリフォニックのシンセサイザーとして

 

 

良いシンセサイザーですが、

 

 

サウンドの特徴はやっぱり複雑な倍音を生み出す

 

 

ポリモジュレーションですかね。

 

 

著名なユーザーはたくさんいますが

 

 

坂本龍一さんは「作れる音はすべて作った」というほど

 

 

Prophet 5を愛用していたようで

 

 

YMOやソロの作品なんかでそのサウンドを聴くことができます。

 

 

そのYMOと親交の深かったJAPANという

 

 

イギリスのバンドもProphet 5を愛用していて

 

 

後期の作品ではそのサウンドを聴くことができます。

 

 

もうひとつプロフェットProphet VSは1986年に発売された

 

 

世界初の2次元ベクトル・シンセシス方式のシンセサイザーです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200706051204j:plain

 

 

 

127個のデジタル波形の中から4つ選んで

 

 

ジョイスティックでミックスして

 

 

複雑な音を出すことのできるシンセサイザーです。

 

 

同じプロフェットという名前でも

 

 

まったく別物のシンセサイザーですね。

 

 

KORGさんのWavestation

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200709050142j:plain

 

 

YAMAHAさんのSY22 / SY35 / TG33

 

 

のもとになったシンセサイザーです。

(Prophet 5 / VSを開発したデイヴ・スミス氏もアドバイザーとして参加しています。)

 

 

Arturia PROPHET Vはソフトウェアの利点を活かして

 

 

Prophet 5 / VSというアナログ / デジタルの歴史的名機を

 

 

個別、または組み合わせてハイブリッドに使用することが可能です。

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/Marronfieldsproduction/20200709/20200709044909.jpg

 

 

 


 

 

今回はProphet 5の基本的な操作について。

 

 

Arturia PROPHET V 3つのモードで鳴らそう!
 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710030937j:plain

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710031135j:plain

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710031319j:plain

 

 

右上の【5 VS】【5】【VS】

 

 

それぞれのモードに切り替えることができます。

 

 

Arturia PROPHET V プリセットを鳴らそう!
 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710032605j:plain

 

 

【PROGRAMMER】〔BANK〕ナンバーのボタン

 

 

音色プログラムを呼び出すことができます。

 

 

往年のアナログシンセらしいProphetサウンドを鳴らす事ができます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710032726j:plain

 

 

他のARTURIAさんのソフトと同様に

 

 

専用のブラウザーでも音色を読み込むことが可能です。

 

 

これあれば【PROGRAMMER】いらないじゃん!

 

 

って気もしますが(^^;

 

 

当時は音色をメモリーして呼び出せるっていうも重宝されていました。

 

 

Arturia PROPHET V Prophet 5 のオシレーターを鳴らそう!
 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710032408j:plain

 

 

Prophet 5【OSCILLATOR A / B】

 

 

2つのオシレーター(VCO)をメインに音作りしていきます。

 

 

オシレーターAは

 

 

・ノコギリ波(SAW)

・パルス波(PULSE)

 

 

オシレータBは

 

 

・ノコギリ波(SAW)

三角波(TRIANGLE)

・パルス波(PULSE)

 

 

の波形を個別、もしくは同時に鳴らすことが可能です。

 

 

【OSCILLATOR A / B】

 

 

〔FREQ〕で音程

 

 

〔PW〕でパルスワイズモジュレーションのパルス幅

 

 

をコントロールします。

 

 

【OSCILLATOR B】のみ

 

 

〔FINE〕で音程の微調整をします。

 

 

〔LOFREQ〕オンにするとオシレーターBがLFOになります。

 

 

〔KBD〕オフにするとオシレーターBの音程がなくなります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710033744j:plain

 

 

【OSCILLATOR A】〔SYNC〕をオンにすると

 

 

オシレーター同士を強制的に同期させて強烈な倍音を生み出します。

 

 

オシレーター〔FREQ〕をいじるといろいろ変化します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710034059j:plain

 

 

【MIXER】のセクションでは

 

 

【OSC A / B】【NOISE】の音量をコントロールします。

 

 

Arturia PROPHET V 音作りの要!フィルターを使おう!
 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710034327j:plain

 

 

Prophet 5【FILTER】はカーチス製の

 

 

ローパスフィルターを搭載しています。

 

 

〔CUTOFF〕音の明るさをコントロールします。

 

 

〔RESO〕周波数のピークを持ち上げて音にクセをつけます。

 

 

〔ENV AMT〕エンベロープのかかる量をコントロールします。

 

 

〔KBD〕キーボードトラッキングのかかる量をコントロールします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710034823j:plain

 

 

エンベロープは定番のADSR方式です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710035108j:plain

 

 

ちなみにVCA(アンプ)【FILTER】とおなじく

 

 

ADSR方式です。

 

 

Arturia PROPHET V UNISONで音に厚みをつけよう!
 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710041239j:plain

 

 

【UNISON】をオンにすると音が重なります。

 

 

〔V DETUNE〕のつまみをまわすと

 

 

重なった音のピッチがずれて音に厚みがでます。

 

 

Arturia PROPHET V GLIDEでポルタメント奏法をしよう!
 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710041543j:plain

 

 

【GLIDE】をオンにして〔GLIDE〕のつまみをまわすと

 

 

音の変化が滑らか(遅く)なって

 

 

いわゆるポルタメント効果を出すことができます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710041902j:plain

 

 

【LEGATO】をオンにして〔LEGATO ON〕にすると

 

 

演奏ノートが重なったときにのみグライド効果がかかります。

 

 


 

 

Arturia PROPHET V その1 ~Prophet 5基礎編~ ブログ連動動画
 

 

ARTURIA PROPHET V アートリア プロフェット操作方法

その1 ~Prophet 5基礎編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710030548j:plain

 

 

Arturia PROPHET V  その1 ~Prophet 5基礎編~ まとめ
 
 
ARTURIAさんのV-COLLECTION
 
 
けっこう前から持ってはいたのですが
 
 
じつはぼくProphet 5というシンセサイザー
 
 
あまりしっかりと使ったことなかったです(^^;
 
 
プリセットちょっといじるとかフィルターいじるくらい。。。
 
 
今回動画作成にあたりいろいろいじってみて
 
 
やっぱり
 
 
「キング・オブ・ポリシンセサイザー
 
 
は伊達じゃないって思いました!
 
 
アナログシンセサイザーとして
 
 
操作はとてもシンプルですし、
 
 
次回予定のモジュレーションを駆使すれば
 
 
かなり複雑なサウンドもいろいろ作れそうです。
 
 
演奏するシンセ音以外にも
 
 
【HOLD】ボタンを押して音を鳴りっぱなしにして
 
 
ドローンみたいなサウンド出しても楽しいですね♪
 
 
そして何より
 
 
プロフェット預言者って名前もいいですよね^^
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 
 

 

 

Arturia PROPHET V くりっぱーチャンネル 再生リスト
 

 

Arturia PROPHET V くりっぱーチャンネル 再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200710043423j:plain

 

  

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com