くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

STEINBERG RETROLOGUE 2 スタインバーグ レトロローグ 操作方法 | その4 ~MODULATORS編~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

STEINBERGさんのVST / AU対応

 

 

ヴァーチャルアナログシンセサイザー

 

 

RETROLOGUE 2の動画連動ブログです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200916041401p:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200916040734j:plain

 

STEINBERG RETROLOGUE 2 その4 ~MODULATORS編~ ブログ連動動画

 

 

STEINBERG RETROLOGUE 2 スタインバーグ レトロローグ 操作方法

その4 ~MODULATORS編~ | 初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001041722j:plain

 

 


 

 

Steinbergさんのソフトウェアだと

 

 

Cubase専用みたいなイメージがありますが

 

 

VST / AUに対応しているので

 

 

他のDAWでも使用することができます。

 

 

Steinberg Retrologue 2

 

 

スタインバーグさんのサイトから単体購入の他、

 

 

Cubase Pro / Artist、Absolute Collection

 

 

に収録されています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Steinberg / Cubase Pro 10.5 通常版 DAWソフトウェア (CUBASE PRO/R)
価格:62700円(税込、送料無料) (2020/9/16時点)

楽天で購入

 

 

 

 

new.steinberg.net

 

 


 

 

今回はLFOENV 3

 

 

【MODULATORS】についての解説です。

 

 

STEINBERG RETROLOGUE 2 MODULATORSの概念

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001052055j:plain

 

 

 【MODULATORS】

 

 

4つのLFO

 

 

【ENV 3】を使って音を変調することができます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001052404j:plain



【MATRIX】はパラメーターの

 

 

わりあてをするセクションでおもに

 

 

〔SOURCE〕変調元のパラメーター

DESTINATION変調されるパラメーター

〔DEPTH〕変調する深さ

 

 

でコントロールします。

 

 

STEINBERG RETROLOGUE 2 LFOとは?

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001052940j:plain

 

 

LFO (Low Frequency Oscillator)

 

 

その名の通り低い周波数のオシレーターの信号で

 

 

波形を変調 (変化)させる機能です。

 

 

わかりやすい使い方だと

 

 

ビブラート、トレモロオートワウ的な効果を

 

 

出すことができます。

 

 

イメージ的には「LFOの波形で揺らす」という感じですね。

 

 

STEINBERG RETROLOGUE 2 ビブラートをかけよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001053247j:plain

 

 

 【MODULATORS】LFO 1】のサイン波を使って

 

 

ピッチと揺らしてビブラートの効果を出します。

 

 

【MATRIX】

 

 

〔SOURCE〕LFO 1

DESTINATION〕Pitch

 

 

を選択して

 

 

〔DEPTH〕の値を上げると

 

 

ピッチが揺れてビブラートがかかります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001053706j:plain

 

 

【MATRIX】〔MODIFIER〕

 

 

〔SOURCE〕を何を使って動かすかを選択します。

 

 

動画では

 

 

Mod Wheel(モジュレーションホイール)

 

 

を選択してLFOのかかる深さを

 

 

ホイールでコントロールできるようにわりあてています。

 

 

STEINBERG RETROLOGUE 2 LFO波形を理解しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001054209j:plain

 

 

STEINBERG RETROLOGUE 2

 

 

LFOは6つの波形を

 

 

〔WAVE〕で選択できます。

 

 

〔SHAPE〕のつまみで

 

 

LFOの波形の形を変化させることができます。

 

 

 

〔Sine〕サイン波

スムーズなモジュレーションを生成します。

〔Shape〕は波形にハーモニクスを付け加えます。

 

 

〔Triangle〕三角波

〔Shape〕三角形の波形を台形に連続的に変化させます。

 

 

〔Saw〕ノコギリ波

〔Shape〕下降から、三角形、上昇へと波形を連続的に変化させます。

 

 

〔Pulse〕パルス波

段階的なモジュレーションを生成します。

〔Shape〕は波形のハイの状態とローの状態の比率を連続的に変化させます。〔Shape〕を 50% に設定した場合、純粋な矩形波が生成されます。

 

 

〔S & H 1〕サンプルアンドホールド

ランダムに段階化されたモジュレーションを生成します。この場合それぞれのステップはさまざまです。

〔Shape〕は各ステップの間に傾斜を設定し、完全に右に回すと、段階的なモジュレーションがスムーズなランダム信号に変化します。

 

 

〔S & H 2〕サンプルアンドホールド

各ステップはランダムなハイとローの値の間で交互に切り替わります。

〔Shape〕は各ステップの間に傾斜を設定し、完全に右に回すと、段階的なモジュレーションがスムーズなランダム信号に変化します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001055317j:plain

 

 

LFO】〔RETRIGGER〕

 

 

LFO波形のかかり方を設定します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001055611j:plain

 

 

LFO】〔FREQUENCY〕

 

 

LFO波形の周期(スピード)をコントロールします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001055909j:plain

 

 

〔SYNC MODE〕DAW等のテンポと同期することも可能です。

 

 

STEINBERG RETROLOGUE 2 オートワウをかけよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001060344j:plain

 

 

【MATRIX】のわりあては

 

 

【MODULATORS】の上にある

 

 

三本線のアイコンをクリック+ドラッグでも可能です。

(他のセクションでも同様にドラッグできます)

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001060734j:plain

 

 

〔SOURCE〕LFO 1

DESTINATION〕CUTOFF

 

 

〔DEPTH〕の値を上げると

 

 

オートワウの効果が得られます。

 

 

STEINBERG RETROLOGUE 2 トレモロをかけよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001061040j:plain

 

 

フィルターと同様のやり方で

 

 

〔SOURCE〕LFO 1

DESTINATION〕Volume 1

 

 

〔DEPTH〕の値を上げると

 

 

トレモロの効果が得られます。

 

 

STEINBERG RETROLOGUE 2 ENV3を使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001061331j:plain

 

 

【MODULATORS】【ENV 3】

 

 

音のカーヴでパラメーターを変調することが可能です。

 

 

基本的には前回やった【ADSR】と同じですが

 

 

【ENV 3】は各パラメーターに

 

 

レベルの値があるので

 

 

より複雑なカーヴを描くことが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001061842j:plain

 

 

〔SOURCE〕ENV 3

DESTINATION〕OSC 1 Pitch

 

 

〔DEPTH〕の値を上げると

 

 

【ENV 3】のカーヴでオシレーター1のピッチが変化します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001075702j:plain



 

〔SOURCE〕ENV 3

DESTINATION〕OSC 1 SHAPE

 

 

にわりあてて

 

 

オシレーターシンク

クロスモジュレーション

XORモジュレーション

 

 

を変化させたりしても面白いサウンドができます。

 

 

STEINBERG RETROLOGUE 2 LFOLFOで変調しよう!
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001081853j:plain

 
STEINBERG RETROLOGUE 2の【MATRIX】は
 
 
4スロット ×   4ページ = 16
 
 
合計16のモジュレーションを設定可能です。
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001081500j:plain

 

 こんな感じでモジュレーションの

 

 

自由度がとても高い

 

 

STEINBERG RETROLOGUE 2ですが

 

 

LFOLFOで変調させることができるので

 

 

くりっぱー的にはポイントが高いです^^

 

 


 

 

STEINBERG RETROLOGUE 2 その4 ~MODULATORS編~ ブログ連動動画

 

 

STEINBERG RETROLOGUE 2 スタインバーグ レトロローグ 操作方法

その4 ~MODULATORS編~ | 初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201001041722j:plain

 

 

STEINBERG RETROLOGUE 2 その4 ~MODULATORS編~  まとめ

 

 

シンセサイザーの音作りの三大要素
 
 
・フィルター
・アンプ 
 
 
がありますが
 
 
その先のサウンドの個性は
 
 
モジュレーションが重要になります。
 
 
くりっぱー的には
 
 
モジュレーションを制するものはシンセサイザーを制する
 
 
と思っているので
 
 
自由にモジュレーションできる
 
 
RETROLOGUEは楽しいです♪
 
 
ぜひいろいろいじってみて
 
 
自分だけのサウンドを作ってみて下さい^^
 
 
ではまた次回!
 
 

 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Steinberg / Cubase Pro 10.5 通常版 DAWソフトウェア (CUBASE PRO/R)
価格:62700円(税込、送料無料) (2020/9/16時点)

楽天で購入

 

 

 

 
Steinberg Retrologue 2 くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20200928033228j:plain

 

 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com