くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

KORG wavestate コルグ ウェーブステイト 操作方法 その1 〜基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

“新世代ウェーブ・シーケンシング・シンセサイザー” 

 

 

KORG Wavestate

 

 

のくりっぱーチャンネル連動ブログです♪

 

 

KORG wavestate その1 〜基礎操作編~ ブログ連動動画

 

 

KORG wavestate コルグウェーブステイト 操作方法

その1 ~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524041311j:plain

 

 


 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201225023305p:plain

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KORG wavestate【あす楽対応】【土・日・祝 発送対応】【p6】
価格:69960円(税込、送料無料) (2020/12/25時点)

楽天で購入

 

 

www.korg.com

 

 

youtu.be

 

 

このKORGさんのWavestateですが、

 

 

昨年末にある方から譲っていただいてMNGしていたのですが

 

 

なかなか使う余裕がなくて

 

 

今年ももう半年近く過ぎてしまいましたが(^^;

 

 

やっと使える余裕ができたので使っていこうと思います。

  

 

このKORG Wavestate

 

 

1990年に発売されたシンセサイザー

 

 

WAVESTATIONのコンセプトを受け継ぐシンセサイザーです。

 

 

4つのPCM(サンプリング)波形をミックスするベクトルシンセシス

 

 

波形をシーケンスごとに入れ替えて演奏するウェーブシーケンスが特徴でした。

 

 

いわゆるPCM(サンプリング波形)シンセサイザーですが

 

 

一本指で様々な波形をシーケンスとして鳴らしたり、

 

 

4つのPCM波形をジョイスティックでミックスするという

 

 

その画期的な機能はシンセマニアを虜にする機能でした。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201225025140g:plain

 


ベクトルシンセサイザーProhpet VSから

 

 

YAMAHA SY 22 / 35

・KAWAI K-1

 

 

など90年代初頭まで各メーカーさんも出してましたが

 

 

ウェーブシーケンス機能は

 

 

当時WAVESTATIONだけだったと思います。

 

 

今思ってもかなり先行ってた感がありますね。

 

 

くりっぱーも大昔にラック版の

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201225025155p:plain

 

 

WAVESTATION A/Dを所持していましたが

 

 

シンセ力なかったので(^^;

 

 

あまり使いこなすことができませんでした。。。

 

 

今回wavestateの現代の多用な音楽シーンでも通用する

 

 

『ウェーブ・シーケンシング2.0』

 

 

を搭載していてより複雑な音色変化や

 

 

シーケンスの演奏が可能になりました。

 

 

しかし、その分これまでのシンセの概念だけでは使いこなせないので

 

 

マニュアルにも

 

 

「取扱説明書はあまり読まないという方へ」
取扱説明書はあまり読まないという方でも、このセクションだけはお読みください。

 

 

と最初に書いてあります(^^;

 

 

…使いこなせるようになりたいですね!

 

 


 

 

今回はKORG Wavestate

 

 

基本的な操作についての解説です。

 

 

KORG wavestate ウェーブシーケンシング2.0とは?

 

 

従来のWAVESTAITONのウェーブシーケンスは

 

 

各ステップにデュレーション(長さ)、サンプル、ピッチを

 

 

割り当ててシーケンスを作りましたが、

 

 

KORG Wavestateウェーブシーケンシング2.0」

 

 

ではさらにパワーアップして

 

 

7つのレーンを独立して鳴らすことが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210518082535p:plain

 

 

Master

Timing レーンの TEMPO のオン、オフによって、指定したビートや時間で定期的にすべてのレーンをリスタートさせることができます。

 

 

Timing

各ステップの継続時間とクロスフェードをコントロールし、展開する音にリズムや滑らかさを与えます。

 

 

Sample

各ステップによって発音されるサンプルを設定します。

 

 

Pitch

各ステップのピッチを設定します。

 

 

Shape

ステップの継続時間全体の輪郭を作ります。これは、Shape Controls Volume を On にしたときの音量や、 Use Shape を On した Pitch レーンまたは Step Seq レーンに影響を与えます。

 

 

Gate

ステップをどのくらい長く発音させるかを、Timing レーンのデュレーションの割合で設定します。

 

 

Step Seq

他のシンセ・パラメーターをコントロールするためのモジュレーション・ソースを作ります。

 

 

さらに、各レーンはProbability / プロバビリティ(確率)によってランダム性を出すことが可能です。

 

 

KORG wavestate サウンドを鳴らそう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524042101j:plain

 

 

KORG wavestate

 

 

4つの【LAYER】を組み合わせて

 

 

【PERFORMANCE】として演奏します。

 

 

【PERFORM】ボタン(ホーム)を押すと

 

 

どのモードからでもこの画面に戻ります。

 

 

VALUEのダイヤルを回してサウンドを選択します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524042339j:plain

 

 

膨大なプリセットが入っているwavestateなので

 

 

目的のサウンドを探すには

 

 

【SHIFT】+【PAGE】ボタンで

 

 

【Category】モードで探すと便利です。

 

 

KORG wavestate LAYERSを把握しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524043046j:plain

 

 

KORG Wavestateサウンドの基本は

 

 

ABCDの4つの【LAYERS】から成り立っています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524043225j:plain

 

 

ABCD4つの【LAYER】ジョイスティックでミックスすることが可能です。

 

 

またジョイスティックはX / Y軸でMIDIコントロールも可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524043605j:plain



ABCD4つの【LAYER】

 

 

一度押すと【LAYER】の選択

 

 

二度押しすると【LAYER】のON / OFFの切り替えが可能です。

 

 

KORG wavestate ウェーブシーケンスを使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524044110j:plain

 

 

【UTLITY】ボタンを押して

 

 

WSEQ LANES【SAMPLE】を押します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524044333j:plain

 

 

ウェーブシーケンスの醍醐味のひとつ、

 

 

ステップごとにサンプルを入れ替えることが可能です。

 

 

KORG wavestateでは

 

 

ABCDの4つのスロットに16ステップの設定が可能ですので

 

 

最大64ステップのシーケンスを組むことが可能です。

 

 

KORG wavestate ウェーブシーケンス以降の音作りの流れ

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524045038j:plain

 

 

KORG wavestate【WSEQ LANES】

 

 

シンセサイザーのいわゆるオシレーターにあたります。

 

 

なので【WSEQ LANES】以降は

 

 

【FILTER】/【AMP】

【ENVELOPES】

LFO

【EFFECTS】

 

 

基本的なシンセサイザーと同じ音作りの流れになります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524045544j:plain

 

 

白い8つの【MOD KNOB】のつまみは

 

 

ウェーブシーケンスのコントロールのほか、

 

 

パラメーターを割り当てして

 

 

リアルタイムにコントロールすることが可能です。

 

 

KORG wavestate ホールド機能を使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524045950j:plain

 

 

かなり機能がてんこ盛りなKORG wavestateですが

 

 

くりっぱーが最初におぼえようと思ったことは

 

 

ノートオンを持続する「ホールド」機能のやりかたです。

(この機能は世の中のシンセサイザーすべてに付けてほしい笑)

 

 

【PERFORM】(ホーム)

 

 

【SHIFT】+【PAGE】ボタンで

 

 

LAYERの設定モードに入ります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524050511j:plain

 

 

さらに【SHIFT】+【PAGE】ボタンを押して

 

 

ページを移動して

 

 

【Program Setup】〔Hold〕をONにします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524051328j:plain

 

 

〔Hold〕【LAYER】ごとに設定できるので

 

 

ホールドしたいABCDのレイヤーごとに設定します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524051211j:plain

 

 

鍵盤を一度押すとホールド機能でノートオンが持続します。

 

 

KORG wavestate テンポの設定をしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524051804j:plain

 

 

 KORG wavestateのテンポ設定は

 

 

【TAP】ボタンを数回押してタップテンポ機能で設定するか、

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524052032j:plain

 

 

【PERFORM】(ホーム)

 

 

【SHIFT】+【PAGE】ボタン

 

 

【Performance Setup】〔Tempo〕

 

 

VALUEをまわして設定します。

 

 

KORG wavestate アルペジエーターを使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524052406j:plain

 

 

KORG wavestate【ARPEGGEATOR】ボタンで

 

 

押さえたノートをさまざまな順番で鳴らす

 

 

アルペジエーターを使うことも可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524052631j:plain

 

 

アルペジエーターの鍵盤から手を離しても

 

 

アルペジエーターが機能する〔Latch〕を使うには

 

 

【ARPEGGEATOR】の設定画面で〔Latch〕をONにするか

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524053055j:plain

 

 

【SHIFT】を押しながら【ARPEGGEATOR】を押すと

 

 

〔Latch〕モードにすることが可能です。

 

 

KORG wavestateはABCD4つの【LAYER】ごとに

 

 

アルペジエーターが使えるので

 

 

4系統のアルペジエーターの演奏が可能です。

 

 


 

 

KORG wavestate その1 〜基礎操作編~ ブログ連動動画

 

 

KORG wavestate コルグウェーブステイト 操作方法

その1 ~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524041311j:plain

 

 

KORG wavestate その1 〜基礎操作編~ まとめ

 

 
くりっぱーのKORG wavestateの第一印象は
 
 
「プリセットすげー!!!!!…でもどうやって使うん??」
  
 
でした(^^;
 
 
KORG wavestate
 
 
「ウェーブ・シーケンシング・シンセサイザー
 
 
なので基本シーケンスのサウンドが多いですが
 
 
でもイニシャルパッチをイチからいじっていくと
 
 
自分が使う意味やすごい可能性を感じました。
 
 
くりっぱー的には4つの使い道を見出しました。
 
 
・HOLD機能を使ったベクトルドローンシンセサイザー
・ウェーブシーケンシングシンセサイザー
 
 
あらためて使ってみると
 
 
いまのハードウェアのシンセサイザー1台で
 
 
ここまでできるのってなかなかないと思います。
 
 

最近のハードウェアシンセサイザーって

 

 

そこまで難解なのってないイメージだったのですが

 

 

ホールドやテンポ設定するのに

 

 

階層たどらなきゃいけなかったり、かなりドSです笑

 

 

このKORG wavestateは往年のWAVESTATIONと同じ

 

 

カリフォルニアのKORG R & Dが開発ということで

 

 

音以外はKORGさんのシンセサイザーだと思わない方がいいです笑

 

 

同じKORGさんのシンセサイザー

 

 

minilogue xdopsixとは全然違う感じですね。

 

 

minilogue xdはそのまま音作りできるからいいとして笑

 

 

opsixは音作りしやすいように

 

 

チュートリアルのプリセットサウンド

 

 

たくさん収録されていたので

 
 
そこから音作りをはじめるということも可能でした。
 
 
wavestateはある意味FM音源opsix以上に
 
 
難しい部類のシンセだと思うので(^^;
 
 
そういうの欲しかったな笑 
 
 
でも使い込んでいくと便利な機能があったりもします。
 
 
つんけんしてるから恐る恐る話しかけてみたら
 
 
…じつはすげーいいヤツだった、みたいな笑
 
 
そして現代仕様に進化したウェーブシーケンシング機能は
 
 
斬新だしこの音の変化はこのシンセでしか出せない
 
 
「唯一無二の超個性派シンセサイザーだと思います。
 
 
…ただくりっぱー的にはホールドとテンポ設定はタップだけじゃなく
 
 
フロントパネルで出来るようにして欲しかったかな(^^;
追記:ヴァージョンアップによって対応しました!
 
 
あとopsixもだけどやっぱりアフタータッチは欲しい!
 
 
これからひとつずつ
 
 
KORG wavestateの機能を解明して
 
 
モノにしていこうと思います。
 
 
ではまた次回!
 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KORG wavestate【あす楽対応】【土・日・祝 発送対応】【p6】
価格:69960円(税込、送料無料) (2020/12/25時点)

楽天で購入

 

 

KORG wavestate くりっぱーチャンネル 再生リスト

 

 

KORG wavestate くりっぱーチャンネル 再生リスト
 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210524041311j:plain

 

 


 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com