くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

KORG Collection TRITON コルグ コレクション トライトン その1 ~基礎操作編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説【0からはじめるギタリストのためのシンセサイザー】 

 

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

音楽誌「Player」さんとの連動企画

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210202043126j:plain

 

  

www.player.jp

 

 

今回の【0からはじめるギタリストのためのシンセサイザー】 

 

 

KORG Collection TRITON

 

 

動画連動ブログです。

 

 

KORG Collection TRITON その1 ~基礎操作編〜 ブログ連動動画

 

 

KORG Collection TRITON コルグ コレクション トライトン

その1 ~基礎操作編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説

 【0からはじめるギタリストのためのシンセサイザー】 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210914172243j:plain

 

 


 

 

KORG Collection 3 TRITON

 

 

単体での購入の他、

 

 

KORG Collection 3にも収録されています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210805042645p:plain

 

 

www.korg.com

 

 


 

 

 今回はKORG Collection TRITON

 

 

基本的な操作について。

 

 

KORG Collection TRITONとは?

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210730052148j:plain

 

 
TRITONKORGさんが1999年に発売した
 
 
 
 
当時はヴァーチャルアナログシンセサイザー
 
 
サンプラーが全盛でしたが
 
 
まだDAWもない時代、TRITONは一台で
 
 
・キーボード
・デュアルポリフォニックアルペジエーター
 
 
を統合して、歴史的名機のM1から
 
 
 
 
 
 
牽引してきたKORGさんが放った
 
 
決定版のシンセサイザーで大ヒットしました。
 
 
ポップス、ロック、テクノ、ヒップホップなどなど
 
 
あらゆるミュージシャン / プロデューサーに使用されていました。
 
 
 
 
あらゆるアーティストが使用していました。
 
 
アメリカだとヒップホップやR&Bのプロデューサーにとても人気があったみですね。
(そのへんの音楽はあまり明るくないので(^^;)
 
 
サウンドだけじゃなく
 
 
パターンを演奏する
 
 
というスタイルもこのTRITONから始まった感じですね。
 
 
くりっぱーも実機のTRITONを長年愛用していましたが
 
 
数年前にガタがきてボタンが効かなくなったり、
 
 
維持できなくなってしまったので
 
 
泣く泣く処分しました。。。
 
 
TRITONは多機能でKORGさんらしい出音の良さ、
 
 
拡張性の高さが人気だったと思います。
 
 

1999年の登場以来、
 


00年代~DAWプラグインが普及するまで
 
 
ワークステーションシンセサイザーの決定版として
 


時代を駆け抜けたシンセサイザーでした。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210818031251p:plain

 

 

KORG Collection TRITONでは
 
 
オリジナルTRITONの開発者の方が監修で
 
 
TRITONHI(Hyper Integrated)音源を完全再現して
 
 
拡張ライブラリーEXB-PCMシリーズもすべて網羅しています。
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20210818030848p:plain

 
 
ソフトウェア版TRITONまたはKORG Collection 3を購入すると
 
 
2004年のTRITONの最終モデルで真空管「Valve Foece」機能を搭載した
 
 
TRITON Extremeも使用することが可能です。

 

KORG Collection TRITON おもな4つのモード

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210819033258j:plain

 

 

KORG Collection TRITON

 

 

基本的に4つのモードを使います。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210819033556j:plain

 

 

【PROG】

基本のサウンドプログラムです。

〔SINGLE〕
1つのオシレーターを使用します。OSC、FILTER、AMP、2つのLFOで構成さ
れています。

 


〔DOUBLE〕
2つのオシレーターを使用します。各オシレーターごとに OSC、FILTER、AMP、
2つのLFOで構成され、より複雑なサウンドを作ることができます。

 

 

〔DRUMS〕
プログラムはSINGLE選択時と同じで、1つのオシレーターを使いますが、マル
チサンプルのかわりにドラムキッ トを割り当てたプログラムになります。OSC、
FILTER、AMP、2つのLFOで構成されています。

 

 

【PROG】では

・5系統のIFX(インサート・エフェクト)

・2系統のMFX(マスター・エフェクト)

・マスターEQ

・ポリフォニックアルペジエーター

 

 

の使用が可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210819033919j:plain

 

 

【COMBI】

【PROG】を組み合わせたコンビネーションです。

プログラムを重ねてサウンドに厚みを出したり、鍵盤で分けたりすることが可能です。

【COMBI】は最大8つのプログラムを組み合わせて使用可能です。

・5系統のIFX(インサート・エフェクト)

・2系統のMFX(マスター・エフェクト)

・マスターEQ

・2機のアルペジエーター

 

 

を同時に使用可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210819034138j:plain

 

 

【BROWSE】

【PROG】【COMBI】をカテゴリーやキャラクター別で各サウンドを素早く探すことが可能です。

また〔Favarite〕機能でお気に入りの音色を登録することも可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210819034404j:plain

 

 

 

 

【GLOBAL】

TRITON全体の各種設定をします。 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210819034548j:plain

 

 

【REALTIME CONTROLLED】

右クリックして4つののつまみに各パラメーターをわりあてしてコントロール可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210819034722j:plain

 

 

・2つのスイッチ

ジョイスティック(モジュレーション / ピッチベンド)

・リボンコントローラー

 

 

に各コントロールのわりあてが可能です。

 

 

KORG Collection   シンセサイズの各機能を知ろう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210915070417j:plain

 

 

【EASY】

シンセサイズの各機能の主要なパラメーターをコントロールできます。

 

 

【OSC】

2つのオシレーターの設定をします。

オシレーター1つにつき〔HIGH / LOW〕2つの波形を選択可能です。

 

 

【FILTER】

サウンドの明るさをコントロールします。

 

 

【AMP】

音量の変化をコントロールします。

 

 

【PITCH】

音程の変化をコントロールします。

 

 

LFO

LFO(Low Frequency Oscillator)でサウンドを変調します。

また〔Modulation〕で変調のわりあてをします。

 

 

【IFX / MFX】

5系統のIFX(インサートエフェクト) / MFX(マスターエフェクト)の設定をします。

 

 

ARP

ポリフォニックアルペジエーターで様々なパターンを演奏可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210915070556j:plain

 

 

 ※ARPの〔LATCH〕機能を使うには【GLOBAL】の「ENABLE LATCH」をオンにする必要があります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210915071748j:plain

 

 

【BROWSE】で各PROGを選択して鳴らします。

 

 

懐かしい音ばかりでした笑

 

 

時代を感じますがキーボード系なんかはとくに

 

 

いまも使えるサウンドですね。

 

 

KORG Collection  TRITON  コンビネーションを使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210915070802j:plain



f:id:Marronfieldsproduction:20210915071022j:plain



【COMBI】〔COMBI〕をクリックして

 

 

各プログラムの

 

 

キースプリット(音が鳴る範囲)や

 

 

トランスポーズ(ピッチ)の設定をします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210915071403j:plain



【COMBI】ではA / Bのアルペジエーター

 

 

同時に使い分けることが可能です。

 

 

Aはドラムのパターン

 

 

Bはポリフォニックのシンセのフレーズ

 

 

など同時演奏も可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210915072156j:plain

 

 

PROG同様に【BROWSE】で

 

 

コンビネーションを選択できます。

 

 

【COMBI】はPROGを重ねてる分

 

 

サウンドに厚みがあったり、

 

 

バッキングフレーズのようなものもたくさんあります。

 

 


 

 

KORG Collection TRITON その1 ~基礎操作編〜 ブログ連動動画

 

 

KORG Collection TRITON コルグ コレクション トライトン

その1 ~基礎操作編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説

 【0からはじめるギタリストのためのシンセサイザー】 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210914172243j:plain

 

 

KORG Collection  TRITON その1 ~基礎操作編〜 まとめ

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210819041634j:plain

 

 

TRITONはくりっぱーもDAW導入前は

 

 

制作、ライブともに常にスタメンシンセだったので

 

 

めっちゃ思い入れがありますねー。

 

 

プリセットサウンド

 

 

「Romance Layer」「Noise Stabber」とか泣けてきます。

 

 

ドラムのサウンドも好きだったなぁ。

 

 

プラグイン化にともない

 

 

シーケンサーサンプラーの機能は省かれてますが

 
 
サンプラーは敢えてあっても良かったのかなって思います。
(いらないといえばいらないのですが(^^;)
 
 
TRITON以降は音楽制作も
 
 

DAWプラグインにシフトしていって
 
 
 
 
 
 
当然現行機もより高機能  / 高性能になっていますが、
 
 
 
その在り方は変化していったように思います。
 
 
KORG Collection ProphecyTRITONを組み合わせれば
 
 
90年代から00年代のサウンドをカバーできますね♪
 
 
サウンド的には時代を感じますが、
 
 
今でも全然使えるサウンドだと思います。
 
 
とくにロック / ポップス / J-POP系のサウンド
 
 
キーボード、ベル、オーケストラなど
 
 
普遍的なものがたくさん収録されてるので
 
 
オールマイティに使えます♪
 
 
ある意味「現代の定番」を作ったのが
 
 
TRITONなのかも知れませんね^^
 
 
バンド系からトラックメーカーまで
 
 
あらゆるジャンルの制作に使えます。
 
 
 
 
「音を選んで重ねる」
 
 
 
 
TRITONはさまざまな楽器やシンセサイザー
 
 
波形を収録しているし、
 
 
基本的なシンセサイズの機能を使えるので
 
 
あえてイチから波形を組んで
 
 
音作りしてみても楽しいかもしれませんね^^
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 

www.player.jp

 

 

www.korg.com

 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com