くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ARTURIA SQ80 V 操作方法 アートリア その1 ~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

Arturiaさんのプラグイン

 

 

SQ80 Vの動画連動ブログです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210918075858p:plain

 

 

www.youtube.com

 

 

www.arturia.com

 

 


 

 

今回はARTURIA SQ80 V

 

 

基本的な操作の解説です。

 

 

ARTURIA SQ80とは?

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210828085051j:plain

 

 

SQ80は1988年にENSONIQ(エンソニック社が発売した

 

 

3DCOのデジタルシンセサイザーです。

 

 

ENSONIQ社はもともとコモドール64という

 

 

ホームコンピューターを作っていた会社の人達が

 

 

電子楽器メーカーを立ち上げて

 

 

シンセサイザーサンプラーを開発していた、

 

 

というユニークなメーカーさんでした。

 

 

現在ENSONIQ社は倒産してしまってもうないメーカーさんですが

 

 

いまだにシンセマニアの間では人気の高いメーカーさんです。

 

 

www.youtube.com

 

 

ENSONIQ SQ80は「クロス・ウェイヴ・シンセシス

 

 

というシンセシス

 

 

アナログシンセ波形、デジタル波形、サンプル波形の

 

 

デジタルオシレーターエンベロープやアナログフィルターで加工して

 

 

音作りするシンセサイザーです。

 

 

さらにARTURIA SQ80 Vでは

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210828090051j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210828090102j:plain

 

 

SQ80の前身モデルのESQ-1

SQ80の後に発売されたフルデジタル化されたVFX

 

 

の波形も搭載していて幅広いサウンド作りが可能です!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210915042859p:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210915041459p:plain

 

 

ARTURIA SQ80 Vでは

 

 

• MPE (MIDI Polyphonic Expression) 対応
• フェイズディストーション & トランスウェーブシンセシス搭載
• オリジナルよりも多くの波形を搭載
• ユニゾンモード
• アルペジエイター
モジュレーション機能の強化
• 15種類のエフェクトを内蔵した4系統のエフェクト
• 最大16ボイスの同時発音数
• 複数のSQ80 Vをそれぞれ異なるセッティングで同時使用可能
DAWのオートメーション機能でコントロール可能
• 無制限にプリセットをセーブ可能

 

の機能が追加されています。

 

 

ARTURIA SQ80 V  3つのモード

 

 

ARTURIA SQ80 V では

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916025431j:plain

 

 

【Haedware】

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916025530j:plain

 

 

【Synthsis】

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916025614j:plain

 

 

【Effects】

 

 

3つのモードを行き来しながらサウンドを作っていきます。

 

 

ARTURIA SQ80 V  Hardwareモードで演奏しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916025836j:plain

 

 

ARTURIA SQ80 Vは現代のシンセでは定番の

 

 

押さえたノートや分散和音をさまざま方法で鳴らす機能

 

 

Arpeggiator

 

 

の機能が搭載されています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916030339j:plain

 

 

【UNISON】のスイッチをオンにして音を重ねて

 

 

サウンドに厚みや揺らぎをくわえることが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916030140j:plain

 

 

【Hardware】モードでは

 

 

3つのオシレーター

 

 

フィルターのコントロールが可能です。

 

 

ARTURIA SQ80 V  Synthesisモードでエディットしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916030530j:plain

 

 

ARTURIA SQ80 V

 

 

3つの【OSCILLATOR】をもとにサウンドを作成します。

 

 

デジタルオシレーター

 

 

〔SQ80 Waveforms〕

オリジナルのSQ 80のデジタルオシレーター

 

 

VFX Waveforms〕

SQ 80の後継機VFXのトランスウェーヴオシレーター

トランスウェーヴは波形の読み出し位置(Position)を動かせるのでウェーヴテーブルのようなサウンドを鳴らす事も可能です。

 

 

〔ESQ1 / SQ 80 Hidden Waves

SQ 80の前身機のESQ 1 / SQ 80の隠されていた(?)波形

わりとノイジーな感じの波形が多い気がします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916031636j:plain

 

 

オシレーターに限らず〔+〕がある各パラメーターは

 

 

モジュレーションのSource(LFOエンベロープなど)の

 

 

わりあてが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916031956j:plain

 

 

【OSCILLATOR 2】

 

 

オシレーターシンク、Amp Modが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916032353j:plain

 

 

【VOICE】でSQ 80 Vの発音の設定をします。

 

 

【UNISON】【GLIDE】の設定も可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916032613j:plain

 

 

シンセサイザーサウンドの要、フィルターは

 

 

CEM3379というICを再現したそうで独特の質感がありますね。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916032849j:plain

 

 

【Synthesis】モードのフィルターはローパスのみですが

 

 

【Effects】のマルチモードフィルターを選択すれば

 

 

ハイパス、バンドパス、コムフィルターなど

 

 

多彩なフィルターを使用可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916033259j:plain

 

 

【ENV】ではカーヴを描いて各パラメーターに時間的な変化を与えます。

※【ENV 4】はあらかじめAMP(音量)にわりあてられています。

 

 

3つのエンベロープから選択可能です。

 

 

〔SQ 80〕

オリジナルのSQ 80のエンベロープを再現したもの

 

 

〔MSEG〕

ARTURIAさん独自のステップのようなエンベロープ機能

 

 

〔DADSR〕

ディレイ、アタック、ディケイ、サスティン、リリースの5つのポイントでカーヴを作成するエンベロープ

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916034003j:plain

 

 

低い周波数のオシレーター

 

 

各パラメーターを「揺らす」

 

 

シンセサイザーの変調の定番LFOは3つ使用可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916034248j:plain

 

 

LFO】の上の【MIXER】では

 

 

2つのモジュレーションをミックスして

 

 

より複雑な波形にすることが可能です。

 

 

最近のVシリーズの

 

 

PIGMENTS

 

 

最近のVシリーズのJUP 8 VCZ Vでも

 

 

こういう機能ついてますよね。

 

 

ARTURIA SQ80 V Effectsを使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916034837j:plain



ARTURIA SQ80 Vは4つのエフェクトを使用可能です。

 

 

4つのエフェクトは1~4直列で出力するか【SERIES】

 

 

エフェクト1 / 2、エフェクト3 / 4を別々の出力する【PARALLEL】

 

 

のどちらかを選択可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916035432j:plain

 

 

ARTURIA SQ80 Vのエフェクトは

 

 

PIGMENTSと同じような感じなので

 

 

マルチモードフィルター、マルチバンドコンプ、ピッチシフトディレイなど

 

 

現代的なものも多く、

 

 

また各パラメーターも変調可能なので

 

 

サウンドの味付けから

 

 

現代的な積極的なサウンド作りまで幅広く使えます。

 

 

ARTURIA SQ80 V  各種設定をしょう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916040011j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210916040025j:plain

 

 

ARTURIAさんのソフト共通の設定モードで各種の設定をします。

 

 

〔Tutorials〕では基本的な音作りの手順を教えてくれます。

 

 

シンセに慣れない方とかはやってみても良いかもしれませんね。

 

 


 

 

ARTURIA SQ80 V その1 ~基礎操作編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA SQ 80 V アートリアエンソニック 操作方法

その1 ~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210915185845j:plain

 

 

ARTURIA SQ80 V  その1 ~基礎操作編~ まとめ

 

 

もともとARTURIAさん

 

 

ソフトウェアエミュレーションは

 

 

アナログヴィンテージのシンセサイザーの再現

 

 

からはじまりましたが

 

 

近年ではデジタルシンセサイザーの再現も増えてきてました。

 

 

くりっぱーは新しいV-Collectionが発表されるたびに

 

 

「アートリアさん、エンソはよ!」

 

 

ってSNS等で発言していましたので笑

 

 

「ついに!」

 

 

って感じでめっちゃうれしいです^^

 

 

しかもVFXESQの波形も入っているのも良いです。

 

 

VFXはウェーヴテーブルに近いし、

 

 

ESQの波形はノイジーなものが多いので

 

 

けっこう現代的な使い方もできそうですね。

 

 

SQ 80の特徴というか、

 

 

デジタル波形なのにアナログシンセみたいな質感なのは

 

 

フィルターによるところが大きいんでしょうかね。

 

 

Ensoniq SQ80自体も人気があるのに

 

 

市場にもほとんど出てこない

 

 

というレアというシンセサイザーだったので

 

 

今回のソフトウェア化はかなり意味があると思います。

 

 

ソフトウェアシンセサイザーとしても使いやすく

 

 

なおかつARTURIAさんならではのアレンジがあって

 

 

現代的でいいですね。

 

 

ARTURIA SQ80 VVFXの波形はウェーヴテーブルのように

 

 

波形の位置を動かせますが

 

 

実機のVFXや後継のTS-10 / 12は

 

 

もっと高度な波形のエディットが可能だったみたいですね。

 

 

今後のバージョンアップに期待したいです!

 

 

トランスウェーヴといえば

 

 

SQ80やVFXのトランスウェーヴをさらに発展させた

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210915043201j:plain

 

 

ENSONIQ Fizmoというシンセサイザーが1998年に発売されました。

 

 

多分製造台数が100台くらいのレアなシンセサイザーでしたが

 

 

くりっぱー当時所持していました笑

 

 

…が未熟すぎて良さがあまりわからず手放してしまいました(^^;

 

 

いまの時代ならマッチするかもしれませんね。

 

 

…なのでARTURIAさんには

 

 

Fizmo Vも期待したいところです !!!!!

 

 

ヴィンテージ・デジタルシンセサイザー

 

 

サウンドも今聴くと新鮮ですね♪

 

 

しばらくはARTURIA SQ80 V

 

 

念願のエンソニックサウンドを楽しんでいこうと思います♪

 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 

www.arturia.com

 

 

ARTURIA SQ80 V  くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

 Arturia SQ80 V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210915190202j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com