くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

moog music Animoog Z モーグ アニモーグ 操作方法 その4 ~ENV / LFO編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

moog music Animoog Zの動画連動ブログです。

 

 

moog music Animoog Z その4 ~ENV / LFO編~ ブログ連動動画

 

 

moog music Animoog Z モーグ アニモーグ

操作方法 その4 ~ENV / LFO編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211202200722j:plain

 

 


 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211125024331j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211125024033j:plain

 

 

Animoog Zシンセサイザーの王様moogさんが
 
 
iOS初期にリリースしたAnimoog
 
 
『Animoog Z』として
 
 
アップグレードしたシンセサイザー・アプリです。
 
 
 
 
 
 

https://www.moogmusic.com/products/animoog-z

 

 

moog Animoog Zはユニヴァーサルアプリなので

 

 

どちらかでダウンロード(無料!)すれば

 

 

両方の端末で使用可能です。

 

 

鳴らすだけなら無料で楽しめますがシンセサイズ / エディットは有料になります。

(2021年11月現在$9.99)

 

 


 

 

今回はmoog music Animoog Z

 

 

サウンドの時間的変化をコントロールする

 

 

【ENV/LFOについて。

 

 

moog music Animoog Z  ENV/LFOとは?

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211206082635j:plain

 

 

【ENV】(Envelope)

ATTACK / DECAY / SUSTAIN / RELEASEのパラメーターでカーヴを作成し音量、フィルターMOD(わりあてしたパラメーター)の時間的変化をコントロールします。

 

 

LFO】(Low Frequency Oscillator)

低い周波数のオシレーターサウンドを揺らしたり、変調したりします。

 

 

基本的に

 

 

エンベロープは一度のカーヴの変化

LFOが周期的(繰り返し)変化

 

 

というイメージですね。

 

 

moog music Animoog Z  エンベロープをコントロールしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211206082757j:plain

 

 

【ENV】では

 

 

【AMP】音量

【FILTER】音の明るさ

【MOD】わりあてしたパラメーターを

 

 

〔ATTACK〕

ノートオンしてからの音の立ち上がりの時間。値が高いほど立ち上がりが遅くなります。

 

 

〔DECAY〕

ATTACKのあとの減衰の時間をコントロールします。

 

 

〔SUSTAIN〕

DECAYのあとの伸びの量を時間をコントロールします。

 

 

〔RELEASE〕

ノートオフしたあとの減衰の時間時間をコントロールします。

 

 

をコントロールします。

 

 

moog music Animoog Z  フィルターエンベロープをコントロールしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211206083512j:plain

 

 

【AMP ENV】はそのままでカーヴの作成が可能ですが

 

 

【FILTER ENV】をコントロールする場合は

 

 

EFFECTSセクション【FILTER】〔ENV〕の値と

 

 

〔FREQUENCY〕〔RESONANCE〕の値を調整しながら

 

 

エンベロープのカーヴを作成します。

 

 

moog music Animoog Z  MODエンベロープをコントロールしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211206083853j:plain

 

 

【MOD ENV】では

 

 

MODセクションで

 

 

〔SOURCE〕MOD ENV

DESTINATIONカーヴで変化させたいパラメーター

 

 

を選択して〔AMT〕で変化させる量をコントロールします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211206084503j:plain

 

 

ピッチやORBITのXYZ軸など

 

 

さまざまなパラメーターを変化させることが可能です。

 

 

moog music Animoog Z  LFOサウンドを変調しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211206084655j:plain

 

 

旧AnimoogのときはLFOは2つでしたが

 

 

Animoog Zでは3つのLFOを使用可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211206084941j:plain

 

 

LFOを使うには【MOD ENV】の時のようにMODセクションでルーティングの設定をします。

 

 

〔SOURCE〕LFO1 ~ 3

DESTINATIONLFOで変化させたいパラメーター

 

 

を選択して〔AMT〕で変化させる量をコントロールします。

 

 

わかりやすい例だとDESTINATION

 

 

・PITCHにすればビブラート

・FILTERにすればオートワウ

・VOLUMEにすればトレモロ

 

 

のような効果を得ることが可能です。

 

 

Animoog ZならXYZ軸の変調も可能ですね。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211206084851j:plain

 

 

〔RATE〕

LFO波形の周期(スピード)をコントロールします。

 

 

〔SYNC〕

内部 / 外部のテンポをLFOのRATEと同期させます。

 

 

〔SHAPE〕

LFO波形の形状をコントロールします。

旧Animoogでは切り替えの選択式でしたがAnimoog Zでは可変式になっています。

 

 

〔KB TRIG〕

オンにするとノートオンの度にLFO波形がスタートします。

 

 

moog music Animoog Z  LFOを活用しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211206085702j:plain

 

 

旧Animoogでもできましたが

 

 

LFO波形をLFO波形で変調」

 

 

といったことも可能です。

 

 

Animoog ZではLFOを3つ使用できるのでさらに複雑な変調も可能です。

 

 


 

 

moog music Animoog Z その4 ~ENV / LFO編~ ブログ連動動画

 

 

moog music Animoog Z モーグ アニモーグ

操作方法 その4 ~ENV / LFO編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211202200722j:plain

 

 

moog music Animoog Z その4 ~ENV / LFO編~  まとめ

 

 

【ENV / LFOのセクションは

 

 

シンセサイザーの定番の音作りなので

 

 

とくに問題なくできると思います。

 

 

Animoog Zはシンプルながら

 

 

モジュレーションの自由度が高いので

 

 

いろいろな変調をすることが可能です。

 

 

ぜひいろいろわりあてして変化させてみてください。

 

 

次回は【MOD】をより掘り下げて解説します。

 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 

moog music Animoog Z くりっぱーチャンネル動画再生リスト

 

 

moog music Animoog くりっぱーチャンネル動画再生リスト 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20211202034029j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com