くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽の楽しみを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

VCV Rack 解説 その8 ~デフォルトパッチを使おう!追加VCO+UNITYモジュール編~

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@MFProducionです。

 

 

これから自分の学びも兼ねて無料で使えるオープンソースのヴァーチャルモジュラーシステムのVCV Rackhttps://vcvrack.com/)の使い方を書いていこうと思います。

 

 

 今回は信号をまとめる【UNITY】モジュールについて

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190716195626p:plain



ブログ連動動画】

 

 

VCV Rack 操作方法 解説 | その3 ~追加VCO+UNITY編~ |初心者でもわかる 解説 - YouTube

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190717183348j:plain

 

  

 

〜以下マニュアルより〜

 

 


 

 

Unityは、オーディオとCVのデュアルユニティミキサーで、各セクションに6つの入力があり、ゲイン調整なしで複数の信号を直接追加します。

 

 

OUTポートはそれより上の6つの入力すべてを直接合計します。 INVポートはこの信号を反転/否定します。

 

 

各チャンネルのスイッチがAVG位置にある場合、そのチャンネルの出力は合計ではなくパッチされた入力の平均です。

 

 

パネルを右クリックしてチャンネル1と2を結合を選択し、12の入力すべてを結合します。 このモードでは、両方の出力が同じ信号を生成します。

 

 


 

 

今回【VCO-1】と共に追加した【UNITY】モジュールは【SUM】モジュールともいわれて信号をまとめて出力するモジュールです。

 

 

動画では2つの【VCO-1】からのSAW(ノコギリ波)の出力をまとめて【VCF】のINに信号を送っています。

 

 

こういったユーティリティ系のモジュールはモジュール増えてくると何かと仕様頻度高くなりそうですねー。

 

 

ではまた次回!

 

 


 

 

VCV Rack解説動画はじめました!

 

 

ブログと連動していくのでよろしくお願いします!

 

 

VCV Rack 操作方法 解説 | その3 ~追加VCO+UNITY編~ |初心者でもわかる 解説 - YouTube

 


f:id:Marronfieldsproduction:20190717183551j:plain



 

 

 

VCV Rack 解説 その7 ~デフォルトパッチを使おう!AUDIO-8モジュール編~

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@MFProducionです。

 

 

これから自分の学びも兼ねて無料で使えるオープンソースのヴァーチャルモジュラーシステムのVCV Rackhttps://vcvrack.com/)の使い方を書いていこうと思います。

 

 

 今回はテンプレートパッチの音の最終出力先のAUDIO-8について書いていこうと思います。

 

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190711150433j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190711150801j:plain



Audio Driver

オーディオドライバーの選択をします。

(ASIO、CORE AUDIOなど)

 

 

Audio Device

オーディオドライバーの選択をします。

(コンピューター内部のものにするか、もしくは接続されているインターフェイス)

 

 

Sample rate

サンプルレートの設定をします。

※選択したドライバー/インターフェイスによって異なります。

 

 

Block Size

レーテンシー(コンピューターの発音での遅延)の設定をします。

※選択したドライバー/インターフェイスによって異なります。

 

 

【TO DEVICE1~8】

ここではMIXER【OUT】それぞれ1/2に音声信号を受けています。

 

 

【FROM DEVICE1~8】

8チャンネルの音声出力です。

 

コンピューターのサウンド・ドライバーでもお手持ちのオーディオインターフェイスでも音出しすることが可能です。

 

 

ではまた次回!

 

 


 

 

VCV Rack解説動画はじめました!

 

 

ブログと連動していくのでよろしくお願いします!

 

 

VCV Rack 操作方法 解説 | その3 ~追加VCO+UNITY編~ |初心者でもわかる 解説 - YouTube

 


f:id:Marronfieldsproduction:20190717183551j:plain



 

 

 

VCV Rack 解説 その6 ~デフォルトパッチを使おう!MIXERモジュール編~

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@MFProducionです。

 

 

これから自分の学びも兼ねて無料で使えるオープンソースのヴァーチャルモジュラーシステムのVCV Rackhttps://vcvrack.com/)の使い方を書いていこうと思います。

 

 

 今回は入力された音の波形をグラフィカルに表示するMIXERについて書いていこうと思います。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190711145256j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190711144515j:plain

 

 

…見てのとおりミキサーです笑

 

 

モノラル4チャンネルの入出力があります。

 

 

パンもミュートもない、かなりシンプルな仕様ですね。

 

 

シンセの音出したいだけならこれで十分です。

 

 

入力

【CV】

マスターレベルに信号を送ります。

テンプレートではAUDIO-8TO DEVICE1/2に送っています。

 

 

【IN1~4】

音声信号を受けるセクションです。

テンプレートではVCFLPFからの信号を受けています。

 

 

【CV1~4】

CV信号を受けるセクションです。

テンプレートではADSROUTからの信号を受けています。

 

 

出力

 【CH1~4】

チャンネル1~4の信号を出力します。

テンプレートではSCOPEに出力されています。

 

 

【MIX】

ミキサーのメインミックスを出力します。

テンプレートではAUDIO-8に出力されています。

 

 

やりたいことが増えてくるとモジュールが増えるのでそうなったら別のミキサーモジュール使うのがいいと思います。

 

 

 

ではまた次回!

 

 


 

 

VCV Rack解説動画はじめました!

 

 

ブログと連動していくのでよろしくお願いします!

 

 

VCV Rack 操作方法 解説 | その3 ~追加VCO+UNITY編~ |初心者でもわかる 解説 - YouTube

 


f:id:Marronfieldsproduction:20190717183551j:plain



 

 

 

VCV Rack 解説 その5 ~デフォルトパッチを使おう!SCOPEモジュール編~

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@MFProducionです。

 

 

これから自分の学びも兼ねて無料で使えるオープンソースのヴァーチャルモジュラーシステムのVCV Rackhttps://vcvrack.com/)の使い方を書いていこうと思います。

 

 

 今回は入力された音の波形をグラフィカルに表示するSCOPEについて書いていこうと思います。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190710032446j:plain

  

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190711041125j:plain

 

 

いわゆる電圧を表示することで、信号の動作を視覚化するオシロスコープ的な感じでしょうか。

 

 

…じつはぼくこのへん無知なので入力した信号を波形にするっていう以外、ちょっとわかりません(^^;

 

 

XSCL

【XIN】に入力された波形の幅を調整します。

 

 

XPOS

【XIN】に入力された波形の位置を調整します。

 

 

YSCL

 【YIN】に入力された波形の幅を調整します。

 

 

YPOS

【YIN】に入力された波形の位置を調整します。

 

 

TIME

波形の表示のスピードを調整します。

 

 

X/Y / X×Y

波形の表示を切り替えます。

 

 

TRIG

TRIGの位置を設定します。

 

 

INT / EXT

INT / EXTを切り替えます。

 

 

入力

【XIN】

信号の入力をします。みずいろで表示されます。

 

 

【YIN】

信号を入力します。ピンクで表示されます。

 

 

【EXT】

EXTの入力です。

(よくわかりません)

 

 

 

 

VCVのモジュール選択画面で「Visual」のタグを選ぶとSCOPEをはじめ、アナライザーなどたくさんのモジュールを使うことができます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190710094732j:plain

 

 

たくさん並べるのも楽しいかもしれませんね^^

 

 

ではまた次回!

 

 


 

 

VCV Rack解説動画はじめました!

 

 

ブログと連動していくのでよろしくお願いします!

 

 

VCV Rack 操作方法 解説 | その3 ~追加VCO+UNITY編~ |初心者でもわかる 解説 - YouTube

 


f:id:Marronfieldsproduction:20190717183551j:plain



 

 

 

VCV Rack 解説 その4 ~デフォルトパッチを使おう!ADSRモジュール編~

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@MFProducionです。

 

 

これから自分の学びも兼ねて無料で使えるオープンソースのヴァーチャルモジュラーシステムのVCV Rackhttps://vcvrack.com/)の使い方を書いていこうと思います。

 

 

今回はシンセサイザーの時間的な音のコントロールをするADSRです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190709033205j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190709033909j:plain

 

 

EG(ENVELOPE GENERATOR)

エンベロープ・ジェネレーター】

とも言われます。

 

 

ADSRとは

 

 

ATTACK (ノートオン時の音の立ち上がり)

DECAY(音の立ち上がったATTACKのあとの変化)

SUSTAIN (DECAYのあとの変化)

RELEASE(ノートオフ時の変化)

 

 

の4つのパラメーターでコントロールします。

 

 

このテンプレート・パッチだとADSRのモジュールで音量とフィルターのコントロールを設定できるようになっています。

 

 

ATTACKDECAY / SUSTAIN RELEASEそれぞれCV入力があるのでかなり変態的な音作りが期待できそうです笑

 

 

入力系

【GATE】

GATE信号を入力です。おもにキーボードやシーケンサーからの信号を入力します。

 

 

【RETRIG】

RETRIGERの信号の入力です。こちらもおもにおもにキーボードやシーケンサーからの信号を入力します。

 

 

出力系

【OUT】

 ADSRの設定を通ったあとここから出力されます。

このパッチではミキサーモジュールの【CV】とVCFの【FREQ】に信号を送っています。

 

 

 

 

 

音量やフィルターや以外にもピッチなど入力できるのでシンセサイザーの音作りにとって基本であり重要な要素の一つです。

 

 

モジュラーシンセだとより自由度が高く、さまざまなソースを入力できるので思いもしないようなサウンドができるかもしれませんね^^

 

 

ではまた次回!

 

 


 

 

VCV Rack解説動画はじめました!

 

 

ブログと連動していくのでよろしくお願いします!

 

 

VCV Rack 操作方法 解説 | その3 ~追加VCO+UNITY編~ |初心者でもわかる 解説 - YouTube

 


f:id:Marronfieldsproduction:20190717183551j:plain



 

 

 

VCV Rack 解説 その3 ~デフォルトパッチを使おう!VCFモジュール編~

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@MFProducionです。

 

 

これから自分の学びも兼ねて無料で使えるオープンソースのヴァーチャルモジュラーシステムのVCV Rackhttps://vcvrack.com/)の使い方を書いていこうと思います。

 

 

今回はシンセサイザーの音の基礎となる波形を生み出すVCFです。

 

 

VCFとは

 

Voltage Controlled Filter

(ヴォルテージ・コントロールド・フィルター)

 

 

の略で入力された音声の明るさを調整するものでシンセサイザーの音作りには欠かせない要素です。「フィルター」「カットオフ」などの表記をされる場合もあります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190705034529j:plain

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190705034609j:plain

 

 

FREQ

 音の明るさ(カットオフの値)の調整をします。

 

FINE

FREQの微調整をします。

 

RES

カットオフ周波数近辺を強調して音にクセをつけるような効果を与えます。

代表的な例だと「ミョンミョン」とか「ビョーン」という感じの音がでます。

 

FREQ CV

FREQのCV出力を調整します。

基本音色の明るさはFREQFREQ CVで調整します。 

 

DRIVE

 音に歪みを与えます。

 

 

 入力系

【FREQ】

音の明るさにCV信号を送ります。

 

 

【RES】

 レゾナンスにCV信号を送ります。

 

 

【DRIVE】

 DRIVEに信号を送ります。

 

 

↑この3つはおもにADSRやLFOからの信号を受けて音作りする感じですね。

 

 

【IN】

 オシレーターなどの音声信号を入力します。

 

 

出力系

【LPF】

 ローパスフィルターを出力します。

 

 

【HPF】

ハイパスフィルターを出力します。

 

 

ローパス / ハイパスその名の通り、低域、高域のフィルターのコントロールですね。

 

 

 

 

 

実際音鳴らすとこんな感じです。

 

 

 

VCF(フィルター)はADSR(エンベロープ)やLFOと組み合わせて時間的な変化を付けられるのでさらに深い音作りが可能になります。

 

 

ではまた次回!

 

 


 

 

VCV Rack解説動画はじめました!

 

 

ブログと連動していくのでよろしくお願いします!

 

 

VCV Rack 操作方法 解説 | その3 ~追加VCO+UNITY編~ |初心者でもわかる 解説 - YouTube

 


f:id:Marronfieldsproduction:20190717183551j:plain



 

 

 

VCV Rack 解説 その2 ~デフォルトパッチを使おう!VCOモジュール編~

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@MFProducionです。

 

 

これから自分の学びも兼ねて無料で使えるオープンソースのヴァーチャルモジュラーシステムのVCV Rackhttps://vcvrack.com/)の使い方を書いていこうと思います。

 

 

今回はシンセサイザーの音の基礎となる波形を生み出すVCOです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190704050539j:plain

 

 

VCOとは

 

 

Voltage Controlled Oscillator

(ヴォルテージ・コントロールド・オシレーター)

 

 

の略で通常「オシレーター」と言われています。

 

 

電気的に音を発振させてシンセサイザーの基本となるサイン波、三角波、ノコギリ波、矩形波の音を鳴らします。

 

 

このVCO-1モジュールではFM、オシレーターシンク、パルスワイズモジュレーションなどの音声合成 が可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190703043243j:plain



ANLG / DIGI

 

 

ANLG

f:id:Marronfieldsproduction:20190704052017j:plain

 

 

DIGI

f:id:Marronfieldsproduction:20190704052019j:plain

 

アナログ(ANLG)の波形にくらべてデジタル(DIGI)の波形の方が尖っているのがわかります。

 

 

FREQ

音の高さ(ピッチ)のコントロールをします。

 

HARD / SOFT

より強いシンクにするHARDかなめらかなSOFTにするかの切り替えスイッチです。

 

 

FINE

音の高さ(ピッチ)の微調整をします。

 

 

P.WITDH

【PWM】に信号を入力するとパルス幅変調(パルスワイズモジュレーション)します。

音にゆらぎやうねりの効果を与えることができます。

 

 

FM CV

【FM】に入力した信号の深さを調整します。

FM変調は複雑な倍音を生み出し、ノイジーな音や金属的な音などを作ることができます。

 

 

PWM CV

【PWM】 に入力した信号の深さを調整します。

 

 

【V/OCT】

ピッチ情報の信号の入力です。

 

 

MIDIキーボードなどからくる信号やシーケンサーのモジュールなどからの演奏時はここに信号を送ります。

 

 

【FM】

FM (Freakency Modulation)の信号の入力です。

 

 

【SYNC】

オシレーターシンクの信号の入力です。

 【SYNC】に信号を入力することでオシレーター同士の周波数を強制的に同期(シンク)させ複雑な波形を作り出すオシレーターシンクが可能になります。

 

 

【PWM】

パルスワイズモジュレーションの信号の入力です。

 

 

【SIN】

SINE波(サイン)の信号を出力します。

 

 

【TRI】

TRIANGLE(三角波)の信号を出力します。

 

 

【SAW】

SAW(ノコギリ波)の信号を出力します。

 

 

【SQR】

SQUARE(矩形波)の信号を出力します。

 

 

VCOはつねに信号を出し続けているのでもう一つVCOを追加して信号を入力すれば自己発音できます。

 

 

 

 

VCOだけでもここまでの音色変化を得ることができます。

 

 

通常のアナログシンセシンセサイザー

 

 

オシレーター(VCO)をフィルター(VCF)やエンベロープ(ADSR)で削っていく「減算方式」の音作りですが

 

 

モジュラーシンセなら波形の入力にさまざまな信号を送って幅広い音作りが可能になります。

 

 

VCV RackはデフォルトパッチだとVCO一つなのでもう一つVCOを追加してオシレーター同士で信号を送るといろいろ音が変化して楽しいです♪

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190705054127j:plain

 

 

【VCV Rack|くりっぱーとろにくすブログ連動動画】

 

 

VCV Rack 操作方法 解説 | その4 ~VCO変調編~ |初心者でもわかる 解説 - YouTube

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20190717194428j:plain

 

 

それではまた次回!

 

 


 

 

VCV Rack解説動画はじめました!

 

 

ブログと連動していくのでよろしくお願いします!

 

 

VCV Rack 操作方法 解説 | その3 ~追加VCO+UNITY編~ |初心者でもわかる 解説 - YouTube

 


f:id:Marronfieldsproduction:20190717183551j:plain