くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

KORG volca drum コルグ ヴォルカ 操作方法 | その4 ~サウンドオシレーター編②~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106073107j:plain

 

 

KORGさんのvolcaシリーズ、

 

 

第三のドラム音源volca drumの解説です。

 

 


 

 

 今回はKORG volca drum

 

 

基本的なドラムサウンドを作って

 

 

パターンを打ち込んでいきます。

 

 

KORG volca drum キックサウンドを作ろう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116032711j:plain

 

 

KORG volca drum

 

 

2つの【LAYER】から1つの【PART】サウンド作りをしますが

 

 

まずは1つのレイヤーでサウンド作りをします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116033103j:plain

 

 

【SRC】サイン波

【MOD】ライズフォール

【EG】リニアアタックリリース

 

 

を選択します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116033420j:plain

 

 

【MOD】でピッチのカーブを作ります。

 

 

〔AMOUNT〕でピッチを変化させる量、

 

 

〔RATE〕モジュレーションのはやさ

 

 

を設定します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116033730j:plain

 

 

さらに〔PITCH〕

 

 

レイヤーのピッチを調整します。

 

 

KORG volca drum スネアサウンドを作ろう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116033949j:plain

 

 

【SRC】ローパスフィルターノイズ

【MOD】ライズフォール

【EG】リニアアタックリリース

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116034158j:plain

 

 

音の減衰 / 余韻の〔RELEASE〕

 

 

〔PITCH〕で音色を調整します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116034417j:plain

 

 

さらに【LAYER 2】のボリュームを上げて

 

 

【LAYER 1】ノイズ・音の余韻

【LAYER 2】サイン波・アタック感

 

 

というイメージで音作りしていきます。

 

 

KORG volca drum ハイハットサウンドを作ろう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116034827j:plain

 

 

【SRC】ハイパスフィルターノイズ

【MOD】ライズフォール

【EG】リニアアタックリリース

 

 

クローズハイハットを再現したいので

 

 

音の減衰 / 余韻の〔RELEASE〕

 

 

短めにします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116035055j:plain

 

 

【PART】3で作成したクローズをコピーして

 

 

音の減衰 / 余韻の〔RELEASE〕

 

 

長めにしてオープンハイハットサウンドを作ります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116035448j:plain

 

 

【PART】3 / 4の【CHOKE】モードをオンにして

 

 

チョーク奏法(どちらかの音がミュートされる)を可能にします。

 

 

KORG volca drum ランダムサウンド / パターンを作ろう!

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116035918j:plain

 

 

【PART】1~4で基本的な

 

 

ドラムサウンドを作ったので

 

 

【PART】5 / 6はランダムサウンドにしてみました。 

 

 

【RANDOMIZE】はランダマイズしたいパートを選択して

 

 

【FUNC】を押しながら

 

 

-RANDOMIZE-  9 (LAYER)

-RANDOMIZE- 10 (PATTERN)

 

 

を押すとそれぞれランダムなサウンド、パターンが

 

 

作成されます。

 

 

KORG volca drum

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116040545j:plain

 

 

【EDIT / STEP】がオンの時は

 

 

【DRV】オーバードライブ

【PAN】パン(ステレオ定位)

【GAN】ミックス前のゲインの調整

【BIT】ビットクラッシャー

【FLD】ウェーブフォルダ

 

 

【SELECT / PARAM】で選択して

 

 

【LEVEL / VALUEでパートのサウンドの調整ができます。

 

 


 

 

KORG volca drum ブログ連動動画

 

 

KORG volca drum コルグ ヴォルカ 操作方法 その4 ~サウンドオシレーター編②~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200115042246j:plain

 

 

KORG volca drum その4 ~サウンドオシレーター編②~ まとめ

 

 

 ざっとドラムのサウンドを作ってみましたが

 

 

かなり多機能なのでシンセサイザーの音作りに慣れてない方は

 

 

ちょっと大変かも知れませんが

 

 

構造自体はシンプルなので慣れてしまえば

 

 

いろいろな音作りが可能になります。

 
 
 RANDOMIZE機能を使ってランダムに
 
 
レイヤー、パターンを作成して
 
 
そこから音作りしていくのも楽しいです。
 
 
全パート、ランダマイズだとわけわからなくなるので笑
(それはそれでありかもですがw)
 
 
今回のように
 
 
基本パート+ランダマイズ
 
 
はおすすめです^^
 
 
ではまた次回!
 
 
 
 
 
KORG volca drum 動画再生リスト

 

 

KORG volca drum 動画再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116044057j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

KORG volca drum コルグ ヴォルカ 操作方法 | その3 ~サウンドオシレーター編①~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106073107j:plain

 

 

KORGさんのvolcaシリーズ、

 

 

第三のドラム音源volca drumの解説です。

 

 


 

 

 今回はKORG volaca drumサウンドの要、

 

 

オシレーターについての解説です。

 

 

KORG volca drum サウンドの仕組みを理解しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200115033523j:plain

 

 

KORG volca drumは6つの【PART】を鳴らすことができます

 

 

一つの【PART】

 

 

二つの【LAYER】で構成されています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200115033922j:plain

 

 

サウンドエディットする場合は

 

 

【LAYER 1 / 2】のボタンを押すことによって

 

 

LAYER 1

LAYER 2

LAYER 1 / 2(同時にエディット)

 

 

を切り替えることが可能です。

 

 

KORG volca drum サウンドをエディットしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200115034251j:plain

 

 

【PITCH】のつまみをまわすと

 

 

選択中のレイヤーのサウンドのピッチを

 

 

コントロールできます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200115034503j:plain

 

 

【ATTACK】のつまみで

 

 

選択中のレイヤーの音の立ち上がりを

 

 

コントロールすることができます。

 

 

値が大きいほど立ち上がりが遅くなります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200115034719j:plain

 

【RELEASE】のつまみで

 

 

選択中のレイヤーの音の減衰を

 

 

コントロールすることができます。

 

 

値が大きいほど音の余韻が長くなります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200115035019j:plain

 

 

【SEND】のつまみで

 

 

選択中のレイヤーの【WAVE GUIDE】の掛かる深さを

 

 

コントロールすることができます。

 

 

KORG volca drum SRC + MOD + EG

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200115035301j:plain

 

 

KORG volca drumサウンド

 

 

【SRC】(オシレーター)

サイン波 / ノコギリ波 / ローパスフィルターノイズ

ハイパスフィルターノイズ / バンドパスフィルターノイズ

 

 

【MOD】(モジュレーション)

ライズフォール / サイン波 / ノイズ

 

 

【EG】(エンベロープジェネレーター)

リニアアタックリリース / エクスポネンシャルアタックリリース

マルチピークアタックリリース

 

 

で構成されています。

 

 

【SELECT / PARAM】のつまみで

 

 

各組み合わせに設定できるので切り替えます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200115040222j:plain

 

 

【MOD(モジュレーション)】(変調)

 

 

〔AMOUNT〕(量)

〔RATE〕(はやさ)

 

 

でコントロールします。

 

 

 


 

 

KORG volca drum ブログ連動動画

 

 

KORG volca drum コルグ ヴォルカ 操作方法 | その3 ~サウンドオシレーター編①~ | 初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200115033109j:plain

 

 

KORG volca drum その3 ~サウンドオシレーター編①~ まとめ

 

 

 KORG volca drumはちょっと操作が面倒ですが

 

 

基本はシンセサイザーなので各レイヤーを

 

 

・何の波形を鳴らすか

【SRC】(オシレーター)

サイン波 / ノコギリ波 / ローパスフィルターノイズ

ハイパスフィルターノイズ / バンドパスフィルターノイズ

 

 

・どういう変調をするか 

【MOD】(モジュレーション)

ライズフォール / サイン波 / ノイズ

 

 

・時間的変化はどうするか

【EG】(エンベロープジェネレーター)

リニアアタックリリース / エクスポネンシャルアタックリリース

マルチピークアタックリリース

 

 
 というのをイメージすると
 
 
理想の音に近づきやすいと思います。
 
 
あとはランダマイズして適当にいじくる
 
 
っていう手もありますね笑
 
 
ではまた次回!
 
 
 
 
 
 
KORG volca drum 動画再生リスト

 

 

KORG volca drum 動画再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116044057j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

KORG volca drum コルグ ヴォルカ 操作方法 | その2 ~パターンを打ち込もう!編~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

 

 

KORGさんのvolcaシリーズ、

 

 

第三のドラム音源volca drumの解説です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106073107j:plain

 

 


 

 

今回はパターンの打ち込みの解説です。

 

 

KORG volca drum 打ち込む前にパターンをクリアーしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114045124j:plain

 

 

まず1~6の消去したいパターンを選択します。

 

 

【FUNC】を押しながら

 

 

任意のパターンを消去したい場合は

 

 

-CLEAR 15- 【PART】を押します。

 

 

選択しているパターンをすべて消去したい場合は

 

 

-CLEAR 16- 【ALL】を押します。

 

 

KORG volca drum 新しくパートに打ち込もう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114045709j:plain

 

 

1~6のパターンを入れたいパートを選択して

 

 

【EDIT / STEP】ボタンを押してステップモードに入ります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114050212j:plain

 

 

1~16のステップを押して音を配置していきます。

 

 

KORG volca drum PRBでパターンに変化を加えよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114050429j:plain

 

 

PRBとはProbably(多分)という意味で

 

 

1~100で設定します。

 

 

【PRB】の値を減らすと減らすほど

 

 

音が鳴ったり鳴らなかったりします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114051503j:plain

 

 

KORG volca drum SLICEで音を刻もう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114051712j:plain

 

 

【EDIT / STEP】ボタンを押して【SLICE】ボタンを

 

 

押します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114052219j:plain

 

 

スライスしたいステップの番号を押しながら

 

 

【LEVEL / VALUEのつまみをまわします。

 

 

グリッヂのような効果が得られます♪

 

 

KORG volca drum

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114052549j:plain

 

 

KORG volca drum ステップにアクセントをつけよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114052752j:plain

 

 

【EDIT / STEP】ボタンを押して【ACCENT】ボタンを

 

 

押します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114053021j:plain

 

 

スライスの時と同様に

 

 

強弱をつけたいステップの番号を押しながら

 

 

【LEVEL / VALUEのつまみをまわします。

 

 

KORG volca drum ポリリズムを演奏しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114053402j:plain

 

 

【ACT STEP】を押すと

 

 

アクティヴステップモードに入ります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114053607j:plain

 

 

1~6のパートのアクティヴステップは

 

 

通常はオンになっていますが

 

 

特定のステップをオフにすることによって

 

 

そのステップは飛ばされて再生されて

 

 

パートごとに違うステップのオン / オフだと

 

 

ポリリズム的な演奏が可能になります。

 

 

KORG volca drum スイングでリズムを跳ねさせよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114054215j:plain

 

 

【SWING】のつまみをまわすと

 

 

リズムを跳ねさせることが可能です。

 

 

リズムマシンではおなじみの機能ですね。

 

 

KORG volca drum ランダマイズ機能でパターンを鳴らそう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114054529j:plain

 

 

パターン考えるのメンドクサイとか笑

 

 

いつもと違うパターンが欲しいって時ありますよね。

 

 

そんな時に便利なのがRANDOMAIZE機能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114055026j:plain



ランダムにしたいパートを選択して

 

 

【FUNC】を押しながら-RANDOMAIZE- PATTERN 10を押すと

 

 

パターンがランダムに作成されます。

※-RANDOMAIZE- LAYER 9だと音色がランダム作成されます。

 

 


 

 

KORG volca drum ブログ連動動画

 

 

KORG volca drum コルグ ヴォルカ 操作方法 その1 ~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114044940j:plain

 

 

KORG volca drum その2 ~パターンを打ち込もう!編~ まとめ

 

 

わりと操作が多いですが

 

 

パターン打ち込みのおおまかな流れは

 

 

まず16のステップに音を配置して

 

 

【Probably】(確立)

【SLICE】(刻み)

【ACCENT】(強弱)

【ACTIVE STEP】(ステップ数)

 

 

で変化をつけるという感じですね。

 
 
 とりあえず全部ランダマイズという手もありますが笑
 
 
いろいろ試してみると面白いですよね。
 
 
ではまた次回!
 
 
 
 
 
 
KORG volca drum 動画再生リスト

 

 

KORG volca drum 動画再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116044057j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

KORG volca drum コルグ ヴォルカ 操作方法 | その1~基礎操作編~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

 

 

 

volca drum

 

 

KORGさんの人気のvolcaシリーズの

 

 

第三のドラム音源として登場した

 

 

デジタル・パーカッションシンセサイザーです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106073107j:plain

 

 

何気にぼくはじめてのvolca

 

 

このvolca drumなんですが

 

 

このちっこい筐体からは想像できないほど

 

 

多彩な音を出せますね。

 

 


 

 

KORG volca drum 仕組みを理解しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114040304j:plain

 

 

KORG volca drumは

 

 

6つのパートを打ち込み+演奏することが可能です。

 

 

1つのパートはレイヤーと呼ばれる2つのオシレーター波形

 

 

構成されています。

 

 

パートはとくに振り分けがなく

 

 

自由に使える6つのトラック(パート)があるドラムシンセサイザー

 

 

という感じですね。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114040708j:plain

 

 

このvolca drumの特徴でもある【WAVE GUIDE】

 

 

モデリングでドラムの胴の鳴りなどを演算により再現できます。

 

 

またエフェクター的な使い方も可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114041144j:plain

 

 

他のvolcaシリーズと同様に

 

 

MIDI INSYNC IN / OUTがあるので

 

 

MIDI機器や他のvolcaシリーズ、SYNCがあるマシンとの

 

 

同期が可能です。

 

 

KORG volca drum パターンを演奏しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114041543j:plain

 

 

再生ボタンでパターンの再生、

 

 

1~6の【PART】を押すと

 

 

各パートの選択ができます。

 

 

音色のエディット、打ち込み、録音する場合は

 

 

まずパターンを選択します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114041947j:plain

 

 

パターンを変更したい場合は

 

 

【FUNC】+【LORD KIT】を同時押しします。

 

 

1~16までの下の【PART】を押すと

 

 

パターンを切り替えることができます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114042355j:plain

 

 

パターンをミュートしたい場合が

 

 

【MUTE】ボタンを押しながら

 

 

1~6の任意のパートを押すとミュートできます。

 

 

ミュートを解除したい場合は再び同じパートを押します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114042753j:plain

 

 

【TEMPO】で56~240のBPMの変更が可能です。

 

 

 


 

 

KORG volca drum ブログ連動動画

 

 

KORG volca drum コルグ ヴォルカ 操作方法 その1 ~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114035759j:plain

 

 

KORG volca drum その1 ~基礎操作編~ まとめ

 

 

 KORG volca drumは

 

 

コンパクトで多彩な音が出せる分、

 

 

ボタンの組み合わせで違うエディットしたり

 

 

操作もけっこう複雑で

 

 

ある程度の理解がないと直感的に扱えない印象です(^^;

 

 
でもその分表現力は高いドラムシンセサイザーなので 
 
 
いろいろ使っていこうと思います!
 
 
ではまた次回!
 
 
 
 
 
KORG volca drum 動画再生リスト

 

 

KORG volca drum 動画再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116044057j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

Behringer べリンガー PRO-1 操作方法 | その7 ~外部CVをつなごう!編~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

 

 

お友達で音楽プロデューサーの

 

 

クラカワさん(@TomoyaJuku)さんにお借りした

 

 

Behringer社のアナログ・モノフォニック・シンセサイザー

 

 

【PRO-1】で解説動画作りましたー!

f:id:Marronfieldsproduction:20191226082935j:plain


 

 

今回は外部のCVシンセサイザー

 

 

Behringer NEUTRON

 

 

marronfieldsproduction.hatenablog.com

 

 

を使ってモジュレーションしています。

 

 

Behringer PRO-1 オシレーターに信号を送ろう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200113125311j:plain

 

 

今回Behringer NEUTRONはオーディオアウトは

 

 

接続していません。

 

 

 Behringer PRO-1

 

 

モジュレーターとして使用します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200113125502j:plain

 
 
NEUTRON【OUT】OSC2 (SINE)
 
 
PRO-1 OSC CV▽
 
 
にCVケーブルを接続します。
 
 
NEUTRON【OSC 2 】[TUNE]の値を動かすと
 
 
PRO-1 OSC
 
 
モジュレーションがかかったサウンドになります。
 
 
Behringer PRO-1 モジュレーション元のオシレーターを変えよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200113130428j:plain

 

 

NEUTRON

 

 

・SINE(サイン波)

・TRIANGLE(三角波

・SAW(ノコギリ波)

・PULSE(パルス波)

・TONE GENELATOR(トーンジェネレーター)

 

 

の5つのオシレーター波形を使えるので

 

 

NEUTRON【OUT】OSC2

 

 

オシレーターの種類や[TUNE]の値を変えると

 

 

それぞれのモジュレーションを得ることができます。

 

 

Behringer PRO-1 NEUTRONでレゾナンスを変調しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114025552j:plain

   

 

NEUTRON【OUT】OSC2 
 
 
PRO-1 RESO CV▽

 

 

NEUTRONオシレーター2で

 

 

PRO-1のレゾナンスを変調します。

 

 

なんかウェーブテーブルっぽい質感な感じもしますね♪

 

 

NEUTRONオシレーター波形を変えると

 

 

変調の仕方も変わるので

 

 

いろいろ楽しめます。

 

 

Behringer PRO-1 NEUTRONでフィルターを変調しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114030109j:plain

 

 

NEUTRON【OUT】OSC2 
 
 
PRO-1 RESO CV▽

 

 

NEUTRONオシレーター2で

 

 

PRO-1のカットオフ(フィルター)を変調します。

 

 

かなり過激なフィルター変化を得ることができます。

 

 

Behringer PRO-1 サンプル&ホールドで変調しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200114030433j:plain

 

 

NEUTRON【OUT】S & H
 
 
PRO-1 OSC CV▽

 

 

NEUTRONの【S & H】(サンプル&ホールド)で

 

 

PRO-1オシレーターを変調します。

 

 

NEUTRONのS & Hの信号を送ることにより。

 

 

PRO-1オシレーターをランダム演奏することができます。

 

 

PRO-1にS & Hの機能はないので

 

 

外部CVパッチングならではの演奏ですね。

 

 


 

 

Behringer PRO-1 ブログ連動動画

 

 

Behringer ベリンガー PRO-1 操作方法|その7 ~外部CVをつなごう!編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200113125004j:plain

 

 

Behringer PRO-1 その7 ~外部CVをつなごう!編~ まとめ

 

 

 Behringer PRO-1

 

 

ざっと使ってみましたが

 

 

シンプルだけど面白いシンセサイザーだと思いました。

 

 

オリジナルのPro Oneが長年人気があったのも頷けます。

 

 
 
 
としても十分楽しいですが
 
 
その6や今回でやったように
 
 
セミモジュラーの機能もあるので
 
 
内部 / 外部でパッチングを楽しむこともできます。
 
 
前回も書きましたが
 
 
Behringerさんのクローン機は
 
 
オリジナルの再現 + 「あるといいな」
 
 
 があって現代でも使いやすいです♪
 
 
やはり外部CVで変調させると可能性がさらに広がります。
 
 
今回はNEUTRONを使いましたが
 
 
もちろんCV出力のある
 
 
別のシンセサイザーやモジュールでも可能です。
 
 
逆にPRO-1でNEUTRONを変調…
 
 
なんてこともできます。
 
 
PRO-1はすでに返却済みなので
 
 
このへんもうちょっと研究したかったかなー。
 
 
今回モジュレーション用に使ったNEUTRON
 
 
 
 
両方あってもいいな笑
 
 
ではまた次回!
 
 
 
 
 

 

Behringer PRO-1 動画再生リスト

 

 
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116042129j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

Behringer べリンガー PRO-1 操作方法 | その6 ~CVをつなごう!編~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

 

 

お友達で音楽プロデューサーの

 

 

クラカワさん(@TomoyaJuku)さんにお借りした

 

 

Behringer社のアナログ・モノフォニック・シンセサイザー

 

 

【PRO-1】で解説動画作りましたー!

f:id:Marronfieldsproduction:20191226082935j:plain


 

 

今回はSequential Circuits Pro-Oneにはない

 

 

Behringer PRO-1オリジナル機能のCV

 

 

についての解説です。

 

 

 

Behringer PRO-1 CVを理解しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200110083032j:plain

 

 

CVとはControl Voltageの略で

 

 

機能的にはモジュレーションの延長のような感じです。

 

 

marronfieldsproduction.hatenablog.com

 

 

 

モジュールとモジュールを実際に

 

 

ケーブルでつないで変調させる

 

 

という感じですね。

 

 

Behringer PRO-1

 

 

各CVが▽入力 / △出力と表記されているのでわかりやすいです♪

 

 

Behringer PRO-1 ケーブルでつないでみよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200110083802j:plain

 

 

△MIXEROSC CV▽につなぎます。

 

 

オシレーター〔FREQUENCY〕などの

 

 

値を変えると音が変化します。

 

 

さらに【MIXER】〔NOISE / EXT〕の値を上げると

 

 

ノイジーな感じの音になります。

 

 

Behringer PRO-1 △MIXERからLFO CV▽へ

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200110084337j:plain

 

 

 

△MIXERからLFO CV▽につないで

 

 

LFOの値を上げると

 

 

狂ったように変調します笑 

 

 

Behringer PRO-1 エンベロープで変調しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200110084748j:plain

 

 

Behringer PRO-1通常のエンベロープモジュレーションは

 

 

【FLITER ENVELOPE】のみ

 

 

ですが

 

 

CVのパッチングなら【AMPLIFER】のエンベロープ

 

 

モジュレーションソースとして使用可能です。

 

 

Behringer PRO-1 レゾナンスをモジュレーションしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200110085233j:plain

 

 

△AUDIO OUT → RESO CV▽につなぐと

 

 

レゾナンスがノイジーな感じの音に変化します。

 

 

こういった音の変化はCVならではですね♪

 

 

Behringer PRO-1 EXT(外部入力)にLFOをつなごう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200110085602j:plain

 

 

LFO OUT → EXT▽(外部入力)

 

 

で音を鳴らすとかなりノイジーな音になります笑

 

 

Behringer PRO-1 EXT(外部入力)に外部マシンをつなごう!

 

 

 

 

KORG volca drumの出力を

 

 

Behringer PRO-1EXT▽(外部入力)に

 

 

つなぎます。

 

 

音がぶっとくノイジーになってかなり良い感じでした。

 

 

フィルターやレゾナンスの効きも良いです♪

 

 

 


 

 

Behringer PRO-1 その6 ~CVをつなごう!編~ ブログ連動動画

 

 

Behringer ベリンガー PRO-1 操作方法|その6 ~CVをつなごう!編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200110082431j:plain

 

 

Behringer PRO-1 その6 ~CVをつなごう!編~ まとめ

 

 

Behringer PRO-1はSequential Circuits Pro-Oneの

 

 

クローン・シンセサイザーとして

 

 

十分クオリティが高いシンセサイザーですが

 

 
CVパッチングでモジュレーションすることにより化けます笑 
 
 
 
オリジナルを再現しつつ
 
 
 
「あるといいな」
 
 
的な機能をくっつけてしまうところも
 
 
べリンガー・クローン・シンセサイザーの魅力ですね♪
 
 
ではまた次回!
 
 
 
 
 

 

Behringer PRO-1 動画再生リスト

 

 
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116042129j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

Behringer べリンガー PRO-1 操作方法 | その5 ~SEQUENCER & ARP編~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

 

 

お友達で音楽プロデューサーの

 

 

クラカワさん(@TomoyaJuku)さんにお借りした

 

 

Behringer社のアナログ・モノフォニック・シンセサイザー

 

 

【PRO-1】で解説動画作りましたー!

f:id:Marronfieldsproduction:20191226082935j:plain


 

 

オリジナルのPro One、およびBehringer PRO-1には

 

 

簡易シーケンサーアルペジエーターが付いてます

 

 

Behringer PRO-1 【SEQUENCER】シーケンサーを使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200109010613j:plain

 

 

【SEQUENCER】シーケンサーはSEQ 1 / SEQ 2の

 

 

2つのシーケンスを録音することが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200109065605j:plain

 

 

【SEQUENCER】の〔RECORD〕のスイッチをオンにして

 

 

〔SEQ 1〕のスイッチをオンにして

 

 

Behringer PRO-1とつないであるMIDI鍵盤等で録音を開始します。

 

 

終了したらいったん〔SEQ〕をオフにして

 

 

〔RECORD〕のスイッチを〔PLAY〕に切り替えます。

 

 

ふたたび〔SEQ 1〕のスイッチをオンにすると

 

 

先ほど録音したフレーズが演奏します。

 

 

〔SEQ 2〕も同様のやり方で録音できます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200109070531j:plain

 

 

シーケンサーの演奏スピードは

 

 

LFO / CLOCK】でコントロールできます。

 

 

※電源をオフにしても〔SEQ〕に録音したデータは残ります。

 

 

Behringer PRO-1 【ARPアルペジエーターを使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022718j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200109070956j:plain

 

 

ARPをオンにすると2音以上の

 

 

ノートを同時に押さえた場合分散して繰り返し鳴らす機能です。

 

 

【UP】押さえたノートを低い音から高い音まで繰り返し鳴らします。

 

 

【UP / DOWN】押さえたノートを順番に上下に鳴らします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200109072050j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200109072112j:plain

 

 

 

 


 

 

Behringer PRO-1 ブログ連動動画

 

 

Behringer ベリンガー PRO-1 操作方法|その5 ~SEQUENCER & ARP編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200109010148j:plain



 

Behringer PRO-1 その5 ~SEQUENCER & ARP編~ まとめ

 

 

 

 【SEQUENCER】ARP

 

 

現代ではとくに目新しい機能ではありませんが笑

 

 

1980年代初頭のPro-Oneの時代では

 

 

かなり面白い機能だったと思います。

 
 

1980年代初期のシンセサイザーは和音を鳴らせない

 

 

モノフォニック・シンセサイザーが多かったので

 

 

それをカバーするための機能だったとも言われています。

 

 
 FM音源やサンプリングのPCM音源がメインになってからは
 
 
ほとんどのシンセサイザーで和音が鳴らせるようになり
 
 
こういった機能は多くのシンセサイザーで省かれていきました。
 
 
Sequential Circuits Pro-Oneが長い間人気あったのも
 
 
 
音もさることながら
 
 
こういった機能があったからかも知れませんね。
 
 
 
ではまた次回!
 
 
 
 
 

 

Behringer PRO-1 動画再生リスト

 

 
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116042129j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com