Kurippertronixxxのブログ

音楽を通して楽しみを共有したい音楽クリエーターのブログ

【スポンサーリンク】

【Kuripper's Guitar】ZOOMからの回答G5

見た目は浅黒いタイ人、中身はネイティヴ・グンマー。

音楽リエータのKurippertronixxx@MFProducionです。

 

f:id:Marronfieldsproduction:20180524035811j:plain

 

今回は僕が愛用しているギターのエフェクター

ZOOM G5のお話をさせていただきます。

 

f:id:Marronfieldsproduction:20180530041051p:plain

 

ライブ活動を始めたころ使ってたエフェクター

壊れてしまって新しいのを探していたところ

ちょうどこのZOOMのG5が発売されました

(2012年発売現在は販売終了)

 

ギターのエフェクターというといわゆるストンプボックス

小さいコンパクト・エフェクター

を並べて繋いで使うというイメージですが

このG5ははそれをそのままデジタルで再現しちゃおうぜって感じです。

 

これまでのフロアタイプのマルチももちろんそれを再現したものでしたが

このG5はフィジカルな部分も含めて再現していることが大きな特徴です。

 

www.zoom.co.jp

 

ZOOMさんといえば

ハイエンド機材というより、

コストパフォーマンスがよく、

エントリーユーザー向けモデルが

多いメーカーさんです。

 

特にデジタルのマルチエフェクター

開発し続けてきたZOOMさんですが、

アンプシュミレーター

ストンプボックス

デジタルエフェクト

を統合させて新感覚のZペダルまで装備して

相当な気合いが伺えます。

 

箱にも

「The Answer」(キリッ!)

 って書いてあるあたりZOOMさんの気合いが伺えました。

 

デザインも未来的でスタイリッシュな感じがして

カッコ良いと個人的には思います^^

 

G5は

・128のエフェクター

・22のアンプモデル

・Zペダル

・チューブブースター搭載

・ルーパー機能

・オーディオインターフェイス機能

などなど

 

とにかく当時のZOOMさんの技術を

すべてブチ込んだようなモリモリな内容です。

 

中でもこの「Zペダル」が僕がG5を使い続ける理由です。

 

このZペダルは

通常の垂直方向のペダル操作だけでなく水平方向にも可動し、これによりボリューム(垂直方向)、モジュレーション周期(水平左方向)、ディレイタイム(水平右方向)というように、最大3つのエフェクトパラメーターを同時にコントロールすることができます。

 

という今ギターのペダルを一歩上をいくペダルです。

Zペダル用のパッチも用意されています。

 

特にこの「Granular」というパッチがお気に入りです。

f:id:Marronfieldsproduction:20180530042625j:plain

いわゆるグリッヂ的なエフェクトです。

僕が知る限りマルチエフェクター

こういうエフェクトあるのG5だけじゃないかなって思います。 

 

このG5では「Custom」というパッチで

エフェクターのパラメーターを

Zペダルにアサインできます。

f:id:Marronfieldsproduction:20180531054901j:plain

例えばピッチシフターとヴィブラートのパッチを

Zペダルにアサインして

ペダルを踏み込んでピッチシフターでピッチを上げつつ

ペダルを横に振ってヴィブラートを掛けるといった

シンセサイザーみたいな演奏も可能です。

 


【Kuripper's Guitar】ZOOM からの回答

 

■気に入っている点■

・とにかくZペダル

・GRANULARエフェクト

・機能が豊富

シタールアコースティックギターのシュミレーションもある

・わりとコンパクト

 

■惜しい点■

・歪み系にデジタル臭さを感じる

・バンクの切り替えがボタン2つ押し

真空管機能が特に使わない

・Zペダルのパッチは他のエフェクトとカスタムできない

・ステレオ入力だったらもっと面白かった

 

個人的評価 (★5点満点)

サウンド   ★★★

操作性    ★★★★

視認性    ★★★★

拡張性    ★★★ ( Edit&Shareというソフトで音色エディット、パッチ管理が可能 )

お買い得度  ★★★★★

 

■総評■

とにかく当時のZOOMの技術を

全てブチ込んで完成させたような製品です。

クリーン系や空間系のエフェクトは素晴らしいけど

肝心のアンプモデリングや歪みはやっぱり

デジタル臭さみたいなのは感じます。

 

僕にとってそれを補っても余りある機能がたくさんあります。

 

個人的にはギタリスト!って感じじゃないし、

あくまで音の出るデバイスとしてギターを使っているだけなので

(自分のサウンドとして)リアルなアンプサウンドとか(好きですけど)

こだわりません。

 

僕の場合、音作りもシンセの延長みたいな感じですね笑

 

一時期ギターシンセサイザーという手段も

検討したことありましたが、

いろいろ検討するうちにギターをコントローラーとして使って

シンセの音源をトリガーすることに

あまり興味なくなってしまいました。

ならシンセ普通に鳴らすなり弾けばいいじゃん!って笑

 

それならエフェクターでシンセみたいな

音作る方が楽しいし、やりがいありますね。

 

時がたち、ZOOM G5nが発売されました。

僕はきっとG5の進化したエフェクターだと思い

楽しみにしていましたが、、、

 

Zペダルがない!!!!!!

Granularエフェクトもない!(>_<)

 

という事実が判明しました。。。

 

使ったことないので何ともいえませんが

おそらくよりDSPは向上してるだろうし、

ギターエフェクターとしての製品に

ポテンシャルおいたのかな。。。

 

ZOOM G6とか出るならZペダル復活するかな。

なので僕はこのG5を使い続けようと思います!

 

G5自体機能も多く、 

面白い機能がたくさんあるのでまたの機会に^^

 

黄昏コードとCrane Headzと僕

見た目はガイジン、中身はネイティヴ・グンマー。

音楽リエータのKurippertronixxx@MFProducionです。

f:id:Marronfieldsproduction:20180524035811j:plain

 

この度、黄昏コード(TaSoGaRecord)

コンピレーションアルバムに参加させていただきました!

f:id:Marronfieldsproduction:20180517031330j:plain 

黄昏コードは電子音楽ユニットの

Seven Days Warの相方のTsuruoka "2ru" Kazuhito氏が

主催する架空のレコードレーベルで

7年振りのコンピレーションの第二弾に

僕も参加させていただきました。

 

f:id:Marronfieldsproduction:20180517032507j:plain

今回は僕個人のKurippertronixxx名義の

ソロ作品「Biometriq」という楽曲を提供しました。

 

この曲は

「2018年は自己表現の年にしよう」

と思っていて今年の年明けに作った曲です。

 

空間系シンセ、アコースティック・サウンド、

ノイズ、グリッヂ、サスティン

と僕の要素が全て詰まった曲です。

 

無理に入れようとかじゃなくて

自分の表現したいことを反映させたら自然とそうなりました。

 

そしててあしくちびるとのユニット、

Crane Headzとしても楽曲を提供しました。

f:id:Marronfieldsproduction:20180517121502j:plain

てあしくちびるは

kawauchibanri : ヴォーカル / アコースティックギター

くっちー : ヴォーカル / バイオリン

からなる

ツーピース・アコースティックオルタナティヴ・ポップバンド

です。

 

てあしくちびるの二人の

アコースティック・ギターとバイオリンと声、

そして僕の電子音。

三人でイチから一緒にデモを作ってスタジオに

入りレコーディングしました。

 

数々のライブをこなしているてあしくちびるだけあって

レコーディングはとてもスムーズに進められました。

 

僕個人の制作は自宅のDAW環境で完結するので

マイク立てて、楽器や声を録音する作業は

基本やらないのですが、とても楽しかったです^^

 

TaSoGaRecord Compilation Album Vol.02 (ダイジェスト)


TaSoGaRecord / compilation album vol.02 (digest)

01 Tsuruoka Kazuhito / Sinking Blue
02 studio pandarin* / beautiful days
03 chigira / March31
04 takk / ゆうかい
05 茂山コウタ / ningen
06 Crane Headz / Crane Headz
07 fpk / 515
08 イポップサン / パラダイムシフト
09 Kurippertronixxx / Biometriq
10 skddj × chii / Hello Galaxy
11 エヴァンゲリオンズ / Jyuli
12 Tsuruoka Kazuhito / Lonesome Boy's Landscape

ジャケットデザイン

Front : MilkyMars 

Back : Mari Katayama

                                     

電子音楽を中心に北関東界隈の
個性派変態アーティスト達が集結しました!笑

 

エレクトロニカだったり、クラシカルだったり、

アヴァンギャルドだったり、ノイズだったり、

歌ありだったり、ポップだったり、と

かなり面白いコンピレーション作品になったと思います。

 

面白いことに、個性的なメンツで

みんなやってることはバラバラなのに

コンピ作品として聴くと不思議と統一感がある気がしました。

 

TaSoGaRecord Compilation Album Vol.02  (¥1,000+送料)

是非たくさんの人に聴いてもらいたいです。

こちらで購入できます!

mfproduction.thebase.in

 

このコンピアルバム制作記念イベントとして

桐生のBasement Lounge Level-5

 

【黄昏 in my head】

 

というコンピ参加アーティスト達による

ライブイベントをやります!

 

f:id:Marronfieldsproduction:20180524034258j:plain

 

…そして今年6月に約20年の歴史に

ピリオドを打つLevel-5での最後の

ライブになります。。。

 

 

 

【WAVEDRUM叩き隊】vol.10 スタジオからKonnichiwa!

見た目はガイジン、中身はネイティヴ・グンマー。

音楽リエータのKurippertronixxx@MFProducionです。

 

f:id:Marronfieldsproduction:20180503202107j:plain

 

【WAVEDRUM叩き隊】第十回、

今回は自宅を飛び出してスタジオで

叩いてみましたー!

僕のライブはラップトップPCやら

ギターやらその他諸々…

持っていくのでセッティングが

ちょっと面倒ですが^^;

スタジオは音も気にせず出せるし、

スペースも広くて気分が変わっていいですね。

 

ヒトカラならぬヒトリハなので

料金もかなり個人練習でリーズナブル。

 

自宅から車で3分くらいでいけるので

これからも利用したいと思います^^

 

 

そして 

せっかくの【WAVEDRUM叩き隊】なので

6/1に参加するライブの中で使ってみようと

思っています!

 


【WAVEDRUM叩き隊】vol.10 スタジオからKonnichiwa!

 

当初はWAVEDRUMだけの予定でしたが

miniもイイ感じのメタリックな音が鳴らせる

のでセットしてみました。

 

「曲に合わせて叩く」という行為に

まだ慣れてませんが純粋に楽しいです♪

 

もっと練習して叩けるようになりたいですね!

 

ではまた次回!

 

-------------------------------------------------------------------------
  
 
今回のお話を読んでどんなことを感じましたか?

ぜひコメント、いいね!、シェア等していただけたら嬉しいです^^

 

 

 

【WAVEDRUM叩き隊】vol.9 miniの問題点

見た目はガイジン、中身はネイティヴ・グンマー。

音楽リエータのKurippertronixxx@MFProducionです。

 

f:id:Marronfieldsproduction:20180503202107j:plain

 

【WAVEDRUM叩き隊】第九回、

 

いつでもどこでも叩けるWAVEDRUM mini

WAVEDRUM Globalと同様にホント叩いてるだけで楽しいのですが

今回は問題点・ネガティヴ・レビューします。

 

内蔵スピーカーの音鳴りが

小さ過ぎる!!!!!(>_<)

 

バッテリー駆動でスピーカーも付いてて

どこでも叩けて素晴らしいんですが

内蔵スピーカーの音が小さいです。

大きさからして低音が出ないのは仕方ない

とは思いますが、強く叩いたりすると

実際にパッドを叩く音の方が大きかったりします。

空間系のエフェクトなんかかけると余計に小さくなります。

音自体はいいのに勿体無い。。。

 

値段とサイズ考えたら仕方ないのかなぁ。

 

…そこで僕は

 

「外部モバイルスピーカーで鳴らせばいいじゃんっ!」

 

と思いつき、モバイルスピーカーを買ってみました。

 

 

Anker SoundCore Boost

というモバイルスピーカーで

Bluetooth通信+AUX入力
・IPX5防水規格
・モバイルバッテリー機能搭載

と今時の製品らしくなかなか多機能です^^

 

ミニギターアンプなんかもちょっと検討しましたが

やっぱり違う気がしてこのスピーカーにしてみました。

 


【WAVEDRUM叩き隊】vol.8 miniの問題点

 

実際使ってみて正直もうちょっと

音量欲しかった気もしなくもないですが

まぁサイズ考えたら妥当かなと。

 

コンパクトかつスタイリッシュなデザインだし

持ち運びが手軽というのが重要でした。

 

WAVEDRUM mini自体も持ち出しありきで買ったので

もちろんスピーカーも持ち出し易いのが基準。

 

あんまり大きいの買うと今度は持ち運びが大変ですからね(^^; 

 

これでいつでもどこでも叩けます!^^

 

 

ではまた次回!

 

-------------------------------------------------------------------------
  
 
今回のお話を読んでどんなことを感じましたか?

ぜひコメント、いいね!、シェア等していただけたら嬉しいです^^

 

 

 

【WAVEDRUM叩き隊】vol.8 WD miniも叩き隊!

見た目は外人、中身はNative Japaneseの

音楽クリエーターKurippertronixxx@MFProducionです。

 

f:id:Marronfieldsproduction:20180503202107j:plain

 

【WAVEDRUM叩き隊】第八回、

 

WAVEDRUM mini買っちゃいました笑

 

f:id:Marronfieldsproduction:20180516025916j:plain

 

WAVEDRUM Mini 仕様

サウンド 100
エフェクト 10
リズム・パターン 100 (パターンに重ね録り可能)
ループ 最大25秒 (フレーズの始端から終端の時間)
出力端子 OUTPUT( モノラル・フォーン・ジャック)、
ヘッドホン(ステレオ・ミニ・フォーン・ジャック)
入力端子 CLIP接続端子
アンプ出力/スピーカー 1.3 W
ディスプレイ 2キャラクター 7セグメントLED
サンプリング周波数 48 kHz
A/D、D/A 変換 24 bit
電源 DC9V
付属AC アダプターまたはニッケル水素充電池x6 電池寿命 約4時間 ニッケル水素充電池(1900mAh)使用時 ※使用電池、使用状況によって変わります。

消費電力 7.5 W
質量 1.0 kg (電池含まず)
外形寸法 216 (W) x 216 (D) x 67 (H) mm
使用温度条件 0〜+40℃ (結露させないこと)

付属品 取扱説明書、ACアダプター、センサー内蔵クリップ

 

WAVEDRUM GLOBALとの違いは

・センサークリップ

・ループ機能で演奏をどんどん重ねていける

・スピーカー内蔵

・電池駆動可能(電源アダプターは付属)

 

さすがに感度や表現力は

WAVEDRUM GLOBAL

及びませんが笑

 

かわりに

クリップセンサーやルーパーの採用など

ユニークで使える機能が

手軽に扱えます。

 


【WAVEDRUM叩き隊】vol.8 WD miniも叩き隊!

 

何でminiを買ったかというと、

コミュニケーションツールとして

WAVEDRUM miniを買いました。 

 

楽器経験のない人でも

10分くらい操作すれば

大体覚えられると思います。

 

クリップセンサーを使えば何にでも楽器になります。

あとはひたすら叩くだけです笑

 

特にクリップセンサーの着眼点と採用は素晴らしいと思います!

 

どこでも誰でも叩ける素晴らしいガジェットだと思います。

 

今後はこれ使っていろんなとこに持ち出してセッションとか

したいなーって思ってます^^ 

 

ではまた次回!

 

-------------------------------------------------------------------------
  
 
今回のお話を読んでどんなことを感じましたか?

ぜひコメント、いいね!、シェア等していただけたら嬉しいです^^

 

 

 

【WAVEDRUM叩き隊】vol.7 タブラの音を叩き隊!

音楽リエータのKurippertronixxx(@MFProducion)です。
 

【WAVEDRUM叩き隊】第七回、

 

「WAVEDRUMってタブラのリアルな音出せるの?」

 

とコメントいただいたので

今回はタブラの音を叩いてみましたー!

 

f:id:Marronfieldsproduction:20180503202107j:plain

 

タブラは北インドの打楽器で

シタールとともにいろんなジャンルで使われてますよね。

僕も大好きな楽器です。

 

 


【WAVEDRUM叩き隊】vol.7 タブラの音を叩き隊!

 

WAVEDRUMはパッドの感度がすごく良いので

指でも細かい表現が可能です。

 

話してるだけでも振動で共鳴してますしね笑

 

ライブなんかでハウリング等の

問題もありそうですね。

 

逆にそれでなんか面白いことも

できそうな気もしますが笑

 

叩く、撫でる、押すという生演奏をデジタルに変換して鳴らす、

まさにエレクトロ・アコースティックな楽器ですね。  

 

この感じは他の電子ドラムとは一線を画していますね。

 

 

ではまた次回!

 

-------------------------------------------------------------------------
  
 
今回のお話を読んでどんなことを感じましたか?

ぜひコメント、いいね!、シェア等していただけたら嬉しいです^^

 

 

 

【WAVEDRUM叩き隊】vol.6 ディレイを使って叩き隊!

音楽リエータのKurippertronixxx(@MFProducion)です。
 

【WAVEDRUM叩き隊】第六回、

今回はディレイを使って叩いてみましたー!

 

f:id:Marronfieldsproduction:20180503202107j:plain

 

今回はカリンバの音にディレイを掛けて演奏してみました。

 

 

 


【WAVEDRUM叩き隊】vol.6 ディレイを使って叩き隊!

  

 

今回は編集とかの実験してます(^^;

 

今後はこのWAVEDRUM使って

僕なりの何か面白いことできたら

いいなーって思ってます。 

 

ではまた次回!

 

-------------------------------------------------------------------------
  
 
今回のお話を読んでどんなことを感じましたか?

ぜひコメント、いいね!、シェア等していただけたら嬉しいです^^