くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

Behringer べリンガー PRO-1 操作方法 | その4 ~MODULATION編~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

お友達で音楽プロデューサーの

 

 

クラカワさん(@TomoyaJuku)さんにお借りした

 

 

Behringer社のアナログ・モノフォニック・シンセサイザー

 

 

【PRO-1】で解説動画作りましたー!

 

 

Behringer PRO-1 その4 ~MODULATION編~ ブログ連動動画

 

 

Behringer ベリンガー PRO-1 操作方法|その4 ~MODULATION編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107052359j:plain

 

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191226082935j:plain


 

 

今回はシンセサイザーの音作りに欠かせない

 

 

MODULATION(変調)について。

 

 

モジュレーションとは

 

 

モジュールに対して信号を送って音を変化させるっていうイメージです。

 

 

たとえばシンセサイザーのビブラートは

 

 

オシレーターというモジュールに

 

 

LFOというモジュールのサイン波もしくは三角波

 

 

波形の信号を送って変調させてピッチを揺らす効果得ている。

 

 

みたいな感じです。

 

 

Behringer PRO-1 MODULATIONの仕組みを理解しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022503j:plain

 

 

Behringer PRO-1は

 

 

【FROM】

f:id:Marronfieldsproduction:20200108041904j:plain

 

 

FIL ENV(フィルターエンベロープ

OSC B (オシレーター B)

LFO (LFO)

 

 

を使って

 

【TO】

f:id:Marronfieldsproduction:20200108041938j:plain

 

 

・OSC : オシレーター A / BのFREQ(ピッチ)

・OSC PW :オシレーター A / Bのパルスワイズモジュレーション

・FILTER : フィルター 

 

 

に信号を送ってモジュレーション(変調)をかけることが可能です。

 

 

Behringer PRO-1 MODULATIONのかけ方を決めよう!

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200108043001j:plain



MODULATIONの【FROM】【TO】に

 

 

それぞれあるスイッチで変調の仕方を設定します。

 

 

【WHEEL / WH】

 

MIDIキーボード等に付いているモジュレーションホイール、

 

もしくはMIDI CC1を使って変調

 

 

【DIRECT / DIR】

 

そのまま変調

 

 

をスイッチによって選択します。

 

 

 

Behringer PRO-1 FIL ENVでオシレーターAのピッチを変調しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200108043550j:plain

 

 

【FROM】〔FIL ENV〕  >【TO】〔OSC FREQ A〕 (DIR)

 

 

に設定して

 

 

【FROM】〔FIL ENV〕AMOUNT(量)の値をあげます。

 

 

フィルターのエンベロープオシレーターAのピッチ(FREQ)が

 

 

変化するようになります。

 

 

Behringer PRO-1 オシレーターBでオシレーターAを変調しよう!

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200108044342j:plain

 

 

オシレーター Bの波形のスイッチをオンにします。

 

 

【FROM】〔OSC B〕  >【TO】〔OSC A FREQ〕 (DIR)

 

 

に設定して

 

 

【FROM】〔OSC B〕AMOUNT(量)の値をあげます。

 

 

〔OSC A 〕〔OSC B〕で変調することによって

 

 

ノイジーサウンドを得ることができます。

 

 

またここでは〔OSC B〕

 

 

モジュレーションのソースとして使用しているので

 

 

〔OSC B〕の音量を0にしても

 

 

モジュレーションの効果は残ります。

 

 

Behringer PRO-1 LFOを使って変調しよう!

 

 

LFO(Low Frequency Oscillator)とは

 

 

オシレーターの一種で低周域のオシレーターです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200108045124j:plain

 

 

 

【FROM】〔LFO  >【TO】〔OSC A FREQ〕 (DIR)

 

 

に設定して

 

 

【FROM】〔LFOAMOUNT(量)の値をあげます。

 

 

オシレーターAはLFO三角波にそって

 

 

ピッチ(FREQ)の変化をします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200108045653j:plain

 

 

LFO / CLOCK】の波形を変えると

 

 

当然変調の仕方も変わります。

 

 

LFO / CLOCK】〔FREQUENCY〕

 

 

変調のスピードを変えることができます。

 

 

Behringer PRO-1 LFOとパルスワイズモジュレーションでうねりを出そう!

 

 

パルスワイズモジュレーション(PW)とは

 

 

矩形波の幅(パルス幅)を連続的に変化させてうねりを出す変調です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200108050117j:plain

 

 

【OSCILLATOR A】でパルス波のスイッチをオンにします。

 

 

【FROM】〔LFO  >【TO】〔OSC A PW〕 (DIR)

 

 

に設定して

 

 

【FROM】〔LFOAMOUNT(量)の値をあげます。

 

 

うねりのあるパルスサウンドになります。

 

 

同様にオシレーター Bにも同じモジュレーションをすると

 

 

さらに厚みのあるサウンドを得ることができます。

 

 

Behringer PRO-1 フィルターを変調しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200108050944j:plain

 

 

【FROM】〔LFO  >【TO】〔FILTER〕 (DIR)

 

 

に設定して

 

 

【FROM】〔LFOAMOUNT(量)の値をあげます。

 

 

三角波ならオートワウ

 

 

パルス波ならゲート

 

 

的な効果を得ることができます。

 

 

LFO / CLOCK】〔FREQUENCY〕

 

 

変調のスピードを変えることができます。

 

 

 


 

 

Behringer PRO-1 その4 ~MODULATION編~ ブログ連動動画

 

 

Behringer ベリンガー PRO-1 操作方法|その4 ~MODULATION編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107052359j:plain

 

 

Behringer PRO-1 その4 ~MODULATION編~ まとめ

 

 

 モジュレーションって難かしそう!

 

 

ってイメージがあるかも知れませんが

 

 

PRO-1のモジュレーションは

 

 

【FROM】を使って

 

 

【TO】オシレーターやフィルターなど)を

 

 

どう変化させるってことだけなので

 

 

かなりシンプルです。

 

 

でも動画でやったのはあくまで一部。

 

 

まだまだいろんな組み合わせがあるので

 

 

ぜひいろいろ試してみてください^^ 

 
 
 
ではまた次回!
 
 
 
 
 

 

Behringer PRO-1 動画再生リスト

 

 
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116042129j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

Behringer べリンガー PRO-1 操作方法 | その3 ~FILTER & AMPLIFER編~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

お友達で音楽プロデューサーの

 

 

クラカワさん(@TomoyaJuku)さんにお借りした

 

 

Behringer社のアナログ・モノフォニック・シンセサイザー

 

 

【PRO-1】で解説動画作りましたー!

 

 

Behringer PRO-1 その3 ~FILTER & AMPLIFER編~ ブログ連動動画

 

 

Behringer ベリンガー PRO-1 操作方法|その3 ~FILTER & AMPLIFER編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107045107j:plain

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191226082935j:plain

 


 

 

Behringer PRO-1 フィルターを使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107045530j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107045734j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107045738j:plain

 

 

Behringer PRO-1のフィルターは

 

 

ローパスフィルターのみとなっています。

 

 

潔いっ!笑

 

 

Behringer PRO-1 ENVELOPEのADSRで時間的変化をくわえよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107050042j:plain

 

 

シンセサイザーにおける音作りにおいて

 

 

重要な要素のADSRでフィルターのコントロールをします。

 

 

ATTACK : 音が立ち上がるまでの時間

DECAY : Attackのあとの時間

SUSTAIN : Decayのあとの音の伸びの時間

RELEASE : ノートオフしたあとの時間

 

 

【ENVELOPE AMOUNT】

 

 

フィルターにADSRがかかる深さをコントロールします。

 

 

Behringer PRO-1 AMPLIFERで音量に時間的変化をくわえよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107050912j:plain

 

 

AMPLIFER】は音量(ヴォリューム)をADSRで

 

 

時間的コントロールをします。

 

 

ATTACKの値を上げると音の立ち上がりが遅くなります。

 

 

DECAYSUSTAINの値をあげるとノートオン時は

 

 

音が鳴り続けます。

 

 

RELEASEの値を上げるとノートオフしたあとの

 

 

音の減衰の時間が長くなります。

 

 

 


 

 

Behringer PRO-1 その3 ~FILTER & AMPLIFER編~ ブログ連動動画

 

 

Behringer ベリンガー PRO-1 操作方法|その3 ~FILTER & AMPLIFER編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107045107j:plain

 

 

Behringer PRO-1 その3 ~FILTER & AMPLIFER編 まとめ

 

 

 Behringer PRO-1はローパスフィルターのみ

 

 

なので扱いもすごくシンプルです。

 

 

レゾナンスも発振しますし。

 

 

アナログシンセサイザーの音作りの入門として

 

 

良い感じなんではないかと。

 

 

EXTの外部入力を使ってフィルターマシンとしても使えます。

 

 

じっさいKORGさんのvolca drum入れたらすごく良かったです^^

 
 
ではまた次回!
 
 
 
 
 

 

Behringer PRO-1 動画再生リスト

 

 
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116042129j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

Behringer PRO-1 べリンガー 操作方法 | その2 ~オシレーター編~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

お友達で音楽プロデューサーの

 

 

クラカワさん(@TomoyaJuku)さんにお借りした

 

 

Behringer社のアナログ・モノフォニック・シンセサイザー

 

 

【PRO-1】で解説動画作りましたー!

 

 

Behringer PRO-1 ブログ連動動画

 

 

Behringer ベリンガー PRO-1 操作方法|その2 ~オシレーター編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107032202j:plain

 

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191226082935j:plain

 


 

  

Behringer PRO-1 オシレーターを鳴らそう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022525j:plain

 

 

OSCILLATOR A

ノコギリ波 / パルス波

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022544j:plain

 

 

OSCILLATOR B

ノコギリ波 / 三角波 / パルス波

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022748j:plain

 

 

Behringer PRO-1

 

 

OSCILLATOR A / Bノイズを鳴らすことが可能です。

 

 

OSCILLATOR A / B〔FREQUENCY〕で音の高さ

 

 

OCTAVEでオクターブ(0~3の4段階)

 

 

のコントロールが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107033007j:plain

 

 

OSCILLATOR A / Bともにパルス波は

 

 

パルスワイズモジュレーションで

 

 

音に揺らぎを与えることが可能です。

 

 

Behringer PRO-1 オシレーターシンクを鳴らそう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107033544j:plain

 

 

オシレーター A / B両方鳴らしている時、

 

 

OSCILLATOR A の〔SYNC〕をオンにすると

 

 

オシレーターシンク

オシレーターを強制的にシンクさせて高周域に強烈な倍音を生み出す)

 

 

をかけることができます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107034057j:plain

 

 

またすべてのオシレーターをオンにして

 

 

鳴らすことも可能です。

 

 

Behringer PRO-1 ノイズ / 外部入力を鳴らそう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107034352j:plain

 

 

【MIXER】〔NOISE〕でノイズの音量を

 

 

コントロールします。

 

 

また外部入力〔EXT〕がある場合は外部のソースの音量を

 

 

コントロールします。

 

 

 

 

 

Behringer PRO-1 GLIDEでポルタメント奏法しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107034949j:plain

 

 

【GLIDE】の値を大きくすると次の音への移行が遅くなり

 

 

ポルタメント奏法が可能になります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107035207j:plain

 

 

【MODE】〔RTEG〕をオンにすると

 

 

ノート(鍵盤)を押さえながら次のノートを押さえると

 

 

音がなります。

 

 

ノーマルでは次のノートを押さえると音が止まります。

 

 

ぼくは基本的には〔RTEG〕をオンにしています。

 

 

 

Behringer PRO-1 ポリフォニックで鳴らそう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107035956j:plain

 

 

Behringer PRO-1は基本的には同時に

 

 

1音しか鳴らせませんが(モノフォニック)

 

 

【MODE】〔POLY〕のスイッチをオンにすると

 

 

オシレーター A / Bを同時に別々に鳴らす(パラフォニック)

 

 

ことが可能です。

 

 


 

 

Behringer PRO-1 ブログ連動動画

 

 

Behringer ベリンガー PRO-1 操作方法|その2 ~オシレーター編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107032202j:plain

 

 

Behringer PRO-1 まとめ

 

 

Behringer PRO-1シンプルな設計ながら

 

 

ふつうに鳴らしてもぶっといサウンドが出せますが、

 

 

オシレーター A / Bを同時に鳴らしてデチューンでピッチを

 

 

微妙にずらして厚みをだしたり

 

 

パルスワイズやオシレーターシンクも可能なので

 

 

オシレーターだけでもけっこう音作りができます♪

 

 

EXTの外部入力は楽しいですね。

 

 

もっとやりたかったー!

 

 

ぼくもPRO-1、あとで買おうかな笑

 
 
ではまた次回!
 
 
 
 
 

 

Behringer PRO-1 動画再生リスト

 

 
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116042129j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

Behringer ベリンガー PRO-1 操作方法 | その1~基礎操作編~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

Behringer社のアナログ・モノフォニック・シンセサイザー

 

 

【PRO-1】が手元にあるので解説動画作ってみます!

 

 

Behringer PRO-1 ブログ連動動画

 

 

Behringer ベリンガー PRO-1 操作方法|その1~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106015458j:plain

 

 

 

 

 

 このPRO-1なんですが

 

 

じつはぼくのものではなくて

 

 

先日お友達で音楽プロデューサーの

 

 

クラカワさん(@TomoyaJuku)さんのところに

 

 

遊びにいったときに置いてあって

 

 

音出したりして遊ばせてもらっていたのですが

 

 

クラカワさんが

 

 

「それ使い方おぼえたいからYou、ちょっと持って帰って解説動画作ってきてYo!」

(※発言の意訳です笑)

 

 

って言われたので

 

 

お持ち帰りして動画を作りました。

 

 


 

 

Behringer PRO-1

 

 

Sequential Circuits社から

 

 

1981年に発売された【Pro-One】

 

 

クローン化したシンセサイザーです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191226082340j:plain

 

 

オリジナルのPro-One

 

 

音の太さや使い勝手の良さから

 

 

人気のあるシンセサイザーでしたが

 

 

現代のシンセサイザーを意識した

 

 

Behringerさんの製品らしく

 

 

CV / MIDI / USBでのコントロール可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191226082542p:plain

f:id:Marronfieldsproduction:20191226082935j:plain

 

PRO-1のオリジナルの機能として

 

 

CV端子のIN / OUTがあるので

 

 

パッチングでセミモジュラーの機能があります

 

 

Behringer PRO-1 【MODE】音を出してみよう!

 

 

Behringer PRO-1は音を出す方法が

 

 

おもに3つあります。

 

 

・DRONE

音が鳴り続けます。

 

 

・REPERT / EXT

一定のタイミングで音がなります。

LFO / CLOCK】でスピードのコントロールが可能です。

 

 

・USB / MIDI / CVのノート情報で鳴らす

MIDI鍵盤を使ったり、USB / MIDI / CV等のシーケンスを鳴らします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106015823j:plain

 

 

Behringer PRO-1 各種機能を理解しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022503j:plain

・MODULATION

FIL ENV (フィルターエンベロープ

OSCILLATOR B (オシレーター B)

LFOLFO

 

 

を使って

 

 

OSC A / OSC B / OSC AB PW(パルスワイズモジュレーション)/ FILTER

 

 

を変調(モジュレーション)します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022525j:plain

・OSCILLATOR A

ノコギリ波 / パルス波の波形を選択または両方を選択します。

オシレーターシンクも可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022544j:plain

・OSCILLATOR B

ノコギリ波 / 三角波 / パルス波の波形を選択またはすべてを選択します。

LO FREQを選択すると低い音域になります。

KYBDをOFFにするとどのノートでも同じ発音をします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022612j:plain

LFO / CLOCK

ノコギリ波 / 三角波 / パルス波の波形を選択またはすべてを選択します。

FREQUENCYではやさをコントロールします。

シーケンサーアルペジエーターのはやさもこれでコントロールします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022643j:plain

・SEQUENCER

SEQ 1 / 2にそれぞれ違うシーケンスを入れることが可能です。

(電源を切ってもシーケンスは保存されます)

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022718j:plain

ARP

2音以上のノートを分散和音で鳴らします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022748j:plain

・MIXER

OSC A/B / NOISE / EXT(外部入力)の

ボリュームをコントロールします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022819j:plain

・GLIDE

違うノートを鳴らす際に音の変化を出して

 

 

ポルタメント効果をだします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022848j:plain

・MODE

各種音の鳴らし方を設定します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022933j:plain

・FILTER

音の明るさをコントロールします。

 

 

下のエンベロープでフィルター

 

 

の時間的変化を設定します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106023002j:plain

・AMPLIFER

音量の時間的変化を設定します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106023100j:plain

MIDI IN / MASTER TUNE / VOLUME

 鍵盤やシーケンサーから接続するMIDI INと

マスターチューン / ヴォリュームです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106023119j:plain

・CV IN / OUT

 入出力の▲▼の表示がされているのでわかりやすいですね。

 

 


 

 

Behringer PRO-1 ブログ連動動画

 

 

Behringer ベリンガー PRO-1 操作方法|その1~基礎操作編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106015458j:plain

 

 

Behringer PRO-1 その1~基礎操作編~ まとめ

 

 

音がぶっとくて操作もシンプル。

 

 

オリジナルのPro Oneも

 

 

アナログモノフォニックシンセサイザーとして

 

 

完成されてましたが 

 

 

さらにCV入出力をつけてセミモジュラーにしたり

 

 
 Behringerさんのクローンシンセの面白いところは
 
 
オリジナル+あるといいな
 
 
を実現してしまうとこですね!
 
 
ではまた次回!
 
 
 
 
 

 

Behringer PRO-1 動画再生リスト

 

 
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116042129j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

UVI Falcon 2 操作方法 その17 ~IRCAM MULTI GANULAR編〜|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191025030830p:plain



 

f:id:Marronfieldsproduction:20191025030901j:plain

 


 フランスのメーカーUVIさんのソフトウェアの

 

 

とにかくいろいろすご過ぎる要塞みたいなシンセサイザー

 

 

Falcon 2の動画連動ブログです。

 

 

www.uvi.net

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

UVI/FALCON 2【数量限定特価キャンペーン】【オンライン納品】【定番】
価格:26950円(税込、送料別) (2019/10/29時点)

楽天で購入

 

 

 

 


 

 

 

今回は音の粒子を再統合して再生する

 

 

IRCAM GANULAR】のマルチボイス版の

 

 

IRCAM MULTI GANULARオシレーターについて

 

 

IRCAMとはUVIさんのある

 

 

フランスの国立の音響・音楽の研究機関だそうです。

 

 

IRCAM - Wikipedia

 

 

UVI Falcon 2 IRCAM Multi Granular(イルカムマルチグラニュラー)

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191224084842j:plain

 

 

IRCAM Multi Granular(イルカムマルチグラニュラー)

~以下マニュアルより

 

IRCAM Multi Granular(イルカムマルチグラニュラー)オシレーターはIRCAMGranularのマルチボイスバージョンです。グラニュラーで合成した音声にボイスを重ねて、様々なユニゾン効果をもたらすことができます。

 

 

VOICES - ボイス

 


VOICES(ボイス)セクションは、オシレーターボイスに関する設定パラメーターが用意されています:

 


VOICES(ボイス)パラメーターは、重ねる(ユニゾンする)ボイス数を設定します。
設定値が1の場合、IRCAM Granularと同じ音色を創り出すことができます。

 


TIME SPREAD(タイムスプレッド)は、トリガーした際のボイスの発音タイミング(間隔)を設定します。

 


POSITION SPREAD(ポジションスプレッド)は、サンプル再生時のポジション間隔を設定します。

 


GRAIN - グレイン
GRAIN(グレイン)セクションには、グレインに関するパラメーターが用意されています。これらのパラメーターのほとんどIRCAMGranularと同一のものが装備されています。

 

 

• SIZE(サイズ)

• DENSITY(デンシティ)

• JITTER(ジッター)

• WINDOW(ウィンドウ)

• FADE(フェード)

• SYMMETRY(シンメトリー)

• PITCH VARIATION(ピッチバリエーション)

• PITCH CORRECTION(ピッチコレクション) 

 

 

このモジュールには、IRCAM Granularにはないグレインに関するパラメーターが用意されています:

 


DURATION VARIATION(デュレーションバリエーション)は、グレインサイズにバリエーション(変化)を加える際に使用します。

 


REVERSE(リバース)は、グレイン個々の再生方向を設定します。

 


この再生方向は、サンプル再生全体の方向を決定づけるものではありません。つまり、Reverseをオンにした場合、グレインを逆再生しながら、正方向に発音していきます。


POSITION - ポジション


POSITION(ポジション)セクションには、IRCAM Granularと同一のものが装備されています。

 

 

• POSITION(ポジション)
• VARIATION(バリエーション)
• SPEED(スピード)
• DIRECTION(ディレクション
• LOOP MODE(ループモード)

 

 


 

 

「マルチ」ということで

 

 

複数のグレインの読み出しポイントを操ることによって

 

 

複雑でさまざまなサウンドを得ることができます。

 

 

UVI Falcon 2 グレインをマルチで鳴らそう!

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191225025100j:plain

 

 

【VOICES】〔Voices〕でグレインの数を

 

 

増やすことができます(1~8)

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191225025412j:plain

 

 

【VOICES】〔Position Spread〕

 

 

各グレインの再生ポイントの位置

 

 

【VOICES】〔Time Spread〕

 

 

各グレインの再生タイミング

 

 

をずらして

 

 

複雑な音を得ることが可能です。

 

 

UVI Falcon 2 グレインをエディットしよう!

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191225030235j:plain



【GRAIN】【POSITION】のパラメーターは

 

 

【IRCAM GRANULAR】とほぼ同じです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191225030306j:plain

 

 

【MULTI GRANULAR】独自の機能として

 

 

【DURATION VARIATION】

 

 

グレインごとのサイズに変化を与えます。

 

 

【Reverse】をオンにすると

 

 

グレインが逆再生します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191225031257j:plain

 

 

【POSITION】〔Rondom〕

 

 

グレインの再生位置がランダマイズします。

 

 

UVI Falcon 2 モジュレーションでパラメーターを動かそう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191225031614j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191225031923j:plain

 

 

Falconは豊富なモジュレーション機能があるので

 

 

グレインの再生位置やタイミングなど各パラメーター

 

 

モジュレーションで動かすとさらに楽しくなります。

 

 

個人的にこのへんのサウンドをもっと追及したいですね。

 

 


 

 

UVI Falcon 2 ブログ連動動画

 

 

UVI Falcon 2 その17 ~IRCAM MULTI GANULAR編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191224084055j:plain

 

 

UVI Falcon 2 その17 ~IRCAM MULTI GANULAR編〜 まとめ
 
 
 マルチによってより複雑な音のテクスチャーになるので
 
 
パラメーターいじっててとても楽しいです。
 
 
MIDIコントロールアサインしてぐりぐりするもよし、
 
 
オートメーションで動かすもよし、
 
 
モジュレーションで変化させるもよし、
 
 
といろいろ活用できそうです♪
 
 
またサンプル素材もドラム系からドローン系はもちろん、
 
 
メロディものなんか試してみても楽しそうですよね。
 
 
ではまた次回! 
 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

UVI/FALCON 2【数量限定特価キャンペーン】【オンライン納品】【定番】
価格:26950円(税込、送料別) (2019/10/29時点)

楽天で購入

 

  
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

UVI Falcon 2 操作方法 その16 ~IRCAM GANULAR編〜|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191025030830p:plain



 

f:id:Marronfieldsproduction:20191025030901j:plain

 


 フランスのメーカーUVIさんのソフトウェアの

 

 

とにかくいろいろすご過ぎる要塞みたいなシンセサイザー

 

 

Falcon 2の動画連動ブログです。

 

 

www.uvi.net

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

UVI/FALCON 2【数量限定特価キャンペーン】【オンライン納品】【定番】
価格:26950円(税込、送料別) (2019/10/29時点)

楽天で購入

 

 

 

 


 

 

 

 今回は音の粒子を再統合して再生する

 

 

IRCAM GANULARオシレーターについて

 

 

IRCAMとはUVIさんのある

 

 

フランスの国立の音響・音楽の研究機関だそうです。

 

 

IRCAM - Wikipedia

 

 

UVI Falcon 2 【IRCAM GANULAR】

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191220054857j:plain

 

 

IRCAM GANULAR ~以下マニュアルより~

 

IRCAM Granular(イルカムグラニュラー)オシレーターは、グラニュラーシンセシスによるバラエティーに富んだサウンドを生み出します。


この方式はサンプル素材を”グレイン”と呼ばれる細かな”粒”に分割し、これらの粒を再統合して再生する新しい手法です。グレインを音素材を加工・処理する際の最小単位として扱うことで、よりリアルなピッチシフト処理をおこなったり、新たなサウンドテクスチャーの創造をおこなうことができます。

 

GRAIN - グレイン

 


GRAIN(グレイン)セクションには、グレインのサイズや形を決定するパラメーターが用意されています。

 

 

SIZE(サイズ)は、グレインの長さ(大きさ)を設定します。

 


DENSITY(デンシティ)は、同時再生するグレイの数(=密度)を決定します。
1.00に設定した場合、通常再生を意味します。値を1.00以下に設定した場合、グレインの間に空白がつくられ、トレモロのような効果をもたらします。設定値を大きくした場合、グレイン同士の重なりが増し、コーラスやリングモジュレーションのような効果を得ることができます。

 


JITTER(ジッター)は、グレインの再生タインミグに変化(揺れ)を加えます。

 


FADE(フェード)は、グレインのアタックとディケイにフェード効果を加えます。デフォルト値の100%ではフェードオフに設定されます。値を下げることで、グレインのゲインエンベロープシェイプは台形から三角形へと変化します。

 


SYMMETRY(シンメトリー)は、グレインエンベロープのアタックとディケイのバランスを調節します:


• 0% に設定した場合、アタック= 0%、ディケイ=100%となり、よりパーカッシブな結果をもたらします。
• 50% に設定した場合、通常のアタックとディケイが 50% ずつで配分されます。
• 100% に設定した場合、アタック= 100%、ディケイ=0%となり、リバース再生に似た効果をもたらします。

 


WINDOW(ウィンドウ)は、グレインエンベロープの形を設定します。

 


メニューから、

 

 

Triangle(三角形)

Hanning(ハニング曲線)

Welch(ウェルチ曲線)

Square(矩形)

 


を選択することができます。

 

PITCH VARIATION(ピッチバリエーション)は、グレイごとにピッチのランダマイズ効果を加えます。

 


1/100セントから1オクターブの間で設定できます。

 


PITCH CORRECTION(ピッチコレクション)は、グレインをトランスポーズした際のアルゴリズムを決定します。

 


Grain Size(グレインサイズ)は、グレインの大きさを一定に保ちます。

 


Period(ピリオド)は、グレインのサイズをトランスポーズにあわせて調節します。

 

POSITION - ポジション
POSITION(ポジション)セクションには、サンプル素材の再生ポジションに関するパラメーターが用意されています。

 


POSITION(ポジション)は、サンプルトリガーされた際の再生開始位置を設定します。波形エディターのスタートとエンドマーカー間のポジションをパーセンテージで設定します。


POSITION VARIATION(ポジションバリエーション)は、再生ポジションのランダマイズ効果を加える際に使用します。現在の再生ポジションに対してのランダマイズ範囲は、0から500ミリ秒の間で設定できます。


SPEED(スピード)は、サンプルトリガーした際の再生速度を設定します。設定値を”0”近辺に設定することで、Positionパラメーターの操作と連動して手動スクラブ効果を生み出すことができま
す。

最大値の10.00に設定した場合、10倍のスピードで再生されます。

 


DIRECTION(ディレクションは、スクラブ再生の方向を決定します。1.00で正方向、-1.00で逆方向に設定されます。

 


LOOP MODE(ループモード)は、サンプル素材にループが設定されている場合のループ再生挙動を設定します:

 


• NONE(ノン):ループ設定は無効になります。
• FORWARDフォワード):ループ再生は常にループスタートから開始します。再生がループエンドに達すると、再生ポジショははループスタートにジャンプします。
• FORWARD-BACKWARDフォワード - バックワード):ループ再生はループ範囲内で正逆を繰り返します。再生がループエンドに達すると、ループスタートに向かって逆再生し、ループスタート達したら再び正方向に再生をします。

 

 

UVI Falcon 2 オーディオをインポートしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191224025330j:plain


 

 

【IRCAM GANULAR】

 

 

サンプルをオシレーターとして扱うので

 

 

まずオーディオ素材(サンプル)

 

 

ドラッグ&ドロップで読み込みます。

 

 

 

UVI Falcon 2 グレインサウンドを出してみよう!

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191224025852j:plain




音を再生しながら

 

 

〔Size〕〔Density〕〔Jitter〕

 

 

値を変更すると

 

 

モジュレーションがかかったようなサウンド

 

 

得ることができます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191224030616j:plain

 

 

〔Fade〕〔SYMMETRY〕〔Window〕

 

 

グレイン自体のアタックやエンベロープを調整できます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191224034258j:plain

 

 

〔PITCH VARIATION〕〔PITCH CORRECTION〕

 

 

でピッチに変化をあたえることができます。

 

 

お好みでいろいろいじってみてください。

 

 

UVI Falcon 2 サンプル再生を自由に動かそう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191224034711j:plain

 

 

ラニュラーシンセシスの特徴として

 

 

サンプルの読み込む位置やスピードを

 

 

リアルタイムに動かせます。

 

 

また

 

 

〔DIRECTION〕で+-の値にすることによって

 

 

再生と逆再生をコントロールできます。

 

 


 

 

UVI Falcon 2 ブログ連動動画

 

 

UVI Falcon 2 その16 ~IRCAM GANULAR編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191220054335j:plain

 

 

UVI Falcon 2 その16 ~IRCAM GANULAR編〜 まとめ
 
 
 動画ではドラムループを使っていますが
 
 
素材自体でいろいろ化けそうなオシレーターです。
 
 
またFalconは自由なモジュレーション機能があるので
 
 
グレインやサンプルのポジションなんかを
 
 
 モジュレートするのも楽しいですね。
 
 
ではまた次回! 
 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

UVI/FALCON 2【数量限定特価キャンペーン】【オンライン納品】【定番】
価格:26950円(税込、送料別) (2019/10/29時点)

楽天で購入

 

  
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

UVI Falcon 2 操作方法 その15 ~IRCAM SCURB編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191025030830p:plain



 

f:id:Marronfieldsproduction:20191025030901j:plain

 


 フランスのメーカーUVIさんのソフトウェアの

 

 

とにかくいろいろすご過ぎる要塞みたいなシンセサイザー

 

 

Falcon 2の動画連動ブログです。

 

 

www.uvi.net

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

UVI/FALCON 2【数量限定特価キャンペーン】【オンライン納品】【定番】
価格:26950円(税込、送料別) (2019/10/29時点)

楽天で購入

 

 

 

 


 

 

 今回は【IRCAM SCURB】オシレーターについて

 

 

 

IRCAMとはUVIさんのある

 

 

フランスの国立の音響・音楽の研究機関だそうです。

 

 

IRCAM - Wikipedia

 

 

UVI Falcon 2 【IRCAM SCURB】オシレーター

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191220044948j:plain

 

 

【IRCAM SCURB】~以下マニュアルより~

 

 

IRCAM Scrub(イルカムスクラブ)オシレーターは、IRCAM Granularのランダムスクラブアクセス機能を取り出したオシレーターです。ただし、このオシレーターではIRCAM Stretchオシレーターと同じトップクォリティのアルゴリズムを使用するため、通常のグラニュラーオシレーターよりもCPUパワーを消費します。

 

 

PLAYBACK - プレイバック

 


PLAYBACKパラメーターは、IRCAM Granularと同一のものが装備されています。

 


• SPEED(スピード)
• POSITION(ポジション)
• DIRECTION(ディレクション

 

 

ANALYSIS - アナライシス

 


ANALYSISパラメーターは、IRCAM Stretchと同一のものが装備されています。

 


• WINDOW(ウィンドウ)
• PADDING(パディング)
• OVERLAP(オーバーラップ)

 


REMIX - リミックス

 


サンプルに含まれている3つの要素の音量を調節します

 


• SINE(サイン)倍音成分の音量を調節します。
• NOISE(ノイズ):ノイズ成分の音量を調節します。
• TRANSIENTS(トランジェント):トランジェント成分の音量を調節
します。

 


OPTIONS - オプション

 


OPTIONSパラメーターは、IRCAM Stretchと同一のものが装備されています。

 


• TRANSIENTS(トランジェント)
• SHAPE(シェイプ)
• ENVELOPE(エンベロープ
• STEREO(ステレオ)

 

 

UVI Falcon 2 その15 ~IRCAM SCURB編~ サンプルを取り込もう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191220044827j:plain

 

 

まず使いたいサンプルを

 

 

ドラッグ&ドロップでインポートします。

 

 

UVI Falcon 2 【PLAYBACK】グラニュラーでサンプルを鳴らそう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191220045317j:plain



 

〔SPEED〕(スピード)

 

サンプル再生の速度をコントロールします。

 

 

1がオリジナルで0.5が半分、2が倍速になります。

 


〔POSITION〕(ポジション)

 

 

サンプル再生のスタート位置を設定します。

 


〔DIRECTION〕(ディレクション

 

 

サンプル再生の方向と速度を設定します。

 

 

0以下の数値にすると逆再生になります。

 

 

UVI Falcon 2 【ANALYSIS】

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191220045921j:plain

 

 

【ANALYSIS】

 

〔Window〕

〔Padding〕

〔Overlap〕

 

 

はストレッチ/ピッチシフト処理に使用する

 

 

グレインサイズを決定するサンプル検出範囲を設定、

 

 

オーバーサンプリング数、

 

 

グレインのオーバーラップ量の調節をします。

 

 

CPU負荷を消耗するとのことですが

 

 

ウチだとけっこうノイズが増えちゃうので

 

 

あまりいじらないようにしてます(^^;

 

 

UVI Falcon 2 【REMIX】で音のコントロールをしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191220050700j:plain

 

 

この【REMIX】の機能は

 

 

【Sine】倍音の量

【Noise】でノイズの量

【Transient】でトランジェント(アタック成分)の量

 

 

をコントロールすることができる

 

 

なかなか面白い機能です。

 

 

UVI Falcon 2 【OPTION】でサンプルを調整しよう!

  

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191220051410j:plain

 

 

各スイッチをオンにすることで適正な処理をします。

 

 

〔TRANSIENTS〕(トランジェント)

 

 

パーカッシヴな音に適したトランジェント(アタック成分)の調整

 


〔 SHAPE〕(シェイプ)

 

 

声やモノフォニック素材に適した調整

 


〔 ENVELOPE〕(エンベロープ

 

 

ピッチシフトの際に不用な音が発生した際におさえる調整

 


〔STEREO〕(ステレオ)

 

 

ステレオ位相のズレを防止する調整

 

 

サンプルにもよりますが

 

 

出したい音に近づくならオンにしてみるといった感じですね。

 

 

UVI Falcon 2 グラニュラーをモジュレーションしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191220052208j:plain

 

 

ファルコンの魅力のひとつとして

 

 

自由なモジュレーションがあります。

 

 

ここでは

 

 

〔Position〕(サンプルスタートの位置)

〔Direction〕(サンプル再生の方向)

〔Speed〕(サンプル再生の速度)

 

 

LFOのランダム波形によっていろいろな場所から

 

 

再生するように設定しました。

 

 

各パラメーターを右クリックして

 

 

Add Modulation > Keygroup > LFO

 

 

でかんたんに設定できます。

 

 


 

 

UVI Falcon 2 ブログ連動動画

 

 

UVI Falcon 2 その15 ~IRCAM SCURB編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191220043130j:plain

 

 

 

UVI Falcon 2 その15 ~IRCAM SCURB編〜 まとめ
 
 
 
近年グラニュラー関連のシンセサイザー
 
 
増えてますが
 
 
Falconのグラニュラーも手軽に使えてなおかつ
 
 
他のオシレーターと同様にモジュレーションも可能です。
 
 
ラニュラーの場合だと
 
 
サンプルを引き伸ばしたり
 
 
組み換えて別のフレーズにしたり
 
 
自由自在です。
 
 
通常のシンセサイザーとはまた違う
 
 
音作りが楽しめますね♪
 
 
ではまた次回! 
 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

UVI/FALCON 2【数量限定特価キャンペーン】【オンライン納品】【定番】
価格:26950円(税込、送料別) (2019/10/29時点)

楽天で購入

 

  
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com