くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ARTURIA MicroFreak アートリア マイクロフリーク 操作方法 | その1~基礎操作編~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

去年少し動画作って放置してしまっていた(^^;

 

 

フランスのメーカー、

 

 

ARTURIAさんのMicroFreak

 

 

の動画を作っていこうと思います。

 

 

ARTURIA MicroFreak その1~基礎操作編~  ブログ連動動画

 

 

ARTURIA MicroFreak アートリア マイクロフリーク

操作方法 | その1~基礎操作編~ | 初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191009051351j:plain

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Arturia(アートリア) MicroFreak
価格:29800円(税込、送料無料) (2020/8/4時点)

楽天で購入

 

 

 

有名ヴィンテージ・シンセサイザー

 

 

ソフトウェアで再現してきたARTURIAさんですが

 

 

近年はハードウェアのシンセサイザーの製作にも力を入れています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200805045236j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200805045256j:plain

 

 

今回取り上げるMicroFreakは

 

 

デジタルオシレーター+アナログフィルターを搭載した

 

 

エクスペリメンタル・ハイブリッド・シンセサイザーです。

 

 

コンパクトな筐体に

 

 

・ARTURIAの4タイプのシンセエンジンとMutable Instrumentsの7種類、合計11種類のオシレーター

 


・12dBタイプのOberheim SEMをベースにしたアナログフィルター

 

 

アルペジエーター / ステップシーケンサー

 

 

モジュレーションマトリスクスによる内部パッチングでの音作り

 

 

とかなり強力なシンセサイザーです。

 

 

そして

 

 

めちゃくちゃ軽いです!

 

 

ポリフォニックアフタータッチ対応

 

 

タッチキーボードも印象的ですね。

 

 

メーカーさんのホームページでも

 

 

「狂気の一粒」

 

 

とか

 

 

「小さくても凶暴」

 

 

などかなりセンセーショナルで胸アツな売り文句が書いてあります♪

 

 

arturia.jp

 


 

 

今回は基本的な各機能についての解説です。

 

 

ARTURIA MicroFreak つまみの基礎操作をおぼえよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191015042009j:plain

 

 

ARTURIA MicroFreakは各種ボタン、つまみなどが

 

 

色分けされていてわかりやすいです。

 

 

白いつまみはプッシュ式になっていて決定ボタン的な役割もします。

 

 

4つの白いつまみは

 

 

・プリセット

・マトリクス

アルペジエーター / シーケンサー

LFO

 

 

4つのオレンジのつまみは

 

オシレーター

 

 

に配置されています。

 

 

動画だとわかりにくいですが(^^;

 

 

液晶も小さいながら視認性が高いです。

 

 

ARTURIA MicroFreak タッチキーボードを弾こう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200804042009j:plain

 

 

ARTURIA MicroFreakの特徴でもある

 

 

タッチキーボードも反応がいいです。

 

 

ただ自宅やスタジオでの音作り、

 

 

遊びで鳴らす分にはいいけど

 

 

ライブとかで演奏フレーズ弾くとか

 

 

いわゆるキーボード的な演奏

 

 

には向かないすね、、、。

 

 

実際ぼくもライブで演奏するときは

 

 

MIDI鍵盤につないで演奏しました(^^;

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200804042216j:plain

 

 

ピッチベンドもタッチ式です。

 

 

タッチ系は演奏デバイスというよりコントローラー

 

 

として割り切ったほうがいいみたいです。

 

 

ARTURIA MicroFreak オシレーターを鳴らそう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191015060039j:plain



ARTURIA MicroFreak

 

 

モジュラーシンセサイザーでおなじみの

 

 

Mutable Instrumentsが開発したオープンソース

 

 

Plaitsオシレーターも内蔵し、幅広い音作りが可能です。

 

 

4つあるオレンジ色の【TYPE】のつまみオシレーターを選択して

 

 

〔Wave〕〔Timbre〕〔Shape〕の3つのつまみで

 

 

オシレーターのパラメーターをコントロールします。

 

 

【Superwave Oscillator】

Wavetable Oscillator】

【Harmonic OSC】

【KarplusStrong】

【Pair of Classic Waveforms】

【Waveshaping Oscillator】

【Two Operator FM】

【Granular Formant Oscillator】

【Chords】

【Vowel and Speech Synthesis】

【Modal Resonator】

 

 

ヴャーチャル、アナログ、ウェーブテーブル、

 

 

FM、フィジカルモデリング、グラニュラー

 

 

などなど

 

 

幅広いオシレーターを扱うことができます。

 

 

ARTURIA MicroFreak アナログフィルターを使おう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200805033904j:plain

 

 

ARTURIA MicroFreak

 

 

オシレーターはデジタル、

 

 

フィルターはアナログで加工していく

 

 

ハイブリッド仕様のシンセサイザーです。

 

 

〔LPF〕〔BPF〕〔HPF〕の3種類のフィルター、

 

 

〔Cutoff〕で周波数(音の明るさ)

 

 

〔Resonance〕で周波数のピークを持ち上げて音にクセをつけます。

 

 

アナログシンセサイザーではおなじみですね。

 

 

ARTURIA MicroFreak アルペジエーターシーケンサーを鳴らそう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200805042503j:plain

 

 

ARTURIA MicroFreak

 

 

押さえたノートを分散して鳴らすアルペジエーター

 

 

最大64ステップまで打ち込めるシーケンサー

 

 

を搭載しています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200805042820j:plain

 

 

〔Shift〕Arp / Seq】ボタンを押して

 

 

どちらかのモードで演奏します。

 

 


 

 

ARTURIA MicroFreak その1~基礎操作編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA MicroFreak アートリア マイクロフリーク

操作方法 | その1~基礎操作編~ | 初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191009051351j:plain

 

 

ARTURIA MicroFreak その1~基礎操作編~ まとめ

 

 

 冒頭でも触れましたが、

 

 

アナログ、FM、ウェーブテーブルなどなど

 

 

とにかく多機能でいろいろな音が出せます。

 

 

アナログのフィルターの加工も気持ちいいです。

 

 

現代シンセサイザーの音作りの要

 

 

マトリクスモジュレーションを駆使することによって

 

 

複雑なサウンドも構築できます。

 

 

アルペジエーターやステップシーケンサーでの演奏もたのしいです♪

 

 

エフェクターを搭載していませんが、

 

 

エフェクターなしでもかなり楽しめます。

(あったらより表現力が広がります。)

 
 
現代のシンセサイザーらしく
 
 
MIDI / USB / CVの入出力があって
 
 
いろいろなマシンと連携できるのもうれしいですね。
 
 
Mutable Instrumentsとかマニアックなオシレーター
 
 
手軽に使えるのはいいですね^^
 
 
メーカーページによると
 
 
オシレーターは将来追加できるように容量の余裕あるよ!」
 
 
みたいなこと書いてあったので
 
 
今後も増えてくれたら
 
 
楽しいなーって思います^^
 
 
プリセットは変な音ばっかりでけっして即戦力ではないです笑
 
 
バージョンアップで追加された音色は
 
 
わりと定番系の音色も入ってますが
 
 
やはりこのMicroFreakというシンセサイザー
 
 
音作りを楽しむものなんだなーって思いました。
 
 
MicroFreakは小型ながら
 
 
多機能なシンセサイザーなので
 
 
慣れない方は操作迷うかもしれませんが
 
 
ひとつひとつの機能はシンプルなので
 
 
初心者の方でもそんなに難しいものじゃないと思います。
 
 
ひさしぶりに使ってみて
 
 
直感的!とはいかないまでも
 
 
かなり自由な音作りが可能なので
 
 
シンセサイザーとしてよく設計されている製品だと思います♪
 
 
メーカーサイトによると
 
 
 
誰もが秘めている異常性を発露できるのが、MicroFreakです。
 
 
 
とのことです笑
 
 
ではまた次回!
 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Arturia(アートリア) MicroFreak
価格:29800円(税込、送料無料) (2020/8/4時点)

楽天で購入

 


  

 

ARTURIA MicroFreak 再生リスト

 

 
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20200804035258j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com