くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法 その3 ~TIME SYNTH編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

ArturiaさんのV-Collectionにも収録されている

 

 

プラグインCMI Vの動画連動ブログです。

 

 

Arturia CMI V その3 ~TIME SYNTH編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その3 ~TIME SYNTH編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223072935j:plain

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 Arturia CMI Vは1979年にオーストラリア・シドニー

 

 

フェアライト社から発売された

 

 

Fairlight (フェアライト)CMI

 

 

という初期のデジタルサンプラー

 

 

プラグイン・ソフトウェア化したものです。

 

 


 

 

今回はARTURIA CMI V

 

 

基本的な操作の解説です。

 

 

Arturia CMI V TIME SYNTHとは?

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223104333j:plain

 

 

TIME SYNTHとは

 

 

最大32の倍音エンベロープを描いて

 

 

加算合成でデジタル波形を作成する機能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223104521j:plain

 

 

【TIME SYNTH】モード時に【EDIT】を選択すると

 

 

TIME SYNTHのエディットモードに入ります。

 

 

1~32の各スロットを選択して

 

 

ポイントを作成して倍音エンベロープを描きます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223104750j:plain

 

 

【EVOLUTION】のループの設定で音が出ない場合もありますので

 

 

音が出ない場合はループの設定を見直すと良いかもしれません。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223105049j:plain

 

 

1~32の各スロットの倍音エンベロープ

 

 

増やすと複雑な波形になっていきます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223105532j:plain

 

 

「ひとつずつ倍音エンベロープ書いていくのめんどいっ!」

 

 

というぼくのような面倒くさがりな人間のために笑

 

 

【WAVE ENVELOPE】〔COPY〕〔PASTE〕機能もあります!

 

 

やり方はかんたんで

 

 

コピーしたいもとの倍音スロットで

 

 

【WAVE ENVELOPE】〔COPY〕をクリックして

 

 

コピーしたい倍音スロットで

 

 

【WAVE ENVELOPE】〔PASTE〕をクリックします。

 

 

Arturia CMI V 倍音の設定をしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223110205j:plain

 

 

【SEGMENTS】でサンプルに使うセグメントを設定します。

 

 

マニュアルには1~7999まで設定可能と書いてありますが

 

 

1~10500まで?設定可能です。

 

 

【SEGMENTS】の数値を変更すると倍音エンベロープもリセットされるので注意してください。

 

 

【NOMALIZE】でセグメントのレベルを上げます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223111433j:plain

 

 

WAVETABLE VOICE】

Harmonics

・12bit Sine

・4bit Sine

・8bit Sine

・SAW

・Sine

・Square

 

 

Wavetables

・Metalizer

・PWM

・Square Cutoff

・Ultrasaw

 

 

倍音表現に使用する波形を選択します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223111820j:plain

 

 

【TIME SYNTH】で作成した波形は

 

 

【Convert To Sample】でサンプル波形で書き出し可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223110913j:plain

 

 

作成した波形は【SAMPLING】と同様に

 

 

【2D / 3D】表示することが可能です。

 

 

Arturia CMI V 作成した波形をコントロールしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223111128j:plain

 

 

 

 【TIME SYNTH】

 

 

【SAMPLING】と同じく【EVOLUTION】でコントロールします。

 

 

ループの設定などのパラメーターは【SAMPLING】と同じです。

 

 

Arturia CMI V サンプル波形をTIME SYNTH波形に変換しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223112109j:plain

 

 

さらにARTURIA  CMI Vの面白い機能で

 

 

サンプル波形を解析して

 

 

【TIME SYNTH】の加算ハーモニクス波形に変換する

 

 

【Convert To Synthesis】機能があります。

 

 

【Filter】分析プロセスから高次倍音を除去するために使用します。(0~7)

 

 

デフォルト設定の2を使用するのがおすすめだそうです。

 

 

【Channel】信号L、RまたはL + Rのチャンネルを選択します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223113443j:plain

 

 

〔ANALYSE!〕ボタンを押すと

 

 

サンプルが【TIME SYNTH】の加算ハーモニクス波形に変換されます。

 

 


 

 

Arturia CMI V その3 ~TIME SYNTH編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その3 ~TIME SYNTH編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210223072935j:plain

 

 

Arturia CMI V その3 ~TIME SYNTH編~ まとめ

 

 

Fairlight (フェアライト)CMIというと
 
 
ザ!元祖サンプラー!!!!!!
 
 
というイメージが強いですが
 
 
ARTURIA CMI Vをじっくり使ってみて
 
 
こんな面白い波形合成機能もあったんだなーと
 
 
改めて思いました♪
 
 
ARTURIA CMI VならDAW / DTMの環境で
 
 
プラグインとして手軽に使えますし良いですよね ^^
 
 
サンプルを入れて Fairlight CMIの質感を楽しむのも良いですし、
 
 
【Convert To Synthesis】機能で
 
 
サンプルを解析して加算ハーモニクス波形にしてしまうのも
 
 
面白い機能だなと思いました^^
 
 
いろいろ遊べそうな感じですね。
 
 
ぜひいろいろやってみてください♪
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 

 

 

Arturia CMI V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

 Arturia CMI V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219063041j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com