くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法 その4 ~SPECTRAL SYNTH編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

ArturiaさんのV-Collectionにも収録されている

 

 

プラグインCMI Vの動画連動ブログです。

 

 

Arturia CMI V その4 ~SPECTRAL SYNTH編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その4 ~SPECTRAL SYNTH編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224025703j:plain

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 Arturia CMI Vは1979年にオーストラリア・シドニー

 

 

フェアライト社から発売された

 

 

Fairlight (フェアライト)CMI

 

 

という初期のデジタルサンプラー

 

 

プラグイン・ソフトウェア化したものです。

 

 


 

 

今回はARTURIA CMI V

 

 

加算ハーモニクスの合成機能【SPECTRAL SYNTH】

 

 

の基本的な操作についての解説です。

 

 

Arturia CMI V SPECTRAL SYNTHとは

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224030938j:plain

 

 

SPECTRAL SYNTHとは

 

 

32の倍音の形状をコントロールする

 

 

加算ハーモニクスの合成機能です。

 

 

前回の【TIME SYNTH】は32の倍音ひとつずつに

 

 

エンベロープを描いていく感じでしたが

 

 

SPECTRAL SYNTHは4つのパラメーターのみでコントロールします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224032019j:plain

 

 

いままでの【SAMPLING】【TIME SYNTH】

 

 

【EVOLUTION】のパラメーターは共通でしたが

 

 

SPECTRAL SYNTHのみEDITモードがなく、独自の

 

 

パラメーターでコントロールします。

 

 

 

Arturia CMI V 倍音をコントロールしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224032137j:plain

 

 

〔CENTER〕

真ん中から値が大きくなっていき倍音の最大値を設定します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224034039j:plain

 


〔SPREAD〕

〔CEMTER〕付近の倍音のレベルを設定します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224034945j:plain

 


〔BIAS〕

〔CENTER〕で上がったレベルを値によって←→方向によせます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224035126j:plain

 


〔FUND BOOST〕

基本音色(ファンダメンタル)のレベルを設定します。

 

 

WAVETABLE VOICE〕

Harmonics

・12bit Sine

・4bit Sine

・8bit Sine

・SAW

・Sine

・Square

 

 

Wavetables

・Metalizer

・PWM

・Square Cutoff

・Ultrasaw

 

 

の中から基本波形を選択します。

 

 

実際音を出して聴きくらべてみてください♪

 

 


 

 

Arturia CMI V その4 ~SPECTRAL SYNTH編~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA CMI V アートリア 操作方法

その4 ~SPECTRAL SYNTH編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224025607j:plain

 

 

Arturia CMI V その4 ~SPECTRAL SYNTH編~ まとめ

 

 

SPECTRAL SYNTH】機能は
 
 
波形を選んで4つのパラメーターで
 
 
倍音をコントロールするだけなので
 
 
【TIME SYNTH】 よりはシンプルですし、
 
 
音程で波形のスピードが変わるわけではないので
 
 
こちらの方がよりデジタルシンセサイザーっぽいですね。
 
 
他のモードと同様に
 
 
【EVOLUTION】以降の音作りの流れは
 
 
いわゆるシンセサイザーの音作り、
 
 
ピッチやフィルターやエンベロープです。
 
 
【SAMPLING】【TIME SYNTH】で基本的な音を作って
 
 
【SPECTRAL SYNTH】を重ねたりすると
 
 
厚みのあるサウンドになりそうですね♪
 
 
正直ARTURIA CMI Vを使うまでは
 
 
FAIRLIGHT CMIにこういう機能があるなんて
 
 
具体的には理解してませんでした。
 
 
実機に触れる機会なんでありませんし(^^;
 
 
自分が影響を受けたアーティストやプロデューサーが
 
 
「こんな感じで音作りしてたのかー!」
 
 
とか考えると胸アツですね☆
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 

 

 

Arturia CMI V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

 Arturia CMI V くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210219063041j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

Youtube KURIPPER MACHINE MUSIQ

 

 

KURIPPER MACHINE MUSIQ】再生リスト

 

 

ハードウェア / アプリ等の一発録音のマシンライブ演奏を公開しています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224043540j:plain