くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

【ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH アシュン サウンドマシンズ ハイドラシンセ その7 ~LFO編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説

 

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

新興シンセサイザーメーカーの

 

 

Ashun Sound Machines (ASM)さんの

 

 

ウェーブモーフィングシンセサイザー

 

 

HYDRASYNTHの動画連動ブログです。

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH  その7 ~LFO編〜 ブログ連動動画

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH

アシュン サウンドマシンズ ハイドラシンセ

その7 ~LFO編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427040205j:plain

 

 


 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ashun Sound Machines (ASM) HydraSynth Keyboard【送料無料】
価格:169900円(税込、送料無料) (2020/4/19時点)

楽天で購入

 

 

 

新興シンセサイザーメーカーの

 

 

Ashun Sound Machines (ASM)さんの

 

 

ウェーブモーフィングシンセサイザー

 

 

HYDRASYNTHを手に入れました!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200419110048p:plain



 国内ではElektronさんが取り扱いしています。

 

 

www.elektrondistributiongroup.com

 

 

このシンセサイザーの魅力は

 

 

新開発のASM Polytouch® keybedという技術で

 

 

ポリフォニックアフタータッチに対応しています。

 

 

ポリフォニックアフタータッチとは

 

 

鍵盤ごとにアフタータッチが効くので

 

 

表現の幅が一気広がりますし、演奏していて楽しいです。

 

 

もちろんシンセサイザーとしても強力な機能がたくさん搭載されています。

 

 

そして!なんとCVまでついていて

 

 

モジュラーシンセサイザーをつないで

 

 

モジュレーションすることも可能です。

 

 


 

 

今回はシンセサイザーの変調の基本

 

 

LFO】(Low Frequency Oscillator)

 

 

についての解説です。

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH LFOとは?

 

 

 LFOとは(Low Frequency Oscillator)の略で

 

 

低い周波数のオシレーターの信号を

 

 

各パラメーターに送って周期的に変調させる機能です。

 
 
たとえばオシレーターのピッチに
 
 
LFOのサイン波の信号を送ると
 

 

サイン波の波にそったピッチの変化をするので

 

 

ビブラートの様な効果が得られます。

 

 

シンセサイザーでの基本的な使い方は

 

 

ピッチでビブラート効果

 

 

フィルターでオートワウ効果

 

 

アンプでトレモロ効果

 

 

が一般的ですね。

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH LFOで変調してみよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427041012j:plain

 

 

 HYDRASYNTHはデフォルトの状態だと

 

 

 【LFO 1 】【FILTER】に割り当てられています。

 

 

LFO】【Wave】LFO波形の選択ができます。

 

 

HYDRASYNTHは10種類のLFO波形を選択できます。

 

 

〔Sine〕サイン波
〔Triangle〕 三角波
〔Saw Up〕ノコギリ波
〔Saw Down〕逆ノコギリ波
〔Square〕矩形波
〔Pulse27%, Pule13%〕パルス波
〔S&H〕サンプルアンドホールド波
〔Noise〕 ノイズ
〔Random〕 ランダム波
〔Step〕ステップ

 

 

特に〔Step〕ステップはシーケンス的なものも作れるので

 

 

面白いなと思いました。

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH ステップをエディットしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427043925j:plain

 

 

LFO〔Wave〕STEPを選択して

 

 

【PAGE】ボタンを押して〔Step Edit〕に入ります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427041954j:plain

 

 

〔Step〕1~8の値を設定します。

 

 

HYDRASYNTHはステップの波形が表示されるので

 

 

わかりやすいですね♪

 

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH LFOをコントロールしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427044421j:plain

 

 

 【LFO】〔Rate〕

 

 

LFOの周期(スピード)をコンとロールします。

 

 

〔Rate〕BPMシンクも可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427044621j:plain

 

 

LFO】〔Delay〕

 

 

値を上げるほどLFOがかかるのが遅くなります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427044815j:plain

 

 

LFO】〔Fade In〕

 

 

値を大きくするとLFOの効果が

 

 

フェードインでかかるようになります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427045200j:plain

 

 

LFO】〔Phase〕

 

 

LFOのスタート位置を設定します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427051948j:plain



LFO】〔Smooth〕

 

 

値を上げるとLFOの波形を滑らかになります。

 

 

StepやS&H波形の時はグライド的な効果も得られます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427051722j:plain

 

 

LFO】〔One-Shot〕

 

 

Onにするとノートオンに対して

 

 

一度だけLFOが掛かります。

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH ステップでシーケンスを作ろう!

 

 

LFOのStepでピッチを割り当てて

 

 

アルペジエーター的なシーケンスを作成します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427045408j:plain

 

 

【MOD MATRIX】LFO 2】

 

 

【OSC 1】〔Pitch〕を割り当てます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427045716j:plain

 

 

〔Step Edit〕で8つのステップ(ピッチ)を調整します。

 

 

アルペジエーターとの違いは

 

 

コード演奏がそのまま

 

 

アルペジオ的なシーケンスできるところですね。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427050032j:plain

 

 

同様のやり方で

 

 

LFO 3】【MUTANT】〔Ratio〕などを

 

 

設定するとより複雑な変調サウンドが得られます。

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH LFOLFOで変調しよう!

 

 

HYDRASYNTHはかなり

 

 

モジュレーションの設定が自由なので

 

 

LFOLFOで変調することが可能です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427050514j:plain

 

 

【MOD MATRIX】LFO 4

 

 

LFO 3】〔Rate〕(周期のスピード)

 

 

割り当てます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427050947j:plain

 

 

LFO 4】〔S&H〕(サンプルアンドホールド)を選択します。

 

 

LFO 4】〔S&H〕波形によって

 

 

LFO 3】〔Rate〕(周期のスピード)が変化する変調になります。

 

 

LFO 4】〔Rate〕Syncにすれば

 

 

規則的かつ、ランダムな変調サウンドを得ることができます。

 

 


 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH  その7 ~LFO編〜 ブログ連動動画

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH

アシュン サウンドマシンズ ハイドラシンセ

その7 ~LFO編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200427040205j:plain

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH  その7 ~LFO編〜 まとめ

 

 

HYDRASYNTHLFOが5つもあるので

 

 

かなり複雑な変調をすることができます。

 

 

前回の【ENV】も5つあるので

 

 

いろいろモジュレーションしまくって

 

 

かなり変態サウンドできますね笑

 

 

動画でもやりましたが

 
 
 
 
モジュラーシンセサイザーでしか
 
 
できなかったような
 
 
ステップでシーケンス的な効果を作ったり、
 
 
LFOLFOで変調したり、
 
 
かなり自由なモジュレーションが可能です♪
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ashun Sound Machines (ASM) HydraSynth Keyboard【送料無料】
価格:169900円(税込、送料無料) (2020/4/19時点)

楽天で購入

 

 

ASM Ashun Sound Machines HYDRASYNTH   くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

ASM Ashun Sound Machines HydraSynth くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200420041943j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com