くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

Nils K1v 操作方法 その1 ~基本操作編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 
Nils K1vKAWAI楽器さんが1988年に発売した
 
 
デジタルシンセサイザーK1-m
 
 
Nils Schneider氏がプラグイン
 
 
エミューレートしたソフトウェアです。
 
 
※2020年10月現在無料 / ドネーションウェア(寄付)でリリース当初はWindowsのみでしたがMac / Linuxにも対応しました!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200730090233p:plain

 

 

Nils K1v その1 ~基本操作編~ ブログ連動動画

 

 

Nils K1v KAWAI カワイ操作方法

その1 〜基礎操作編~ 初心者でもわかる 使い方 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023040725j:plain

 

 


 

 

KAWAIさんといえば

 

 

ピアノのイメージですが、

 

 

80年代~90年代にかけては

 

 

けっこうシンセサイザーも開発していました。

 

 

いわゆるアナログシンセサイザー

 

 

フィルターなどで音を削っていく

 

 

減算法式なのに対して

 

 

K1 / K1mを含むKシリーズは加算合成によって

 

 

 

独特の質感を出すシンセサイザーです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023075741j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200730091138j:plain

 

 

 K1mの特徴は

 

 

4つのPCM(サンプリング)波形を読み込んで

 

 

ジョイスティックでミックスしていく

 

 

ベクトル・シンセシスを採用しています。

 

 

 

Nils K1vおもな特徴

 

 

・検索機能付き768プリセット、オリジナル・ファクトリー・バンク+全ROMカードを収録(ver. 1.14でマルチモードの384プリセットの追加)

 

・元のデバイスからSysExのプリセットとバンクをインポート可能

 

・SysEx のプリセットとバンクをエクスポートすることができ、プラグインをハードウェアのエディタとして使用可能

 

・サイズ変更可能なユーザーインターフェース

 

・フルオートメーション対応

 

・オリジナルのハードウェアと同様にSysExメッセージを理解しているため、実行中にプリセットを更新することができ、以下のSysExリクエストにも応答を送信することが可能

 

・1ブロックデータ要求、全ブロックデータ要求、デバイスID要求)

 

・バンクセレクトを含むプログラムチェンジに対応

 

・8ビットのシンセシス・エンジン

 

・1ボイスあたり4つのソース

 

・各ソース個別に256の波形、204の加算+52のPCM

 

・DADSRエンベロープ

 

・8つのベロシティ・カーブ

 

・CoarseとFineの調整機能

 

・ソース1&2と3&4間のAM(リングモジュレーション)

 

・トライアングル、スクエア、ソー、ランダムシェイプの1つのLFO

 

ジョイスティックによるリアルタイムコントロール

 

 

www.nilsschneider.de

 

 

 


 

 

今回は基本的な操作についての解説です。

 

 

Nils K1v ベクトル・シンセシスとは?

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201021044521j:plain

 

 

4つの方向(ベクトル)に割り当てた波形を

 

 

ジョイスティックで各波形のミックスの

 

 

バランスをコントロールする

 

 

シンセサイズです。

 

 

このブログ / 動画でも取り上げた

 

 

Arturia Prophet VのProphet VS

 

 

KORG WAVESTATIONなどのシンセサイザーが有名です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201021044125j:plain

 

 

Nils K1v 2つのモード

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023041413j:plain

 

 

 Nils K1v

 

 

ベクトルシンセシスVM音源を演奏する

 

 

【SINGLE】モード

 

 

ver.1.14から追加された

 

 

【SINGLE】を8つまで組み合わせて演奏する

 

 

【MULTI】モード

 

 

の2つのモードを使うことができます。

 

 

当時のシンセサイザー

 

 

いかにマルチで多くの演奏ができるのか

 

 

というところがもてはやされていた時代でした笑

 

 

Nils K1v SINGLEモードを演奏しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023041951j:plain

 

 

Nils K1vはパネルの左側で

 

 

プログラム / PAGE / BANKごとに

 

 

音色を呼び出すことができます。

 

 

選んで演奏する、いまでいうROMプラーですね。

 

 

Nils K1v エディットしてみよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023043558p:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023042346j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023042519j:plain

 

 

SOURCE (オシレーター) 1 ~ 4を切り替えて

 

 

それぞれエディットしていきます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023042733j:plain

 

 

パネル右側には

 

 

SOURCE (オシレーター) 1 ~ 4をミュートするスイッチがあります。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023043344j:plain

 

 

【TUNE】音の高さをコントロールします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023043858j:plain

 

 

【ENVELOPE】シンセサイザーでは

 

 

おなじみのADSRで音量の変化のカーヴを描きます。

 

 

さらにK1vは〔Delay〕のパラメーターで

 

 

ノートオン後の発音を遅らせることができます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023044210j:plain

 

 

【MODULATIONS】

 

 

ベロシティやプレッシャーによる

 

 

モジュレーションの効かせ方をコントロールします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023044429j:plain

 

 

【WAVEFORM】でSOURCEとなる波形を選択します。

 

 

ある意味ここで何の波形を選ぶかが

 

 

このシンセの基本ですね笑

 

 

Nils K1v ベクトルコントロールをしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023044934j:plain

 

 

SOURCE 1 【WAVEFORM】044 : Strings Pad

SOURCE 2 【WAVEFORM】086 : Piano

SOURCE 3 【WAVEFORM】025 : Saw 12

SOURCE 4 【WAVEFORM】078 : Brass

 

 

を選んで4つのSOURCEを

 

 

ジョイスティックでミックスします。

 

 

独特の音色変化が楽しいですね♪

 

 

Nils K1v さらにエディットしよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023045508j:plain

 

 

 EDIT COMMONの【EDIT】を押すと

 

 

モジュレーションなどのエディット画面になります。

 

 

SOURCEは2つか4つか選択できます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023050013j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023050233j:plain

 

 

SOURCE 1 / 2

SOURCE 3 / 4

 

 

はそれぞれAM変調(リングモジュレーション)ができます。 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023051005j:plain

 

 

変調の定番LFO

 

 

Tri / Sine / Square / Random波形から選択します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023051417j:plain

 

 

【AUTOBEND】は発音したあとの

 

 

ピッチの変化をコントロールします。

 

 

いわゆるグライド機能とは少し違いますが、

 

 

ポルタメント的な効果も得ることができます。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023051719j:plain

 

 

【MODULATIONS】

 

 

 モジュレーションの効かせ方をコントロールします。

 

 


 

 

Nils K1v その1 ~基本操作編~ ブログ連動動画

 

 

Nils K1v KAWAI カワイ操作方法

その1 〜基礎操作編~ 初心者でもわかる 使い方 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023040725j:plain

 

 

Nils K1v その1 ~基本操作編~ まとめ

 

 

Nils K1vKAWAIさんの

 

 

30年以上の前のシンセサイザーを再現した

 

 

ソフトウェアなので

 

 

現在のシンセサイザーに比べたら

 

 

まず波形のメモリーがいまと比べ物にならないので

 

 

もはや別モノの音だったり笑

 

 

フィルターなかったり、LFO同期しなかったりなど

 

 

正直全然エディットしきれない部分も多いですが(^^;

 

 

むしろ全然リアルさがないので

 

 

あの時代のシンセサイザーという「楽器」の音がします☆

 

 

とはいえベクトルコントロール

 

 

PCM波形同士でAM変調できるので

 

 

じつはかなり面白い音作りが可能です。

 

 

シンセシスは抜きにしても

 

 

「当時のPCM(サンプリング)音源を使いたい!」

 

 

っていう目的で使うのも全然アリだと思います^^

 

 

オリジナルのファクトリー・バンク+全ROMカード

 

 

も再現しているので

 

 

これはうれしいですね^^

 

 

音楽的にもSYNTHWAVEなど、

 

 

近年あの時代のサウンドとかも評価されてますしね。

 

 

最近のソフトウェアシンセサイザーだと

 

 

こういう質感はありそうでなかなかないので

 

 

けっこう使い道があるかも知れません。

 

 

ベクトルシンセサイザー

 

 

個人的にも最近興味あるので

 

 

ワクワクします♪

 

 
このようなソフトウェアを開発して
 
 
無償で提供してくれる
 
 
Nils Schneider氏に感謝です!^^
 
 
ではまた次回! 
 
 

 

 

Nils K1v くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

Nils K1v くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20201023050621j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com