くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

AKAI Professional MPC ONE アカイ 操作方法 その16 〜PAD PERFORM編~|初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーこと

 

 

Kurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

AKAI Professional MPC ONE

 

 

のくりっぱーチャンネル連動ブログです♪

 

 

AKAI Professional MPC ONE  その16 〜PAD PERFORM編~  ブログ連動動画

 

 

AKAI Professional MPC ONE アカイ 操作方法

その16 〜PAD PERFORM編~|初心者でもわかる 解説

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 



 

akai-pro.jp

 

 


 

 

今回はAKAI Professional MPC ONE

 

 

PAD PERFORM】モードの基本的な解説です。

 

 

AKAI Professional MPC ONE PAD PERFORMとは?

 

 

 

 

【PAD PERFORM】はスケール、コード、モード、プログレッション(コード進行)をパッドにわりあてしてイイ感じに演奏する機能です。

 

 

 

 

【PAD PERFORM】機能が使えるのはプラグイン、キーグループ、MIDI、CVのプログラムです。

 

 

 

 

【PAD PERFORM】を使うにはプログラムの横のアイコンをタップするか

 

 

【SHIFT】+【NOTES】ボタンを押します。

 

 

 

 

【PAD PERFORM】〔Chromatic〕〔Notes〕〔Chords〕〔Chromatic Chords〕〔Progressions〕〔Custum〕から選択して鳴らします。

 

 

 

 

〔Chromatic〕

各パッドにはノートが割り当てられ、パッドごとに半音ずつ上昇していきます。Scale で決定されたキーにノートが
あるパッドは点灯し、スケールディグリーの間にノートがあるパッドは消灯します。

 

 

 

 

〔Notes〕

各パッドにはノートが割り当てられ、各パッドごとに 1 つのスケールディグリーで昇順していきます。

 

 

 

 

〔Chords〕

各パッドにはコードが割り当てられ、利用可能なすべてのコードは Scale で決定されたキーで演奏されます。

 

 

 

 

〔Chromatic Chords〕

各パッドにはコードが割り当てられ、Scale で決定されたキーに関係なく、どのタイプのコードでも演奏できます。基本的には Chords の設定に似ていますが、設定されたキーの外でコードを演奏するためのオプションが増えています。

 

 

 

 

〔Progressions〕

各パッドにはコード進行のコードが割り当てられパッドを順番に(または順番を外して)演奏することで、素早く曲を作ることができます。適当に叩いてるだけでそれっぽいコード進行になります。

 

 

AKAI Professional MPC ONE キー / スケールを設定しょう!

 

 

 

 

【SCALE & OCTAVE

〔Root Note 〕

基本となるノートを設定します。

 

 

〔Scale Type〕

ルートノートに基づくスケールまたはモードです(Type が Progressions に設定されている場合は無効に
ります)

 

 

AKAI Professional MPC ONE  コードを鳴らそう!

 

 

 

 

【Chords】 に設定すると、使用可能な和音は和音になります。

 


・1-3-5 (major/minor)

・1-3-5-7 (major7/minor7)

・1-4-5 (sus4)

・1-3-5-7b (dominant)

・1-2-5 (sus2)

 

 

 

 

【SHIFT】ボタンを押すと画面下部に構成音が表示されてタップで切り替えることも可能です。

 

 

 


【Chromatic Chords】 に設定すると、スケールに関係なくコードを鳴らせます。

 


・Major

・Major7

・Augmented

・Minor

・Minor7

・Diminished

・Sus2

・Sus4

・Major9

・Minor9

 

 

 

 

【Banks】 

フィールドを使用して、パッドバンク間のノートのマッピング方法を設定します。

 


〔Continuous〕

バンクの Pad 01 は、常に前のバンクの Pad 16 よりも 1 つ上の音階になります。

 


〔Start on Root〕

Pad 01 は、すべてのパッドバンクで常にスケールのルートノートになります。 

 

 

…ってマニュアルに書いてありますがよくわからなかったです(^^;

 

 

AKAI Professional MPC ONE Progressionsでコード進行を鳴らそう!

 

 

 

 

〔Progressions〕

各パッドにはさまざまなジャンルのコード進行のコードが割り当てられていてパッドを順番に(または順番を外して)演奏することで、素早く曲を作ることができます。

 

 


 

 

AKAI Professional MPC ONE  その16 〜PAD PERFORM編~  ブログ連動動画

 

 

AKAI Professional MPC ONE アカイ 操作方法

その16 〜PAD PERFORM編~|初心者でもわかる 解説

 

 

 

 

AKAI Professional MPC ONE  その16 〜PAD PERFORM編~  まとめ

 

 

【PAD PERFORM】を使うことによってコードや音楽理論知らなくてもかんたんに音楽的なトラック制作が可能になります。

 

 

リズムトラック作って〔Progressions〕でコード鳴らしてるだけで楽曲の骨組みとかデモとかかんたんにできますね!

 

 

DAWプラグインでほしい笑

 

 

次回はアルペジエーターについてやっていきたいと思います。

 

 

ではまた次回!
 

 


 

 

 

 

AKAI Professional MPC ONE  くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

 AKAI Professional MPC ONE  くりっぱーチャンネル再生リスト

 

 

 

 

Youtube KURIPPER MACHINE MUSIQ

 

 

KURIPPER MACHINE MUSIQ】再生リスト

 

 

ハードウェア / アプリ等の一発録音のマシンライブ演奏を公開しています。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20210224043540j:plain

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com