くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

Behringer べリンガー PRO-1 操作方法 | その4 ~MODULATION編~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

 

 

お友達で音楽プロデューサーの

 

 

クラカワさん(@TomoyaJuku)さんにお借りした

 

 

Behringer社のアナログ・モノフォニック・シンセサイザー

 

 

【PRO-1】で解説動画作りましたー!

 

f:id:Marronfieldsproduction:20191226082935j:plain


 

 

今回はシンセサイザーの音作りに欠かせない

 

 

MODULATION(変調)について。

 

 

モジュレーションとは

 

 

モジュールに対して信号を送って音を変化させるっていうイメージです。

 

 

たとえばシンセサイザーのビブラートは

 

 

オシレーターというモジュールに

 

 

LFOというモジュールのサイン波もしくは三角波

 

 

波形の信号を送って変調させてピッチを揺らす効果得ている。

 

 

みたいな感じです。

 

 

Behringer PRO-1 MODULATIONの仕組みを理解しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200106022503j:plain

 

 

Behringer PRO-1は

 

 

【FROM】

f:id:Marronfieldsproduction:20200108041904j:plain

 

 

FIL ENV(フィルターエンベロープ

OSC B (オシレーター B)

LFO (LFO)

 

 

を使って

 

【TO】

f:id:Marronfieldsproduction:20200108041938j:plain

 

 

・OSC : オシレーター A / BのFREQ(ピッチ)

・OSC PW :オシレーター A / Bのパルスワイズモジュレーション

・FILTER : フィルター 

 

 

に信号を送ってモジュレーション(変調)をかけることが可能です。

 

 

Behringer PRO-1 MODULATIONのかけ方を決めよう!

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200108043001j:plain



MODULATIONの【FROM】【TO】に

 

 

それぞれあるスイッチで変調の仕方を設定します。

 

 

【WHEEL / WH】

 

MIDIキーボード等に付いているモジュレーションホイール、

 

もしくはMIDI CC1を使って変調

 

 

【DIRECT / DIR】

 

そのまま変調

 

 

をスイッチによって選択します。

 

 

 

Behringer PRO-1 FIL ENVでオシレーターAのピッチを変調しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200108043550j:plain

 

 

【FROM】〔FIL ENV〕  >【TO】〔OSC FREQ A〕 (DIR)

 

 

に設定して

 

 

【FROM】〔FIL ENV〕AMOUNT(量)の値をあげます。

 

 

フィルターのエンベロープオシレーターAのピッチ(FREQ)が

 

 

変化するようになります。

 

 

Behringer PRO-1 オシレーターBでオシレーターAを変調しよう!

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200108044342j:plain

 

 

オシレーター Bの波形のスイッチをオンにします。

 

 

【FROM】〔OSC B〕  >【TO】〔OSC A FREQ〕 (DIR)

 

 

に設定して

 

 

【FROM】〔OSC B〕AMOUNT(量)の値をあげます。

 

 

〔OSC A 〕〔OSC B〕で変調することによって

 

 

ノイジーサウンドを得ることができます。

 

 

またここでは〔OSC B〕

 

 

モジュレーションのソースとして使用しているので

 

 

〔OSC B〕の音量を0にしても

 

 

モジュレーションの効果は残ります。

 

 

Behringer PRO-1 LFOを使って変調しよう!

 

 

LFO(Low Frequency Oscillator)とは

 

 

オシレーターの一種で低周域のオシレーターです。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200108045124j:plain

 

 

 

【FROM】〔LFO  >【TO】〔OSC A FREQ〕 (DIR)

 

 

に設定して

 

 

【FROM】〔LFOAMOUNT(量)の値をあげます。

 

 

オシレーターAはLFO三角波にそって

 

 

ピッチ(FREQ)の変化をします。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200108045653j:plain

 

 

LFO / CLOCK】の波形を変えると

 

 

当然変調の仕方も変わります。

 

 

LFO / CLOCK】〔FREQUENCY〕

 

 

変調のスピードを変えることができます。

 

 

Behringer PRO-1 LFOとパルスワイズモジュレーションでうねりを出そう!

 

 

パルスワイズモジュレーション(PW)とは

 

 

矩形波の幅(パルス幅)を連続的に変化させてうねりを出す変調です。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200108050117j:plain

 

 

【OSCILLATOR A】でパルス波のスイッチをオンにします。

 

 

【FROM】〔LFO  >【TO】〔OSC A PW〕 (DIR)

 

 

に設定して

 

 

【FROM】〔LFOAMOUNT(量)の値をあげます。

 

 

うねりのあるパルスサウンドになります。

 

 

同様にオシレーター Bにも同じモジュレーションをすると

 

 

さらに厚みのあるサウンドを得ることができます。

 

 

Behringer PRO-1 フィルターを変調しよう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200108050944j:plain

 

 

【FROM】〔LFO  >【TO】〔FILTER〕 (DIR)

 

 

に設定して

 

 

【FROM】〔LFOAMOUNT(量)の値をあげます。

 

 

三角波ならオートワウ

 

 

パルス波ならゲート

 

 

的な効果を得ることができます。

 

 

LFO / CLOCK】〔FREQUENCY〕

 

 

変調のスピードを変えることができます。

 

 

 


 

 

Behringer PRO-1 その4 ~MODULATION編~ ブログ連動動画

 

 

Behringer ベリンガー PRO-1 操作方法|その4 ~MODULATION編~|初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200107052359j:plain

 

 

Behringer PRO-1 その4 ~MODULATION編~ まとめ

 

 

 モジュレーションって難かしそう!

 

 

ってイメージがあるかも知れませんが

 

 

PRO-1のモジュレーションは

 

 

【FROM】を使って

 

 

【TO】オシレーターやフィルターなど)を

 

 

どう変化させるってことだけなので

 

 

かなりシンプルです。

 

 

でも動画でやったのはあくまで一部。

 

 

まだまだいろんな組み合わせがあるので

 

 

ぜひいろいろ試してみてください^^ 

 
 
 
ではまた次回!
 
 
 
 
 

 

Behringer PRO-1 動画再生リスト

 

 
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20200116042129j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com