くりっぱーとろにくすのブログ

電子楽器や音楽のワクワクを共有したいブログ

【スポンサーリンク】

ARTURIA MicroFreak アートリア マイクロフリーク 操作方法 その4 ~オシレーター編①~ | 初心者でもわかる 解説

0からのシンセサイザーのくりっぱーことKurippertronixxx@Kurippersynthです。

 

 

デジタルオシレーター+アナログフィルターを搭載した

 

 

エクスペリメンタル・ハイブリッド・シンセサイザー

 

 

ARTURIA MicroFreakの動画連動ブログです。

 

 

ARTURIA MicroFreak その4 ~オシレーター編①~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA MICROFREAK アートリア マイクロフリーク

操作方法 その4 ~オシレーター編①~ 

初心者でもわかる 解説

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200807060251j:plain

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Arturia(アートリア) MicroFreak
価格:29800円(税込、送料無料) (2020/8/4時点)

楽天で購入

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200805045236j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200805045256j:plain

 

 

arturia.jp

 


 

 

今回は11種類あるMicroFreakのオシレーターについての基本的な解説です。

 

 

ARTURIA MicroFreakオシレーター

 

 

ユーロラックのモジュールで有名な

 

 

Mutable Instrumentsさんが開発した

 

 

ユニークなオシレーターも使うことができます。

 

 

ARTURIA MicroFreak オシレーターを鳴らそう!

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200807060547j:plain

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200807060717j:plain

 

 

ARTURIA MicroFreak

 

 

11種類のデジタルオシレーター

 

 

鳴らすことが可能です。

 

 

【Type】のつまみでオシレーターを変更します。

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200807061050j:plain

 

 

【DIGITAL OSCILLATOR】

 

 

オシレーター

 

 

〔Wave〕〔Timbre〕〔Shape〕

 

 

3つのパラメーターを使ってコントロールします。

 

 

 

ARTURIA MicroFreak Basic Waves Oscillator

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200807063351j:plain

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200807061428j:plain

 

 

アナログシンセサイザーの基本的な波形を再現したオシレーターです。

 

 

 【Wave】

矩形波からノコギリ波へ、そこから2つのノコギリ波へと連続的にモーフィングしていきます。

 


【Timbre】 矩形波ではパルス幅が変化し、2つのノコギリ波ではそれぞれの位相が変化します

 


【Shape】

サイン波のサブオシレーターのレベルが変化します。

 

 

ARTURIA MicroFreak Superwave Oscillator

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200807063214j:plain

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200807062926j:plain

 

 

ヴァーチャルアナログ系のオシレーターオシレーターを重ねて厚みのある音を出すオシレーターです。いわゆるSUPER SAW的な音もかんたんに作れます。

 


【Wave】

つまみをまわすとノコギリ波(Saw)、矩形波(Square)、三角波(Triangle)、サイン波(Sine)を可変していきます。

 


【Timbre】

デチューン(ピッチを微妙にずらす)量を調節します。

 


【Shape】

デチューンした波形の音量レベルを調節します。

 

 

ARTURIA MicroFreak Wavetable oscillator

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200807064727j:plain

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200807064534j:plain

 

 

ウェーブテーブルは80年代初期に登場した短いサンプルのデジタル音源でループの読み出し位置をコントロールすることによって独特の質感を得ることができるオシレーターです。

 

 

【Wave】

16種類の波形から1つを選びます。

 


【Timbre】

1波形内の32種類のサイクル(Position)をブラウズします。

 


【Shape】

ウェーブテーブル波形にコーラス効果がかかります。

 

 

ARTURIA MicroFreak Harmonic OSC

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200807070021j:plain

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200807065531j:plain

 

 

 

倍音をミックスすることによって

 

 

豊かな音色変化が得られるオシレーターです。

 

 

【Wave】

Waveノブを回すと倍音構成やそれぞれのレベルが変化します。ノブを高い値にするほど倍音が豊富な音になります。

 

 

【Timbre】

Timbreノブを回すとサイン波から三角波へとモーフィングします。波形が変わることで音色も変化します。

 

 

【Shape】

オシレーターの音にコーラスがかかります。

 

 

ARTURIA MicroFreak KarplusStrong(カプラスストロング)

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200807070632j:plain

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200807070605j:plain

 

 

楽器の物理的な特性をデジタル技術で再現するフィジカルモデリング音源です。

 

 

【Wave】

音の鳴り始めの部分での弓の量を調節します。この量が多いと持続音になり、弓の量がなく打撃だけの場合は減衰音になります。

 


【Timbre】

レゾネーター(共進)を叩く位置と強さを調節します。弓の部分の音は変化しません。

 

 

【Shape】

レゾネーターの減衰をコントロールすることでレゾナンスの量を調節します。

 

 


 

 

ARTURIA MicroFreak その4 ~オシレーター編①~ ブログ連動動画

 

 

ARTURIA MICROFREAK アートリア マイクロフリーク

操作方法 その4 ~オシレーター編①~ 

初心者でもわかる 解説

 

 

 

f:id:Marronfieldsproduction:20200807060251j:plain



 

 

ARTURIA MicroFreak その4 ~オシレーター編①~ まとめ

 

 

ARTURIA MicroFreak

 

 
 
オシレーターが11種類もあるので
 
 
慣れてない方は戸惑うかもしれませんが
 
 
オシレーターは3つしかパラメーターがないので
 
 
そこでどういう変化をするか理解していれば
 
 
問題なく使えると思います。
 
 
次回はMutable Instrumentsさんが
 
 
開発したオシレーターになります。
 
 
ではまた次回!
 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Arturia(アートリア) MicroFreak
価格:29800円(税込、送料無料) (2020/8/4時点)

楽天で購入

 


  

 

ARTURIA MicroFreak 再生リスト

 

 
 
 

f:id:Marronfieldsproduction:20200804035258j:plain

 
 

 

 

Youtube【くりっぱーチャンネル】

 

 シンセサイザーの解説動画などを公開しています。
 

見にきていただけるとうれしいです^^

 

www.youtube.com